コラム

新しい不動産投資スタイル 所有しながら利用する

投稿日:

最近、「旅するように暮らす」として定額制の住み放題が注目を集めています。

 

一定額を払うことで全国(または世界の)空き家、空室、ゲストハウスなどを利用して場所を変えて住んでみたり仕事をしてみたりしながら、その場所・地域を体験・体感しながら暮らしていく。

 

場所にとらわれない仕事スタイルが増えてきたことも、人気に拍車をかけています。

 

利用する方にとっては、「生活をする」ことで旅行では得難い地域住民との交流や、文化・生活をより深く体験できること。

本格的に転居・移住する前に生活環境を肌身をもって確かめられるのもメリットですね!

 

もちろん、場所が変わることで気持ちやモチベーションに好影響があることもメリットです。

 

地域や住民にとっては、空き家や空室の有効活用で関係人口が増え、利用者が生活することによって小さいながらも経済活動が起き、見知らぬ人が街にいる、動くことで空気が動くような、エネルギーの循環も起きるでしょう。

 

そして、いきなり移住してきて地域のローカルルールに馴染めなかったりする「お互いの不幸」もある程度抑止できるので、メリットは大きいと思います。

 

利用してみたい!

と思う人も多いのではないでしょうか?

 

 

所有する人と利用する人

これら、眠っている不動産を有効活用したサービスはこれからも進化・発展していくのは間違いないですが、もう少し当事者意識をもってみると・・・

 

あなたは所有する人?利用する人?

これから、日本はますます「立場が分かれていく」と思います。

単に「格差が広がる」だけでなく、考え方の多様性が増してくると言っても良いかもしれません。

 

家や車を含めた資産を所有する人とそれらを利用する人 という感じです。

 

不動産に限ってみると「所有する」人の中には、

  • 本当は手放したいけど安くなりすぎて売れない
  • ほとんどタダにしたとしても、持つことのリスクをとる人がいなくて売れない(持つ側にとってリスクに見合ったリターンが見込めない)

 

という事情もあります。

少し目を広げた利用の仕方

そこで、ミライズの社員権を持った人には、「所有しながら利用する」ための情報を提供し活用いただきたいと思っています。

 

簡単に言えば、

利用するだけなら利用料を払うだけですが、所有もしているので収益をあげることができる、不動産の使い方の情報です。

 

確かに、日本でも場所にこだわらず自由に仕事ができる環境を活用できる人は、増えました。

これからも増えていくと思います。

 

そして、日本は年間3000万人超の外国人観光客が訪れる国になりました。

オリンピックまででしょ・・・ という人もいますが、2030年までに今の倍の規模、6000万人の来訪者を見込み、東京や京都などで観光地を中心に、ホテルの建設・オープンが続いています。

 

また、外国人にとって日本は田舎でも都会でもある程度以上のインフラが整っていて治安も良く、住みやすい・旅行しやすい環境が整っています。

そして、外国人の旅のスタイルも、繰り返し日本を訪れ、比較的ゆっくりと1箇所に滞在する方が多くなる傾向にあります。

 

手放したいけど手放せない方から不動産を譲り受け、これらの

  •  場所にこだわらず自由に仕事ができる環境を活用できる日本人
  • 繰り返し日本を訪れる外国人

 

の方々に、持ってもらいながら利用してもらう仕組みを提供できたらどうでしょう?

 

ちょっと面白いと思いませんか?

 

持っている不動産を時には自分が使い、自分が使わないときは人に使ってもらう。

その上で、自分が持っている不動産の価値を、誰かが持つ不動産の価値と交換して使えたりしたら・・・

 

合同会社ミライズの社員権を持っていただくと、このような新しい不動産活用の仕組みについての情報もご提供できます。

 

社員権購入方法

続きを見る

関連コンテンツ

コラム

コミュニティではダメなの? 情報を共有するためにわざわざ合同会社を設立した理由

合同会社ミライズでは、社員の方が不動産投資を有利に進められるような情報や小さな資本・投資から参加いただけるような不動産投資案件の情報を共有します。   ただそれだと、   他にも似たようなコミュニティがあるけど何が違うの? わざわざ合同会社にする意味は?   といった疑問がありますよね?   インターネット上でつながりを持ったり特定の情報を共有したりすることは容易く、しかも金銭的コストも低いのに、わざわざ登記費用や今後の税金(法人税・地方税など)がかかる合同会社にす ...

ReadMore

コラム

未利用の不動産を活用して描く投資とリターンの未来図

最近読んだ本で、 光本勇介 氏の「実験思考」という本があります。   光本氏ならではのアイデアが満載の本ですが、その中に「エンタメを提供する人が強くなる」という一文があります。 「これからの時代、可処分時間の奪い合いから、可処分精神の奪い合いになる。心の奪い合いに変わっていく」というSHOWROOM株式会社代表の前田裕二氏の言葉を引用したものですが、この一文を見て、未利用になっている不動産でこんなことができるかも・・・ と思いましたので、未来図(未来のビジョン)の一つとして書いてみます。 &nb ...

ReadMore

コラム

社員権は老後の不安を和らげる情報を共有するためのもの

日本中がざわざわした「年金だけでは2000万円足りない」という金融庁が公表したレポート。   麻生財務大臣が「受け取らない」と言ったものだから結局なかったことになっていますが、年金生活に入ると、 年金だけだと標準的なライフスタイルでも毎月5万円不足する つまり、年間60万円の赤字になる 人生100年と言われる時代、年金生活30年だとするとおおよそ2000万円足りなくなる だから、現役のうちに2000万円の預貯金が必要 ということを世に知らしめてくれた、ある意味 現実的な素晴らしいレポートだったと ...

ReadMore

コラム

保養所を活用した不動産投資

かつては、従業員の福利厚生の一環として建設、または既存の施設と契約されていた会社の保養所。 箱根や軽井沢、蓼科など、首都圏からそう遠くなく有名なリゾート地、観光地にあることが多いのですが、年々利用率が下がり維持管理費もかかるため、できれば早急に手放したいという企業も多い現代。   ある調査によると、会社になくてもいい福利厚生の第2位が「保養所」だそう。 (1位は社員旅行、3位は財形や持ち株制度)   私も以前勤めていた会社が熱海や伊豆に保養所があったので利用したことはありますが、保養所 ...

ReadMore

コラム

新しい不動産投資スタイル 所有しながら利用する

最近、「旅するように暮らす」として定額制の住み放題が注目を集めています。   一定額を払うことで全国(または世界の)空き家、空室、ゲストハウスなどを利用して場所を変えて住んでみたり仕事をしてみたりしながら、その場所・地域を体験・体感しながら暮らしていく。   場所にとらわれない仕事スタイルが増えてきたことも、人気に拍車をかけています。   利用する方にとっては、「生活をする」ことで旅行では得難い地域住民との交流や、文化・生活をより深く体験できること。 本格的に転居・移住する前 ...

ReadMore

-コラム

Copyright© 不動産で面白いミライズを描く , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.