JCC コラム

送金や決済サービスも備えるジュンカキャッシュ

趣旨に賛同し、参加している暗号通貨があります。

junca Cash / junca Platform といいますが、このプロジェクトを知っていただきたく、未来の展望や予定されているサービスについて書いています。

 

ジュンカキャッシュ(junca Cash 以下 JCC)は、フィリピン及びアジア全体の発展の一助となることを目的としている暗号通貨。

 

私も、その理念に深く共感し参加しているプロジェクトです。

 

 

JCCはjunca Platformという金融プラットフォームに連動し使用されますが、このプラットフォームは、海外送金、両替、ONライン/OFFライン ペイメント(決済)などの金融サービスや寄付・支援、奨学事業を通じて社会に貢献する活用が予定されています。

 

貧困問題解決の一助となるジュンカキャッシュ

フィリピンはある調査で「世界でもっとも投資対象として魅力ある国の一つ」と言われますが、貧困が大きな社会問題になっている国でもあります。

 

貧困問題を解決するためには単に援助するだけでなく職業訓練や教育制度の充実が必要ですが、JCCを用いた職業訓練や教育に対する奨学ローン制度の導入が予定されています。

 

 

教育を希望する人が奨学金を受け、教育を完了したあと、就職先やOFW送り出し機関・受け入れ期間から奨学金を回収するプログラムです。

 

また、日本の事業者と協力して、職業訓練学校の設立も企画されています。

 

低い手数料でOFWの送金を支援

ご存知のように、フィリピンは平均年齢 25歳前後と若く、世界一美しい人口ピラミッドだと言われます。

 

経済発展に必要な労働人口の割合も高く労働力に溢れていますが、国内産業が豊富な人材を抱えることができるほどの発展には至っておらず、多くの労働力がフィリピン国外でその力を発揮しています。

 

 

それらの人がフィリピン国内の家族へ向けて海外送金する額は、公表された数値からの推定で少なく見積もっても年額610億USドルとも言われています。

 

その際、一般的な送金手数料は高額で10%前後から30%に及ぶとも言われています。

 

JCCで送金する場合、現金はもとより、他の暗号通貨よりも低い手数料で送金できるようになる予定で、その目標は1%。

 

 

それが実現すればフィリピン人にとって、手取り額の大きなプラスとなります。

 

 

また、JCCはフィリピンを始め、アジア全体における人材育成サポートと人道支援プログラムによって人・モノ・資金が循環する健全で美しい経済圏の構築を目指しています。

 

今、JCCを持つということはアジア諸国の発展を助けられるようになり、ひいては世界の成長に関わるプロジェクトに参加するということです。

 

 

JCCの描く未来図に参加することは、わたしの投資の目的とも合致します。

近い将来、描かれている未来図にどんな色がついているのか、いまからとても楽しみです。

 

JCCの購入方法や最新の情報は、facebookグループ内でお知らせしていますので、下の要領でご連絡ください。

 

JCCやjunca Platformについて情報を受け取る方法

1)facebookグループメンバーへの登録

facebookグループではJCCについての情報、香港の保険の情報の他に、お金や資産形成について学びとなる情報を発信しています。

グループ設定は「プライベート」ですので、外部からの検索でグループを見つけることはできません。

 

step
1
FBにメッセージと共にお友達申請をください。メッセージには、「グループメンバー登録希望」と記載いただくとスムーズです。(私のFB:https://www.facebook.com/takeshi.kusano1

 

step
2
秘密のグループにご招待申し上げます。

 

2)mirais(ミライズ)の社員権を購入する

投資や資産作りに役立つ情報を発信しています。

 

詳しくはこちらからご覧ください。

社員権購入方法

続きを見る

アメリカ不動産関連記事

アメリカ不動産 コラム

市役所の差し押さえ物件を活かしてアメリカ不動産投資物件を安く購入する

アメリカ不動産について、市役所が税金滞納などにより差し押さえた不動産をオークション出品前に安く買うことができる機会を持つことができそうです。   不動産投資は結局のところ、物件をいかに安く買うかでその結果が決まります。   「差し押さえ」と言われるとなんだかイメージがよくないかも知れませんが、物件を安く買うにはとてもよい方法です。   とは言っても、 しっかりと情報、ノウハウをお伝えした方が良いと思いますので、勉強会を設けました。     ▶ ...

アメリカ不動産 物件情報(US)

デトロイトのウエストサイド レンガ造り 地下室付きの一戸建て 3ベッドルームの物件

  デトロイトのウエストサイドにある3ベッドルーム、レンガ造り、地下室付きの一戸建て物件です。   物件情報 (最終の情報更新日:2020年12月20日) 物件の管理番号 2200101009 物件住所 WARWICK StreetDetroit, Michigan 48223-3410 物件価格 $25,000 固定資産税 $1,241 タイプ Residential 建物敷地面積 0.10 Acres(404.69m2) 延べ床面積 1,296 Finished Sqft(117. ...

アメリカ不動産 コラム

不動産投資の成否を握る物件修理のパートナー

アメリカ不動産投資にも必ず「取得物件を修理する」必要が出てきます。   どんな物件を購入したとしても必ず修理が必要となりますが、修理を信頼して任せられる業者との出会いが、アメリカ不動産投資の成否を握ると言っても言い過ぎではありません。     ただ、「仕事の品質」を見るときは、何回か依頼してみないとわかりません。     だから、よくグーグル広告などに出てくる「アメリカ不動産投資業者」を通じて 物件、修理、申請、その他もろもろがパッケージになったものを買う ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産投資の要は修理業者

不動産投資というといかにして優良な物件を仕入れ、優良な入居者に出会うかを重視しそこに重点をおいてしまいがちえす。   もちろんそれらはとても重要で軽視していいものではないですが、それと同等以上に重視すべきことがあります。     それは、修理・修繕をやってくれる会社(業者)の選定と付き合いです。   不動産投資において物件選びは非常に重要ですが、それと同等以上に修理業者の存在は重要です。投資成否を左右するのは修理業者であると言っても過言ではありません。   ...

アメリカ不動産 コラム

国民性を理解することは不動産投資の基本

アメリカ不動産に取り組むのは、インカムゲインでの利回りに偏りがちな日本と比べてキャピタルゲインもしっかり期待できるアメリカの方が、投資として魅力的と感じるからです。   ただ、日本の不動産賃貸経営とアメリカのそれを単純に比較すると、日本人として納得できないことや信じられなことが起こるのも実際のところ。     退去時に起こること 日本で主に日本人ばかりを相手にしている賃貸経営だとなかなか理解しづらいですが、アメリカでは何かをきっかけに家賃の支払いをやめてしまう入居者が、少なく ...

人気コラムTOP5

-JCC, コラム

© since2020 LLC MIRAIS