JCC コラム

送金や決済サービスも備えるジュンカキャッシュ

趣旨に賛同し、参加している暗号通貨があります。

Junca Cash / Junca Platform といいますが、このプロジェクトを知っていただきたく、未来の展望や予定されているサービスについて書いています。

 

ジュンカキャッシュ(Junca Cash 以下 JCC)は、フィリピン及びアジア全体の発展の一助となることを目的としている暗号通貨。

 

私も、その理念に深く共感し参加しているプロジェクトです。

 

 

JCCはJunca Platformという金融プラットフォームに連動し使用されますが、このプラットフォームは、海外送金、両替、ONライン/OFFライン ペイメント(決済)などの金融サービスや寄付・支援、奨学事業を通じて社会に貢献する活用が予定されています。

 

貧困問題解決の一助となるジュンカキャッシュ

フィリピンはある調査で「世界でもっとも投資対象として魅力ある国の一つ」と言われますが、貧困が大きな社会問題になっている国でもあります。

 

貧困問題を解決するためには単に援助するだけでなく職業訓練や教育制度の充実が必要ですが、JCCを用いた職業訓練や教育に対する奨学ローン制度の導入が予定されています。

 

 

教育を希望する人が奨学金を受け、教育を完了したあと、就職先やOFW送り出し機関・受け入れ期間から奨学金を回収するプログラムです。

 

また、日本の事業者と協力して、職業訓練学校の設立も企画されています。

 

低い手数料でOFWの送金を支援

ご存知のように、フィリピンは平均年齢 25歳前後と若く、世界一美しい人口ピラミッドだと言われます。

 

経済発展に必要な労働人口の割合も高く労働力に溢れていますが、国内産業が豊富な人材を抱えることができるほどの発展には至っておらず、多くの労働力がフィリピン国外でその力を発揮しています。

 

 

それらの人がフィリピン国内の家族へ向けて海外送金する額は、公表された数値からの推定で少なく見積もっても年額610億USドルとも言われています。

 

その際、一般的な送金手数料は高額で10%前後から30%に及ぶとも言われています。

 

JCCで送金する場合、現金はもとより、他の暗号通貨よりも低い手数料で送金できるようになる予定で、その目標は1%。

 

 

それが実現すればフィリピン人にとって、手取り額の大きなプラスとなります。

 

 

また、JCCはフィリピンを始め、アジア全体における人材育成サポートと人道支援プログラムによって人・モノ・資金が循環する健全で美しい経済圏の構築を目指しています。

 

今、JCCを持つということはアジア諸国の発展を助けられるようになり、ひいては世界の成長に関わるプロジェクトに参加するということです。

 

 

JCCの描く未来図に参加することは、わたしの投資の目的とも合致します。

近い将来、描かれている未来図にどんな色がついているのか、いまからとても楽しみです。

 

JCCの購入方法や最新の情報は、facebookグループ内でお知らせしていますので、下の要領でご連絡ください。

 

JCCやJunca Platformについて情報を受け取る方法

1)facebookグループメンバーへの登録

facebookグループではJCCについての情報、香港の保険の情報の他に、お金や資産形成について学びとなる情報を発信しています。

グループ設定は「プライベート」ですので、外部からの検索でグループを見つけることはできません。

 

step
1
FBにメッセージと共にお友達申請をください。メッセージには、「グループメンバー登録希望」と記載いただくとスムーズです。(私のFB:https://www.facebook.com/takeshi.kusano1

 

step
2
秘密のグループにご招待申し上げます。

 

2)mirais(ミライズ)の社員権を購入する

投資や資産作りに役立つ情報を発信しています。

 

詳しくはこちらからご覧ください。

社員権購入方法

続きを見る

Follow me!

アメリカ不動産関連記事

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産は高い 投資効率が悪いからやめておいた方がいいらしい

投資に興味を持ってよく調べ、学ばれている方ほど、   「米国はバブル。そんな中 すっかり高くなっている不動産を買うのはどうなの・・・?」   といったことを言われます。     バブルかどうかはともかく、 米国の株式、不動産、それだけでなく普段の生活コストも上がっているのは確かです。   実際、年収1200万円相当レベルでも普通かむしろ貧困層だという話を聞いたり、朝食のコーヒーとサンドウィッチが普通に2000円超えるレベル・・・ という話も聞きます。 &n ...

アメリカ不動産 コラム

差し押さえ物件をオークション出品前に購入して短期で売却する投資法

税金滞納などで差し押さえられた不動産を、市がオークションに出す前に購入できる機会。   約130軒の中から選んで買うことができます。   その具体的な方法は先日の勉強会でお伝えしました。     ざっくりまとめると、 対象の市は ミシガン州のデトロイト大都市圏を構成する街。   その市は人口約2万人。 白人が7割超で住民平均年齢は30代後半。   世帯年収は平均約8万ドルとのことなので、ミシガン州の中では標準あるいは少し上といった感じ。 &nbs ...

アメリカ不動産 コラム 勉強会

アメリカ不動産の醍醐味を味わう2021年最初のチャンス

もう募集は終わりましたが、 3月20日<大阪>・3月21日<東京>で、アメリカ不動産を有利に買う方法と比較的少資金でもそこそこのキャピタルゲインを得ることができる方法をお伝えする勉強会を実施知るのですが。。。   ▶︎ アメリカ不動産投資勉強情報共有会   冒頭、募集は終わったと書きましたが、ご興味ある方は 私のfacebook か 問い合わせフォーム からご連絡ください。   やっぱりアメリカ合衆国を基本に 早ければ 2026年にも GDPでアメリカを抜いて文 ...

アメリカ不動産 コラム 勉強会

アメリカ不動産投資成功の秘訣!差し押さえ物件を安く買う情報共有勉強会(3月20日・21日)

時々 勉強会を開催しています。   今回は、税金滞納などで市役所が差し押さえた物件を安く買える機会が得られるので、その情報やノウハウをお伝えする勉強会です。   3月20日(土):大阪 西梅田駅から徒歩5〜6分 3月21日(日):東京 新宿3丁目駅から徒歩2〜3分   のところで、いずれも13:30ごろから16:00ごろにかけて行います。   詳しくは こちら ▶︎ もっとも有利な物件購入方法をお伝えするアメリカ不動産投資情報共有勉強会    ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産投資をするなら知っておくべき家賃を滞納する人の対処方法

アメリカ不動産投資、賃貸業をやっていると必ずといっていいほど起こる問題に、家賃滞納があります。   入居者が家賃を払わなくなる理由はさまざまで、正直「なにそれ・・・?」というものをあります。   例えば、修理したところに対して 「オレならここはこう修理する。直してくれるまで家賃は払わない」 といったこともあります。   そんな言い訳が通るわけがない、入居者が間違っている・・・と言っても家賃滞納の口実を与えて終わないよう、管理会社などと協力してきちんと対処する必要があります。 ...

人気コラムTOP5

まだデータがありません。

-JCC, コラム

PAGE TOP

© since2020 LLC MIRAIS