オフショア コラム

できるだけ安全に資産を形成する長期の投資

日本人は保険好きとよく言われます。

 

自分自身、生命保険や医療保険に入ってましたし、個人年金保険に加入していました。

それも、あまりよく考えることなくパンフレットを見たりセールスの方の話を聞いて、なんとなく必要かな〜という曖昧な考えのままに。

 

でも、お金のことを知っていくにつれて、
これはいらないな〜 

これは必要だな!

 

とか判ってくるのと同時に、こっちの方がいいんじゃない? ということを知るようになりました。

 

その「こっちのほうがいいんじゃない?」というのが、香港の保険です。

 

投資や資産運用の必要性

「年金だけでは2000万円足りない」問題で一気に

  • 貯金・貯蓄だけではダメだ
  • 投資・運用をしなければ・・・

という気運は高まったと思います。

 

それ自体は良いことだと思いますが、だからといってマネーセミナーが乱立、乱発され、あらたな被害者が出ています。

(「新たな被害者」についてはここでは割愛します。)

 

 

銀行に預けておくだけではなく、投資をするにおいてより安全にできるだけ元本を失うことなく着実に増やすには

  • ドルコスト平均法の活用
  • インデックス投資  

の活用が有効です。

 

感覚ですが、特に若い人にインデックス投資は急速に浸透してきたと思います。

 

 

少なくとも私の若いときは、「S&P500」なんて、私の周りに知っている人はいませんでした。(多分)

 

 

そして、高齢化やそれに伴う人口の減少などから日本の国力は弱まっていくことや、そもそも「分散投資の重要性」から日本だけに資産をおいておくことのリスクの認識も、高まってきたと思います。

 

 

もう世の中の流れ的にも、人生に投資や資産運用を取り入れなければ不安しかないという状況になってきています。

 

 

保険で運用ができます

日本で「保険」というと、何か起こった時の対処や保障といった意味合いが強いと思います。

 

日本でも、資産運用を目的とした保険はあるにはありますが、正直なところ「なんじゃそれ・・・」というようなものがほとんどです。

 

例えば、

5年間積み立てて5年間寝かして運用、契約から10年後に払込総額の103%が返戻金として戻ってくる・・・

のような保険もあります。

 

この、10年後に元本プラス3%の運用保険は、空前のバカ売れしたそうです。

 

10年後にプラス3%・・・

 

 

香港の保険を見てみると、5年積み立てて10年も経つと元本のおよそ1.3倍。

 

自分が年金をもらい始めるころ(例えば30年後)には、元本の3倍、4倍になっているというものが、たくさんあります。

 

 

しかも、米ドル建てなので、今後、国力が弱まっていくであろう日本は円安になっていくでしょうから、運用益だけでなく為替リスクさえもプラスに働く可能性が高いんです。

 

もはや「保険」というよりは「投資」です。

 

 

しかも、「保険」ですからもし亡くなったらいつでも元本以上の返戻があります。(率は様々)

 

また、「投資」だけど時間が経てば必ず払込保険料以上の返戻金を確保できます。(元本確保)

 

▶︎ 香港オフショア投資

 

アメリカ不動産関連記事

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産投資の要は修理業者

不動産投資というといかにして優良な物件を仕入れ、優良な入居者に出会うかを重視しそこに重点をおいてしまいがちえす。   もちろんそれらはとても重要で軽視していいものではないですが、それと同等以上に重視すべきことがあります。     それは、修理・修繕をやってくれる会社(業者)の選定と付き合いです。   不動産投資において物件選びは非常に重要ですが、それと同等以上に修理業者の存在は重要です。投資成否を左右するのは修理業者であると言っても過言ではありません。   ...

アメリカ不動産 コラム

国民性を理解することは不動産投資の基本

アメリカ不動産に取り組むのは、インカムゲインでの利回りに偏りがちな日本と比べてキャピタルゲインもしっかり期待できるアメリカの方が、投資として魅力的と感じるからです。   ただ、日本の不動産賃貸経営とアメリカのそれを単純に比較すると、日本人として納得できないことや信じられなことが起こるのも実際のところ。     退去時に起こること 日本で主に日本人ばかりを相手にしている賃貸経営だとなかなか理解しづらいですが、アメリカでは何かをきっかけに家賃の支払いをやめてしまう入居者が、少なく ...

アメリカ不動産 コイン コラム

不動産は売り時 シルバーは最後の買い時か

コロナの影響などで、アメリカ経済はヤバイ・・・ だから不動産価格は下落する・・・   そんな話を聞いていたのですが、現状はまだまだ下落局面というよりは現状維持か都市によってはやや上昇しているとのこと。     この状況でなぜ・・・? と思いますが、およそ10年前に起こったリーマンショックと同じ構造です。     つまり、本来 住宅ローンの審査を通してはいけない人にも割と緩い審査で通しているようで、無職なのに審査が通ったという話も聞いています。   ...

アメリカ不動産 物件情報(US)

ミシガン州デトロイト 1927年築 投資の入り口物件としてぴったり!

  初めて不動産投資をする人にとって素晴らしい投資物件になり得ます。 少ししっかりめの修繕・修理が必要ですが、それでも4年以内に投資元本を上回る家賃収入を得られると考えられます。   こちらもご覧ください ▶︎デトロイト ミシガン州 3ベッドルーム $15,000の物件   物件情報   物件の管理番号 2200091629 物件住所 Detroit, Michigan 48227-3240 物件価格 $15,000 固定資産税 $1,115 タイプ ...

アメリカ不動産 物件情報(US)

ミシガン州インクスター 利回り想定16%超 レンガ造りの3ベッドルーム物件

  購入後、買い手投資家の資金繰りがうまくいかず、再び売りに出されることになった物件。 元の売り手や物件に問題があったわけではありません。   角地のレンガ造りのランチです。 大きなガレージがあり、敷地は完全にフェンスで囲まれています。   想定家賃は$850/月。   物件情報   物件の管理番号 2200021498 物件住所 BARRINGTON, Inkster, Michigan 48141 物件価格 $62,500 固定資産税 $1271 タイ ...

人気コラムTOP5

まだデータがありません。

-オフショア, コラム

© 2020 ミライズ(未来図) Powered by AFFINGER5