アメリカ不動産情報共有勉強会

時々おこなっているアメリカ不動産についての情報共有勉強会。

2021年3月20日(土)大阪で、翌日21日(日)に東京で行うことになりましたので、よかったらご参加ください。(詳細は下のボタンからご確認ください)

 

 

 

今回の勉強会はこのような方におすすめです!

こんな方におすすめの勉強会です

  • アメリカ不動産投資に興味がある
  • 物件を買うならできるだけ投資効率がよくなるように安く買いたい
  • 購入後の修理や入居者・物件の管理や手続き、売却に不安がある
  • フォークロージャーやバルク買いによる投資に興味がある
  • 物件を買わなくても利回りを得る方法があるなら知りたい
  • 投資仲間を作りたい

 

資産形成の「王道」とも言われる不動産投資。

 

アメリカ不動産投資のメリットとして、

 

・日本の不動産と比較して利回りが取りやすい
・長期保有後も売却益が出やすい
・米ドルの資産が作れる

 

などが、挙げられます。

 

 

投資・資産形成を行っていく上で大切と言われる、通貨と資産をおいておく場所の分散。

 

これらを鑑みて、アメリカの不動産を活用して投資・資産形成を行うことは理にかなっています。

 

 

特別な機会があります

不動産投資において投資対象物件を安く手に入れることは、投資効率(利回りやキャピタルゲイン)に直結します。

 

今回、ミシガン州のとある市役所から

「フォークロージャー(差し押さえ物件)をオークションに出品するんだけど、欲しいのがあれば出品前に買ってもらえたら助かる!」という話をいただくことができました。

 

この機会を活かして安く物件を購入する機会を共有すると同時に、物件を保有しなくてもまぁまぁの利回りを受け取れる情報を、勉強会でお伝えしたいと思います。

 

フォークロージャーとバルクディール

フォークロージャーとは、税金滞納やローンの焦げ付きによって自治体や金融機関が差し押さえた物件のことです。 これらは通常、不動産オークションに出品されたり、不動産業者が「10物件でいくら」のような一括取引(バルクディール)で買い、投資家や一般の人に再販されます。

今が絶好の時期

今、アメリカでは不動産投資に参入する時期として、絶好と言われます。

それはなぜでしょう・・・?

 

 

日本よりも失業しやすいアメリカ。

失業してしまったらたちまちローンや税金が払えなくなりますが、今アメリカではそうなってしまう人が大量に出始めています。

 

 

そういった「不良債権化した不動産」が、今 アメリカでは大量に出る社会情勢になっているんですね。

 

金融機関や自治体にとって不良債権は早く処理したいもの。

 

なので、本来の価値よりも安く買うことができるチャンスが多い状況にあります。

 

こういったアメリカ不動産の優位性の背景や、投資・物件の購入とその後の管理、売却に至るまで、「具体的にどうしたらいい?」ということをお伝えするアメリカ不動産に関する勉強・情報共有会を、時々 開催しています。

 

不動産物件を買いたい人も利回り相当だけ欲しい人も

今回の情報共有勉強会では、市が差し押さえる物件をオークション出品前に購入する機会をご紹介します。

 

出品前ということは、業者の仕入れ値よりも安く買える可能性が高いということです。

 

ただ、差し押さえになる物件ですから、状態がよくない可能性が高いことや市から直接買うので不動産取得の手続きを自分でやらないといけない場面が出てきます。

 

物件取得に関わる手続きや物件の修理修繕、賃借人の付け方や管理会社とのやりとりについて、その具体的なノウハウをお伝えします。

 

また、不動産を活用した投資に興味はあるんだけど、物件取得して様々な手続きをするのはちょっと面倒・・・ という方には、この機会を活かして利回りを得られる方法をお伝えしたいと思っています。

 

差し押さえられた物件はだいたい2万〜10万ドル程度で販売される予定ですが、この辺りの同規模の不動産相場は15〜25万ドルなので、極論、買ってすぐ売りに出せばそこそこのキャピタルゲインを得られる可能性もあります。

 

 

ちなみに前回お伝えした内容

前回は2020年10月10日 東京で行いました。

 

その時の内容は、

  • なぜアメリカ不動産投資なのか
  • 不動産を安く買う方法
  • アメリカ不動産の投資戦略の基礎知識
  • 今 狙い目のエリア
  • 購入後の注意点と入居者付け、管理から家賃収入の受け取り
  • 将来的にやるべきこと

など具体的なアメリカ不動産投資を始めるための流れお伝えし、また、修繕費込みで300〜500万円ほどの予算で購入できる物件も用意し具体的にイメージしてすぐに不動産投資を始めていただける準備もしておりました。

 

実際、具体的に検討し資金の準備を始めた方や、「正直アメリカで不動産投資なんて無縁だし知識として話だけと思っていたけど、聞いてみて思いの外 身近に感じることができました!」 との感想もいただき、私自身も嬉しく、また、こうした集まりを持ててよかったと感じています。

 

また、勉強情報共有会終了後、場所を移してお茶しながらざっくばらんにいろいろな話や情報をやりとりできて、本編にも劣らず、有意義だったのではないかと思います。

 

特に、富裕層が富を守り、引継ぎ、増幅していくアイテム(手法)の話は興味深く、早速 行動された方もおられます。

 

今回もご興味のある方は、是非ご参加ください。

今回の勉強会

【日時・場所】

3月20日(土):大阪 (西梅田駅から徒歩5〜6分)13時〜16時

3月21日(日):東京(新宿3丁目駅から徒歩2〜3分)13時〜16時

 

【MAP】

下のリンクからご確認ください

 

【参加費】

1,000円(当日会場で現金にてお願いします)

 

【その他】

当日ご自宅で検温し、37.5度以上の場合や体調に不良を感じる方はご参加をご遠慮ください。

また会場への道中および勉強会中はマスク着用にてお願いいたします。

 

万が一ご連絡事項が発生した場合にお伝えできるよう、必ずお電話番号をご参加フォームにご入力ください。

 

【ご参加申し込み方法】

下のボタンよりご登録ください

3月20日(土)

【大阪】今すぐ申し込む

場所:西梅田駅から徒歩5〜6分!

 

3月21日(日)

【東京】今すぐ申し込む

場所:新宿3丁目駅から徒歩3分

 

 

アメリカ不動産関連記事

アメリカ不動産 コラム

市役所の差し押さえ物件を活かしてアメリカ不動産投資物件を安く購入する

アメリカ不動産について、市役所が税金滞納などにより差し押さえた不動産をオークション出品前に安く買うことができる機会を持つことができそうです。   不動産投資は結局のところ、物件をいかに安く買うかでその結果が決まります。   「差し押さえ」と言われるとなんだかイメージがよくないかも知れませんが、物件を安く買うにはとてもよい方法です。   とは言っても、 しっかりと情報、ノウハウをお伝えした方が良いと思いますので、勉強会を設けました。     ▶ ...

ReadMore

アメリカ不動産 物件情報(US)

デトロイトのウエストサイド レンガ造り 地下室付きの一戸建て 3ベッドルームの物件

  デトロイトのウエストサイドにある3ベッドルーム、レンガ造り、地下室付きの一戸建て物件です。   物件情報 (最終の情報更新日:2020年12月20日) 物件の管理番号 2200101009 物件住所 WARWICK StreetDetroit, Michigan 48223-3410 物件価格 $25,000 固定資産税 $1,241 タイプ Residential 建物敷地面積 0.10 Acres(404.69m2) 延べ床面積 1,296 Finished Sqft(117. ...

ReadMore

アメリカ不動産 コラム

不動産投資の成否を握る物件修理のパートナー

アメリカ不動産投資にも必ず「取得物件を修理する」必要が出てきます。   どんな物件を購入したとしても必ず修理が必要となりますが、修理を信頼して任せられる業者との出会いが、アメリカ不動産投資の成否を握ると言っても言い過ぎではありません。     ただ、「仕事の品質」を見るときは、何回か依頼してみないとわかりません。     だから、よくグーグル広告などに出てくる「アメリカ不動産投資業者」を通じて 物件、修理、申請、その他もろもろがパッケージになったものを買う ...

ReadMore

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産投資の要は修理業者

不動産投資というといかにして優良な物件を仕入れ、優良な入居者に出会うかを重視しそこに重点をおいてしまいがちえす。   もちろんそれらはとても重要で軽視していいものではないですが、それと同等以上に重視すべきことがあります。     それは、修理・修繕をやってくれる会社(業者)の選定と付き合いです。   不動産投資において物件選びは非常に重要ですが、それと同等以上に修理業者の存在は重要です。投資成否を左右するのは修理業者であると言っても過言ではありません。   ...

ReadMore

アメリカ不動産 コラム

国民性を理解することは不動産投資の基本

アメリカ不動産に取り組むのは、インカムゲインでの利回りに偏りがちな日本と比べてキャピタルゲインもしっかり期待できるアメリカの方が、投資として魅力的と感じるからです。   ただ、日本の不動産賃貸経営とアメリカのそれを単純に比較すると、日本人として納得できないことや信じられなことが起こるのも実際のところ。     退去時に起こること 日本で主に日本人ばかりを相手にしている賃貸経営だとなかなか理解しづらいですが、アメリカでは何かをきっかけに家賃の支払いをやめてしまう入居者が、少なく ...

ReadMore

アメリカ不動産 物件情報(US)

ミシガン州デトロイト 1927年築 投資の入り口物件としてぴったり!

  初めて不動産投資をする人にとって素晴らしい投資物件になり得ます。 少ししっかりめの修繕・修理が必要ですが、それでも4年以内に投資元本を上回る家賃収入を得られると考えられます。   こちらもご覧ください ▶︎デトロイト ミシガン州 3ベッドルーム $15,000の物件   物件情報   物件の管理番号 2200091629 物件住所 Detroit, Michigan 48227-3240 物件価格 $15,000 固定資産税 $1,115 タイプ ...

ReadMore

アメリカ不動産 物件情報(US)

ミシガン州インクスター 利回り想定16%超 レンガ造りの3ベッドルーム物件

  購入後、買い手投資家の資金繰りがうまくいかず、再び売りに出されることになった物件。 元の売り手や物件に問題があったわけではありません。   角地のレンガ造りのランチです。 大きなガレージがあり、敷地は完全にフェンスで囲まれています。   想定家賃は$850/月。   物件情報   物件の管理番号 2200021498 物件住所 BARRINGTON, Inkster, Michigan 48141 物件価格 $62,500 固定資産税 $1271 タイ ...

ReadMore

アメリカ不動産 コラム

家賃を払わなくなる理由

当然ですが、入居者に家賃を払っていただいてこそ、不動産投資が成り立ちます。   入居してからしばらくは遅れることもなくしっかりと期日通りに家賃を払ってくれる入居者も、次第に遅れたり払ってくれなくなることがあります。     その原因は、なんでしょうか・・・?       入居者が家賃を払ってくれなくなる理由 家賃滞納を続ければ、最終的には法の力を使って強制退去させることになります。   そして、裁判で家賃を滞納した人がいう「決まり文句」 ...

ReadMore

アメリカ不動産 コラム

銀行差し押さえ物件 1940年築でも 利回り25%以上可能 なアメリカ不動産

画像だけで情報をいただいたので何とも・・・ なのですが、これ、1940年築の物件です。   1940年と言えば、昭和15年。   もちろん、しっかりとリノベーションされているとは言え、こんなふうにモデルルーム風に見せられると「安っ!」って思ってしまいます。   この物件は、滞納により差し押さえられた物件。   3ベットルーム 3バスルーム 建物面積 1624sqf(約45.5坪) 固定資産税(2019) $1123 予想家賃 $800-$900 物件価格 $40,0 ...

ReadMore

アメリカ不動産 コラム

正しく投資すれば8年で5倍!?

アメリカ不動産の醍醐味は、適切なときに購入して家賃収入を得ながら時期を待ち、その時期がきたときに売却すれば インカムゲインとキャピタルゲインをしっかり取れるところ。   先日のアメリカ不動産投資情報共有勉強会にご参加いただいた方。 2012年に35,000ドルで購入した物件を、8年後に125,000ドルで売却。   購入後、賃貸中は利回り23%ほどになり、4年半で投資分(購入価格)を回収しその後はまるまる収益なので、投資額(物件購入額)のおよそ2倍を家賃で得たことになります。 &nbs ...

ReadMore

 

アメリカ不動産

 

2020年8月31日

© since2020 LLC MIRAIS