コイン(金・銀・プラチナ)

2020年10月23日

  1. HOME >
  2. topページ >

コイン(金・銀・プラチナ)

新着!

【コイン】 最新の記事

コイン コラム

シルバーの実需が逼迫しているのに価格があまり上がらないのは何を暗示するのか

シルバーの基準価格は合っているのでしょうか。 3月24日 19:30ごろのSLV (iシェアーズ シルバートラスト)のチャートです。 現物のシルバー インゴットはもう世界中で買えなくなっていますし、メイプルリーフ シルバーコインも在庫が少なくなっているようです。   というのも、 以前は発注すれば約10日もあればアメリカから私の手元まで届いていましたが、今は1ヶ月以上待たされています。   いつもシルバー(銀貨)を買っているアメリカのお店のHPには、「実需逼迫のため通常より受注処理、発 ...

ReadMore

コイン コラム

シルバーを現物で買うかETFで買うか その選択で将来雲泥の差ができるかも

30万枚のみ発行された オーストラリア コアラ銀貨ですが、それを製造したのは パースにある造幣局。   このシルバーコイン(銀貨)は 1オーストラリアドルとして使えるので、当たり前ですがオーストラリアの正式な造幣局で作られます。   まぁもっとも、1オーストラリアドル としてこの銀貨を使う人は皆無ですが・・・   ▶︎ 【世界30万枚限定】オーストラリアンシルバー コアラコイン 2021 1toz(31.1g)   パース造幣局にシルバーの在庫がない? ...

ReadMore

アメリカ不動産 コイン コラム

不動産とコイン 将来に備えた現物への投資 市価より安く現物資産である不動産を買うチャンス

暴落寸前のアメリカ不動産、暴騰寸前の貴金属とも言われます。   不動産はコロナ対策で家賃補助があったり、滞納しても退去を迫ることを禁止したり、また収入減や失業状態でも家の確保のために補助金が出たり融資の審査が甘かったりしています。   また、シルバーは1月終盤から2月上旬にかけて個人投資家が仕掛けたショートスクイーズを機関投資家が返り討ちにし、シルバーをはじめ貴金属のETFは上昇を押さえ込まれた形となっています。   しかし、シルバーやゴールドの現物に至っては需給逼迫によって ...

ReadMore

コイン コラム

ゴールド・シルバー 金貨・銀貨や金鉱株は仕込みどき?

ゴールドやシルバーを購入した方がいいと思っています。   しかも、ETFではなくメイプルリーフ銀貨や金貨など、現物を購入した方がいいと思っています。   ▶︎ カナダ 金貨 メイプル リーフ ゴールドコイン(純金)1oz 2021   ▶︎ カナダ 銀貨 メイプルリーフ シルバー コイン (純銀)1oz 2021     ▶︎ stores .jp「ミライズコイン」 シルバー市場はボラティリティがあがる! 木曜日・ ...

ReadMore

コイン コラム

銅に注目! でもやはりシルバーが強いか

ビットコインのようなブロックチェーン技術を使った「通貨」を流通させたら、全ての履歴が残るわけで、マネーロンダリングできなくなるかもしれません。   ブロックチェーンだとお金の出どころや誰の手に渡りどんな取引を経由してきたのかが、調べれば容易にわかるわけです。   管理したい人や組織にとっては、それが容易になるということですね。     単なるこじつけかもしれませんが、 HSBCやドイツ銀行など、世界でも有数の大銀行がマネーロンダリングに関わっていたとのレポートが出た ...

ReadMore

コイン コラム

シルバーの実需が逼迫しているのに価格があまり上がらないのは何を暗示するのか

シルバーの基準価格は合っているのでしょうか。 3月24日 19:30ごろのSLV (iシェアーズ シルバートラスト)のチャートです。 現物のシルバー インゴットはもう世界中で買えなくなっていますし、メ ...

コイン コラム

シルバーを現物で買うかETFで買うか その選択で将来雲泥の差ができるかも

30万枚のみ発行された オーストラリア コアラ銀貨ですが、それを製造したのは パースにある造幣局。   このシルバーコイン(銀貨)は 1オーストラリアドルとして使えるので、当たり前ですがオー ...

アメリカ不動産 コイン コラム

不動産とコイン 将来に備えた現物への投資 市価より安く現物資産である不動産を買うチャンス

暴落寸前のアメリカ不動産、暴騰寸前の貴金属とも言われます。   不動産はコロナ対策で家賃補助があったり、滞納しても退去を迫ることを禁止したり、また収入減や失業状態でも家の確保のために補助金が ...

コイン コラム

ゴールド・シルバー 金貨・銀貨や金鉱株は仕込みどき?

ゴールドやシルバーを購入した方がいいと思っています。   しかも、ETFではなくメイプルリーフ銀貨や金貨など、現物を購入した方がいいと思っています。   ▶︎ カナダ ...

コイン コラム

銅に注目! でもやはりシルバーが強いか

ビットコインのようなブロックチェーン技術を使った「通貨」を流通させたら、全ての履歴が残るわけで、マネーロンダリングできなくなるかもしれません。   ブロックチェーンだとお金の出どころや誰の手 ...

コイン コラム

大統領選後に来る絶好機?

いよいよアメリカ大統領選挙。   このサイトでも米国株の情報として発信を参考にしている ジム・リッカード氏によると、大統領選後 数週間以内にシルバーが高騰し始め、1OZ=$60に近づく可能性 ...

コイン コラム

コインかバーか シルバーの買い方

貴金属への投資が進んでいます。   投資というと「お金を増やすためにやること」というイメージを持たれる方も多いと思います。   ETFやつみたてなど金融商品としての購入は別として、 ...

コイン コラム

ますます入手困難になるかもしれないシルバー

日本では金(ゴールド)の価格上昇にばかり目が行きがちです。   情報番組などで取り上げられる「買取店」などへの取材も、 「金が高騰しているから売り時です!」といったようなものや、「昔付き合っ ...

コイン コラム

ゴールド&シルバーを活用した資産保全戦略

所詮、考え方の一つであって単なる私自身の意見でしかありませんが、今、金(ゴールド)や銀(シルバー)を買うのは、資産を増やすための投資ではありません。   資産を守るため、「資産の保全」です。 ...

コイン コラム

ゴールド・シルバー ETFより現物を買った方がいい理由

経済の専門家たちは、こぞって金(ゴールド)への投資を言い始めています。   そして、ゴールドはすでに高値圏にあるため、ゴールドに比べればまだまだ価格の安い銀(シルバー)のほうが、投資対象とし ...

 

シルバー&ゴールド コイン (ミライズコイン)

「現物で保有すること」は、資産を守るためにも重要なことです。

 

シルバーやゴールドをはじめとした貴金属を保有することは、資産を守る方法として古くから富裕層が行ってきたことです。

 

投資目的というよりは、財産・資産の保全が目的です。

 

現代は法定通貨のほかにも通貨のような役割をするものとしてビットコインなどがありますが、歴史的にも価値の裏付けがあり、今後もその価値は廃るどころかますます向上していくだろうゴールドやシルバーを「現在の金融システムの外側」で保有しておくことは、とても需要です。

また、金塊・銀塊のいわゆる「インゴット」ではなく 保管しやすく取り扱いしやすい、また流通も多い1トロイオンス(31.1g)単位のコインを持っておくことは非常に有用です。

 

このカテゴリー(https://mirais.club/coin-top/)ではシルバーやゴールドのアイテム情報などを発信しています。

 

コインは、以下からも購入いただけます。

ミライズコインショップ

store's jp から送料無料でお送りします

 

社員権をお持ちの方はこちらもご確認ください

 

2020年10月23日

PAGE TOP

© since2020 LLC MIRAIS