アメリカ不動産 コラム

国民性を理解することは不動産投資の基本

アメリカ不動産に取り組むのは、インカムゲインでの利回りに偏りがちな日本と比べてキャピタルゲインもしっかり期待できるアメリカの方が、投資として魅力的と感じるからです。

 

ただ、日本の不動産賃貸経営とアメリカのそれを単純に比較すると、日本人として納得できないことや信じられなことが起こるのも実際のところ。

 

 

退去時に起こること

日本で主に日本人ばかりを相手にしている賃貸経営だとなかなか理解しづらいですが、アメリカでは何かをきっかけに家賃の支払いをやめてしまう入居者が、少なくありません。

 

また、退去人がきれいに掃除をして出ていくということはありえないと考えた方がよいでしょう。

 

家賃滞納のきっかけとやるべきこと

家賃の支払いをやめてしまうきっかけは様々ですが、最近はコロナ対策で家賃を滞納した場合もオーナーの権限で入居者を追い出すことができなくなったことで、ある意味 安心して家賃を滞納できる環境ができてしまいました。

 

もちろん、本当に失業して家賃が払えない場合もありますが、なんだかんだと理由をつけて家賃を踏み倒そうとしているようにしか思えない入居者もいます。

 

いったん滞納されてしまうと回収は困難で、「状況が改善したら払ってくれるだろう・・・」と期待しても無駄で すから、滞納が発生したらすぐに退去してもらうか、分割でもいいので払ってもらうかを交渉していく必要があります。

 

 

そして、その交渉の一つに、

すぐに自主的に出て行ってくれたら、滞納分は請求しないという条件をつけるのも手です。

 

 

ズルズルと居座られて、滞納は増えていく、追い出すこともできないとなると、ニッチもサッチも行かなくなります。

 

また、裁判をして法的に対処するにしても訴訟費用や弁護士費用、精神的な負担も考えると割りに合いません。

 

 

退去人がゴミを残すのはあたりまえ

これは、滞納による退去に限らずですが日本と違ってアメリカでは退去人がゴミや不要なものを残していくことは当たり前です。

 

きちんと家賃を払えないくらいですから生活が荒れていることがほとんどで、退去後の残存物処理と掃除に手間と出費がかかるということも覚悟しておく必要があります。

 

 

 

これくらいなら全然マシですね。

 

 

日本人の常識を引き合いに出してカリカリしても仕方ありませんし、日米を比較してどっちが優れているかを考えたり議論しても、意味がありません。

 

 

アメリカ不動産関連記事

アメリカ不動産 物件情報(US)

デトロイトのウエストサイド レンガ造り 地下室付きの一戸建て 3ベッドルームの物件

  デトロイトのウエストサイドにある3ベッドルーム、レンガ造り、地下室付きの一戸建て物件です。   物件情報 (最終の情報更新日:2020年12月20日) 物件の管理番号 2200101009 物件住所 WARWICK StreetDetroit, Michigan 48223-3410 物件価格 $25,000 固定資産税 $1,241 タイプ Residential 建物敷地面積 0.10 Acres(404.69m2) 延べ床面積 1,296 Finished Sqft(117. ...

アメリカ不動産 コラム

不動産投資の成否を握る物件修理のパートナー

アメリカ不動産投資にも必ず「取得物件を修理する」必要が出てきます。   どんな物件を購入したとしても必ず修理が必要となりますが、修理を信頼して任せられる業者との出会いが、アメリカ不動産投資の成否を握ると言っても言い過ぎではありません。     ただ、「仕事の品質」を見るときは、何回か依頼してみないとわかりません。     だから、よくグーグル広告などに出てくる「アメリカ不動産投資業者」を通じて 物件、修理、申請、その他もろもろがパッケージになったものを買う ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産投資の要は修理業者

不動産投資というといかにして優良な物件を仕入れ、優良な入居者に出会うかを重視しそこに重点をおいてしまいがちえす。   もちろんそれらはとても重要で軽視していいものではないですが、それと同等以上に重視すべきことがあります。     それは、修理・修繕をやってくれる会社(業者)の選定と付き合いです。   不動産投資において物件選びは非常に重要ですが、それと同等以上に修理業者の存在は重要です。投資成否を左右するのは修理業者であると言っても過言ではありません。   ...

アメリカ不動産 コラム

国民性を理解することは不動産投資の基本

アメリカ不動産に取り組むのは、インカムゲインでの利回りに偏りがちな日本と比べてキャピタルゲインもしっかり期待できるアメリカの方が、投資として魅力的と感じるからです。   ただ、日本の不動産賃貸経営とアメリカのそれを単純に比較すると、日本人として納得できないことや信じられなことが起こるのも実際のところ。     退去時に起こること 日本で主に日本人ばかりを相手にしている賃貸経営だとなかなか理解しづらいですが、アメリカでは何かをきっかけに家賃の支払いをやめてしまう入居者が、少なく ...

アメリカ不動産 物件情報(US)

ミシガン州デトロイト 1927年築 投資の入り口物件としてぴったり!

  初めて不動産投資をする人にとって素晴らしい投資物件になり得ます。 少ししっかりめの修繕・修理が必要ですが、それでも4年以内に投資元本を上回る家賃収入を得られると考えられます。   こちらもご覧ください ▶︎デトロイト ミシガン州 3ベッドルーム $15,000の物件   物件情報   物件の管理番号 2200091629 物件住所 Detroit, Michigan 48227-3240 物件価格 $15,000 固定資産税 $1,115 タイプ ...

人気コラムTOP5

-アメリカ不動産, コラム

© 2021 ミライズ(未来図)