コイン コラム

大統領選後に来る絶好機?

いよいよアメリカ大統領選挙。

 

このサイトでも米国株の情報として発信を参考にしている ジム・リッカード氏によると、大統領選後 数週間以内にシルバーが高騰し始め、1OZ=$60に近づく可能性があると予測しています。

 

これは、トランプ氏・バイデン氏どちらが勝っても・・・ とのこと。

 

 

大統領選挙後の混乱でATMなどが破壊されたりシステムが混乱したりして「現在のお金」を引き出せないなど使いづらい状況が生まれ、それをきっかけにして裏付けのないまま意向のままに紙幣を印刷できる現在の経済・金融システムに疑問を持つ人が増え、すでに水面下で進められている金本位制への移行に対して暗黙の了解が生まれることにより、金や銀の価値が上がっていく・・・

 

というのが、大まかなストーリーです。

 

もちろん、いつの時も予想通りに行かないものですし、予測通りの展開になるとは限りません。

 

なので、「全力で金・銀を買うべき」なんてことはいうつもりはありませんが、古来から資産家や富裕層が資産の一部を金や銀に換えて資産を守ってきた歴史を考えると、「そんなことあるわけない」と一蹴するわけにはいかないと思っています。

 

 

かつてないほどの混乱 アメリカ大統領選挙

トランプ氏とバイデン氏。

 

かつてないアメリカ大統領選だと言われます。

 

 

すでに支援者らの小競り合いは起こっていますが、今後ますます混乱、暴動へと発展すると予想されています。

 

多くの地域で州兵も派遣され、いざとなればいつでも治安維持活動ができる準備が整っているそうです。

 

 

郵便での投票もかなりの不正がすでに把握され、郵便投票の中止の大統領令に署名するとも言われていますし、トランプ・バイデンどちらが負けても敗北宣言をしないで法廷闘争に持ち込むとも言われています。

 

また、そのための準備として両陣営とも数百人の弁護士を用意しているとも言われます。

 

 

アメリカ経済は混乱 絶好の買い場へ?

こういう状況ですからコロナの影響で失業や困窮に陥っている人に対する給付金・支援金も交付がストップし、それらが暴動に拍車をかける可能性もあります。

 

また、先行きの不透明さや不安から株式市場は暴落する可能性もあり、マージンコールによってポジションの強制決済などがなされれば、金や銀も一時的にはかなりの下落となるでしょう。

 

 

もし、ジム・リッカート氏らが描く予想通りになれば、金や銀は大幅な下落後に上昇し、大統領選挙直後が絶好の買い場となる可能性があります。

 

 

ただし、その絶好機は長くなく、あっという間に高騰へと転じると予想されています。

 

先ほども書きましたが、何事も予想・予測通りにいくものではありません。

 

でも今は、過剰なほど注意をしておいた方がよいと思いますし、どっちにしても余裕資金の一部で金や銀を買っておくことは長期的に見て有効なのではないかと、私は思っています。

 

 

 

 

Follow me!

アメリカ不動産関連記事

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産は高い 投資効率が悪いからやめておいた方がいいらしい

投資に興味を持ってよく調べ、学ばれている方ほど、   「米国はバブル。そんな中 すっかり高くなっている不動産を買うのはどうなの・・・?」   といったことを言われます。     バブルかどうかはともかく、 米国の株式、不動産、それだけでなく普段の生活コストも上がっているのは確かです。   実際、年収1200万円相当レベルでも普通かむしろ貧困層だという話を聞いたり、朝食のコーヒーとサンドウィッチが普通に2000円超えるレベル・・・ という話も聞きます。 &n ...

アメリカ不動産 コラム

差し押さえ物件をオークション出品前に購入して短期で売却する投資法

税金滞納などで差し押さえられた不動産を、市がオークションに出す前に購入できる機会。   約130軒の中から選んで買うことができます。   その具体的な方法は先日の勉強会でお伝えしました。     ざっくりまとめると、 対象の市は ミシガン州のデトロイト大都市圏を構成する街。   その市は人口約2万人。 白人が7割超で住民平均年齢は30代後半。   世帯年収は平均約8万ドルとのことなので、ミシガン州の中では標準あるいは少し上といった感じ。 &nbs ...

アメリカ不動産 コラム 勉強会

アメリカ不動産の醍醐味を味わう2021年最初のチャンス

もう募集は終わりましたが、 3月20日<大阪>・3月21日<東京>で、アメリカ不動産を有利に買う方法と比較的少資金でもそこそこのキャピタルゲインを得ることができる方法をお伝えする勉強会を実施知るのですが。。。   ▶︎ アメリカ不動産投資勉強情報共有会   冒頭、募集は終わったと書きましたが、ご興味ある方は 私のfacebook か 問い合わせフォーム からご連絡ください。   やっぱりアメリカ合衆国を基本に 早ければ 2026年にも GDPでアメリカを抜いて文 ...

アメリカ不動産 コラム 勉強会

アメリカ不動産投資成功の秘訣!差し押さえ物件を安く買う情報共有勉強会(3月20日・21日)

時々 勉強会を開催しています。   今回は、税金滞納などで市役所が差し押さえた物件を安く買える機会が得られるので、その情報やノウハウをお伝えする勉強会です。   3月20日(土):大阪 西梅田駅から徒歩5〜6分 3月21日(日):東京 新宿3丁目駅から徒歩2〜3分   のところで、いずれも13:30ごろから16:00ごろにかけて行います。   詳しくは こちら ▶︎ もっとも有利な物件購入方法をお伝えするアメリカ不動産投資情報共有勉強会    ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産投資をするなら知っておくべき家賃を滞納する人の対処方法

アメリカ不動産投資、賃貸業をやっていると必ずといっていいほど起こる問題に、家賃滞納があります。   入居者が家賃を払わなくなる理由はさまざまで、正直「なにそれ・・・?」というものをあります。   例えば、修理したところに対して 「オレならここはこう修理する。直してくれるまで家賃は払わない」 といったこともあります。   そんな言い訳が通るわけがない、入居者が間違っている・・・と言っても家賃滞納の口実を与えて終わないよう、管理会社などと協力してきちんと対処する必要があります。 ...

人気コラムTOP5

-コイン, コラム

PAGE TOP

© since2020 LLC MIRAIS