ミライズについて

ミライズが会員制サロンではなく「会社」である理由

はじめまして、こんにちは。

 

合同会社ミライズ 代表社員 草野剛之(くさのたけし)です。

 

この会社は、資産形成の王道である不動産を活用した投資について

この会社のコンセプト

  • 社員にとって有利な情報を共有し、幸せな人生を歩む人を増やす
  • シンプルな仕組みで小さな資金から投資に参加できる情報を提供し環境を整える
  • 前向きに人生を歩む人と出会い、人生の幅を広げるための場を提供する

 

をコンセプトにしています。

 

合同会社ミライズにおける社員とは

コンセプトについてお話する前に合同会社ミライズにおける「社員」についてお伝えしたいと思います。

 

一般に「社員」というと労働契約に基づいて企業や組織で働く従業員をイメージするかと思いますが、会社法でいう「社員」とは「従業員」ではありません。

 

つまり、合同会社ミライズの社員になっても労使関係・雇用契約を結ぶわけではありませんので、今されている仕事や活動の妨げになることはありません。

 

では、合同会社ミライズにおける「社員」とは何か?

 

それは、会社が持つ情報を共有し活用できる「仲間」であり「投資家」であるということができます。

 

合同会社ミライズが持つ様々な不動産物件や投資案件の情報。

それらを共有するプラットフォームを構成する「仲間」であり、共有される情報を元に自らが投資判断を行う「投資家」であるといえるのです。

 

なぜ会社に?

情報を共有するプラットフォームの仲間であれば、なぜわざわざ会社に?

という疑問が湧いてきますよね?

 

合同会社ミライズは会社法でいうところの「合同会社」です。

したがって、保険や税金も通常の会社と同様で「経費」がかかります。

 

情報を共有するならオンラインサロンでもできますし、実際、投資を含む様々な情報共有のための多種多様なオンラインサロンがありますよね。

 

なのに、なぜわざわざ経費がかかる「会社」である必要が?

 

それは、共有する情報の性質上 オンラインサロンでは法律の規制で許されないことがあり、仲間であり投資家である「社員」のみなさんに、遵法で安全な機会を提供できないからです。

 

オンラインサロンの中には投資案件の情報が共有され、そこに勧誘するような文言を発信しているところがあります。

あまり知られておらず意識されていないのかもしれませんが、それらは違法行為。

そこに参加するメンバーに対し、情報を提供しているようで「法を犯してしまう危険性」を提供しているに他なりません。

 

万が一にも、大切な「仲間」をそのようなリスクに晒すわけにはいきません。

 

仲間と一緒にやりたいことを実現するために。

思い描いたものを提供するために。

 

会社法に則った「合同会社」として正式に登記する必要があったのです。

 

 

社員権購入方法

続きを見る

 

 

 

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産で最も重要な管理会社との付き合い方

アメリカ不動産投資において一番重要な要素と言ってもいいのが、あなたの不動産を管理してくれる管理会社です。   管理会社の質によって、不動産投資の難易度も利益も変わってきます。     改めて管理会社がやってくれる代表的な仕事を上げておくと、 入居者を見つけてくれる 家賃を回収してくれる トラブルを解決に導いてくれる 必要な修理・修繕のアドバイスをくれる   などです。   特に、入居者とのトラブルが起こったときには、心強い存在です。   &nbs ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産投資でよく陥る要注意ポイント

アメリカの不動産売買では、クライアントにメリットが大きいように売り手側と書いて側それぞれにエージェントが付き、交渉する場合がほとんどです。   エージェントのタイプや得意とするところ、経験や人柄によって、その成果は全く異なったものとなります。     よくある誤解 不動産投資物件を購入するにあたりエージェントをつけることは普通のことですが、エージェントが不動産に精通したプロであるかどうかは、わかりません。   確かにエージェントとしてやるべきことの知識はありますが、 ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産投資の成否を分ける要素

アメリカの不動産を活用した投資でうまくいくタイプを、下の記事で書かせていただきました。   投資においてだけでなくなんでもそうだと思いますが、大切なのは自分自身の「あり方」であり言い換えれば「器」だと思います。     それを踏まえた上で、 ここではアメリカ不動産投資において「うまくいくための要素」について、書きたいと思います。     物件の購入価格 当たり前すぎることですが、物件の購入価格は重要な要素です。   ですが、残念なことに現地ではそ ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産投資でうまくいく人

アメリカ不動産を活用した投資でうまくいくコツは、適切な時期に適切な不動産を購入し、適切な時期に売ることです。   まさに「安く買って高く売る」ことですが、もっと大切なことがあります。   それは、「マインド」とか「考え方」という、一見すると非論理的、非科学的で極めて感情的なものですが、そのうちのいくつかをご紹介します。     ストレスを溜め込みやすい人は注意 購入した不動産への入居者を募る場合、特に経済が低迷している時は「属性のいい人」を見つけるのが大変な場合があ ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産で資産を構築する方法の一例

学生のとき留学していたアメリカ・シアトルで借りていたアパートの賃料が、なんと3倍近く上がってるんです!   という話を、ミライズの社員メンバーから聞きました。   日本では30年と比較して家賃が3倍にもなる物件は、ほとんどないと思います。     アメリカ不動産の特徴とメリット 30年で家賃が3倍になる例は、アメリカではそんなに珍しいことではありません。   なぜなら、アメリカは人口、若者も増えており、経済的にも成長を続けています。   また、F ...

-ミライズについて

© 2020 ミライズ(未来図) Powered by AFFINGER5