コイン コラム

コインかバーか シルバーの買い方

貴金属への投資が進んでいます。

 

投資というと「お金を増やすためにやること」というイメージを持たれる方も多いと思います。

 

ETFやつみたてなど金融商品としての購入は別として、金(ゴールド)や銀(シルバー)の現物を購入することは「お金を増やす」というよりも、「守る」といった防衛要素が強いように思います。

 

ゴールド&シルバーを活用した資産保全戦略

続きを見る

 

シルバーの買い方

シルバーの現物を買う場合、コインかバーの選択になると思います。

 

弾丸とか盃(さかずき)とか買う人はいないと思いますし、リングやネックレス、ピアスなどのシルバーアクセサリーはデザインの価値がかなり盛り込まれているので、資産を守るという意味では適していません。

 

 

やっぱり コインかバーが最適と思います。

 

 

シルバー コインとバー どっちがいいか

私がよく利用しているお店で、1oz(=約31.1g)のコインとバーの価格比較をしてみると、

 

2020年11月2日15:26(日本時間)の価格で、

 

  • Canadian Silver Maple Leaf Coin 1oz は $29.83
  • Generic Silver Bars 1oz は $27.65

なので、若干 シルバーバーの方が重さあたりで安く購入できます。

 

もっとも、コインもバーも様々な種類がありますのでこれが全てというわけではなく、都度見比べてみる必要はあります。

 

 

ただ、売却する時に影響するであろう観点を鑑みて、コインのほうがいいと思います。

 

ちなみに、同じようなコインでもかなり価格にばらつきがあります。

 

 

例えば人気のあるpandaとHarry Potter シリーズ は、

  • 2019 Chinese Silver Panda Coin は $33.40
  • 2020 1 oz Fiji Harry Potter Series Harry Potter Silver Coin は $114.57

パンダは30g (1ozは31.1g)、Harry Potter Series Harry Potter Silver Coin は、ギフトボックスとガイド冊子がついています。

 

 

製造元はどこか

買おうとしているコインやバーがどこで作られたものなのかを知っておくことは、とても重要です。

 

例えば日本には貴金属を鋳造している会社は有名どころで

  • 田中貴金属
  • 三菱マテリアル
  • 徳力本店

などがあり、公式国際ブランド企業は上の3社以外に12社あります。

 

これら以外のところが鋳造したシルバーバーやコインは、品質の安定性や信頼性になんとなく劣る気がします。

 

 

自分が売る側に回った時に買い手が考えることを想像すると、やはり信頼できるところが鋳造したものがいいでしょう。

 

 

その点で、アメリカの造幣局が作っているアメリカンイーグルや、カナダの造幣局が作るメイプルリーフはかなり信頼できると思います。

 

ちなみに、日本ではシルバーのバーの現物は、かなり高いかもうすでに買えません。

 

 

純度は? .999と.9999の違いにこだわる

多くのシルバーバーやコインの多くは、銀の含有量が 「.999」と刻印されています。

つまり、重さにおける99.9%が銀ですよ ということです。

 

 

それに対して、カナダのメイプルリーフは「.9999」と刻印されています。

 

99.99%が銀ですよ という意味です。

 

 

ほんのわずかな違いですが、なんとなく99.99%のほうが純度が高いと感じますよね?

 

 

銀に意味があるのであってコインやバーそのものに大きな意味はありません。

 

なので、同じ1ozの中に銀の含有量が 99.9%と99.99%のどっちがいいですか?という選択になります。

 

 

細かい話、99.99%のほうが良いと思います。

 

 

結局 何を買うのが正解?

結局のところ、

  • 製造元が信頼できる・・・政府系
  • 純度が高い・・・メイプルリーフ

という観点から、カナダのメイプルリーフシルバーコインが一番いいと、私は考えています。

 

 

わたしは、こういう感じでできるだけ傷がついたりホコリが刻印の溝に入り込んだりしにくいように、一つ一つケースに入れて保管しています。

 

もちろん、コインに触れるときは白い手袋をして 。

 

 

アメリカ不動産関連記事

アメリカ不動産 コラム

市役所の差し押さえ物件を活かしてアメリカ不動産投資物件を安く購入する

アメリカ不動産について、市役所が税金滞納などにより差し押さえた不動産をオークション出品前に安く買うことができる機会を持つことができそうです。   不動産投資は結局のところ、物件をいかに安く買うかでその結果が決まります。   「差し押さえ」と言われるとなんだかイメージがよくないかも知れませんが、物件を安く買うにはとてもよい方法です。   とは言っても、 しっかりと情報、ノウハウをお伝えした方が良いと思いますので、勉強会を設けました。     ▶ ...

アメリカ不動産 物件情報(US)

デトロイトのウエストサイド レンガ造り 地下室付きの一戸建て 3ベッドルームの物件

  デトロイトのウエストサイドにある3ベッドルーム、レンガ造り、地下室付きの一戸建て物件です。   物件情報 (最終の情報更新日:2020年12月20日) 物件の管理番号 2200101009 物件住所 WARWICK StreetDetroit, Michigan 48223-3410 物件価格 $25,000 固定資産税 $1,241 タイプ Residential 建物敷地面積 0.10 Acres(404.69m2) 延べ床面積 1,296 Finished Sqft(117. ...

アメリカ不動産 コラム

不動産投資の成否を握る物件修理のパートナー

アメリカ不動産投資にも必ず「取得物件を修理する」必要が出てきます。   どんな物件を購入したとしても必ず修理が必要となりますが、修理を信頼して任せられる業者との出会いが、アメリカ不動産投資の成否を握ると言っても言い過ぎではありません。     ただ、「仕事の品質」を見るときは、何回か依頼してみないとわかりません。     だから、よくグーグル広告などに出てくる「アメリカ不動産投資業者」を通じて 物件、修理、申請、その他もろもろがパッケージになったものを買う ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産投資の要は修理業者

不動産投資というといかにして優良な物件を仕入れ、優良な入居者に出会うかを重視しそこに重点をおいてしまいがちえす。   もちろんそれらはとても重要で軽視していいものではないですが、それと同等以上に重視すべきことがあります。     それは、修理・修繕をやってくれる会社(業者)の選定と付き合いです。   不動産投資において物件選びは非常に重要ですが、それと同等以上に修理業者の存在は重要です。投資成否を左右するのは修理業者であると言っても過言ではありません。   ...

アメリカ不動産 コラム

国民性を理解することは不動産投資の基本

アメリカ不動産に取り組むのは、インカムゲインでの利回りに偏りがちな日本と比べてキャピタルゲインもしっかり期待できるアメリカの方が、投資として魅力的と感じるからです。   ただ、日本の不動産賃貸経営とアメリカのそれを単純に比較すると、日本人として納得できないことや信じられなことが起こるのも実際のところ。     退去時に起こること 日本で主に日本人ばかりを相手にしている賃貸経営だとなかなか理解しづらいですが、アメリカでは何かをきっかけに家賃の支払いをやめてしまう入居者が、少なく ...

人気コラムTOP5

-コイン, コラム

© since2020 LLC MIRAIS