コイン コラム

大統領選後に来る絶好機?

いよいよアメリカ大統領選挙。

 

このサイトでも米国株の情報として発信を参考にしている ジム・リッカード氏によると、大統領選後 数週間以内にシルバーが高騰し始め、1OZ=$60に近づく可能性があると予測しています。

 

これは、トランプ氏・バイデン氏どちらが勝っても・・・ とのこと。

 

 

大統領選挙後の混乱でATMなどが破壊されたりシステムが混乱したりして「現在のお金」を引き出せないなど使いづらい状況が生まれ、それをきっかけにして裏付けのないまま意向のままに紙幣を印刷できる現在の経済・金融システムに疑問を持つ人が増え、すでに水面下で進められている金本位制への移行に対して暗黙の了解が生まれることにより、金や銀の価値が上がっていく・・・

 

というのが、大まかなストーリーです。

 

もちろん、いつの時も予想通りに行かないものですし、予測通りの展開になるとは限りません。

 

なので、「全力で金・銀を買うべき」なんてことはいうつもりはありませんが、古来から資産家や富裕層が資産の一部を金や銀に換えて資産を守ってきた歴史を考えると、「そんなことあるわけない」と一蹴するわけにはいかないと思っています。

 

 

かつてないほどの混乱 アメリカ大統領選挙

トランプ氏とバイデン氏。

 

かつてないアメリカ大統領選だと言われます。

 

 

すでに支援者らの小競り合いは起こっていますが、今後ますます混乱、暴動へと発展すると予想されています。

 

多くの地域で州兵も派遣され、いざとなればいつでも治安維持活動ができる準備が整っているそうです。

 

 

郵便での投票もかなりの不正がすでに把握され、郵便投票の中止の大統領令に署名するとも言われていますし、トランプ・バイデンどちらが負けても敗北宣言をしないで法廷闘争に持ち込むとも言われています。

 

また、そのための準備として両陣営とも数百人の弁護士を用意しているとも言われます。

 

 

アメリカ経済は混乱 絶好の買い場へ?

こういう状況ですからコロナの影響で失業や困窮に陥っている人に対する給付金・支援金も交付がストップし、それらが暴動に拍車をかける可能性もあります。

 

また、先行きの不透明さや不安から株式市場は暴落する可能性もあり、マージンコールによってポジションの強制決済などがなされれば、金や銀も一時的にはかなりの下落となるでしょう。

 

 

もし、ジム・リッカート氏らが描く予想通りになれば、金や銀は大幅な下落後に上昇し、大統領選挙直後が絶好の買い場となる可能性があります。

 

 

ただし、その絶好機は長くなく、あっという間に高騰へと転じると予想されています。

 

先ほども書きましたが、何事も予想・予測通りにいくものではありません。

 

でも今は、過剰なほど注意をしておいた方がよいと思いますし、どっちにしても余裕資金の一部で金や銀を買っておくことは長期的に見て有効なのではないかと、私は思っています。

 

 

 

 

アメリカ不動産関連記事

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産投資の要は修理業者

不動産投資というといかにして優良な物件を仕入れ、優良な入居者に出会うかを重視しそこに重点をおいてしまいがちえす。   もちろんそれらはとても重要で軽視していいものではないですが、それと同等以上に重視すべきことがあります。     それは、修理・修繕をやってくれる会社(業者)の選定と付き合いです。   不動産投資において物件選びは非常に重要ですが、それと同等以上に修理業者の存在は重要です。投資成否を左右するのは修理業者であると言っても過言ではありません。   ...

アメリカ不動産 コラム

国民性を理解することは不動産投資の基本

アメリカ不動産に取り組むのは、インカムゲインでの利回りに偏りがちな日本と比べてキャピタルゲインもしっかり期待できるアメリカの方が、投資として魅力的と感じるからです。   ただ、日本の不動産賃貸経営とアメリカのそれを単純に比較すると、日本人として納得できないことや信じられなことが起こるのも実際のところ。     退去時に起こること 日本で主に日本人ばかりを相手にしている賃貸経営だとなかなか理解しづらいですが、アメリカでは何かをきっかけに家賃の支払いをやめてしまう入居者が、少なく ...

アメリカ不動産 コイン コラム

不動産は売り時 シルバーは最後の買い時か

コロナの影響などで、アメリカ経済はヤバイ・・・ だから不動産価格は下落する・・・   そんな話を聞いていたのですが、現状はまだまだ下落局面というよりは現状維持か都市によってはやや上昇しているとのこと。     この状況でなぜ・・・? と思いますが、およそ10年前に起こったリーマンショックと同じ構造です。     つまり、本来 住宅ローンの審査を通してはいけない人にも割と緩い審査で通しているようで、無職なのに審査が通ったという話も聞いています。   ...

アメリカ不動産 物件情報(US)

ミシガン州デトロイト 1927年築 投資の入り口物件としてぴったり!

  初めて不動産投資をする人にとって素晴らしい投資物件になり得ます。 少ししっかりめの修繕・修理が必要ですが、それでも4年以内に投資元本を上回る家賃収入を得られると考えられます。   こちらもご覧ください ▶︎デトロイト ミシガン州 3ベッドルーム $15,000の物件   物件情報   物件の管理番号 2200091629 物件住所 Detroit, Michigan 48227-3240 物件価格 $15,000 固定資産税 $1,115 タイプ ...

アメリカ不動産 物件情報(US)

ミシガン州インクスター 利回り想定16%超 レンガ造りの3ベッドルーム物件

  購入後、買い手投資家の資金繰りがうまくいかず、再び売りに出されることになった物件。 元の売り手や物件に問題があったわけではありません。   角地のレンガ造りのランチです。 大きなガレージがあり、敷地は完全にフェンスで囲まれています。   想定家賃は$850/月。   物件情報   物件の管理番号 2200021498 物件住所 BARRINGTON, Inkster, Michigan 48141 物件価格 $62,500 固定資産税 $1271 タイ ...

人気コラムTOP5

-コイン, コラム

© 2020 ミライズ(未来図) Powered by AFFINGER5