コイン コラム

コインかバーか シルバーの買い方

貴金属への投資が進んでいます。

 

投資というと「お金を増やすためにやること」というイメージを持たれる方も多いと思います。

 

ETFやつみたてなど金融商品としての購入は別として、金(ゴールド)や銀(シルバー)の現物を購入することは「お金を増やす」というよりも、「守る」といった防衛要素が強いように思います。

 

ゴールド&シルバーを活用した資産保全戦略

続きを見る

 

シルバーの買い方

シルバーの現物を買う場合、コインかバーの選択になると思います。

 

弾丸とか盃(さかずき)とか買う人はいないと思いますし、リングやネックレス、ピアスなどのシルバーアクセサリーはデザインの価値がかなり盛り込まれているので、資産を守るという意味では適していません。

 

 

やっぱり コインかバーが最適と思います。

 

 

シルバー コインとバー どっちがいいか

私がよく利用しているお店で、1oz(=約31.1g)のコインとバーの価格比較をしてみると、

 

2020年11月2日15:26(日本時間)の価格で、

 

  • Canadian Silver Maple Leaf Coin 1oz は $29.83
  • Generic Silver Bars 1oz は $27.65

なので、若干 シルバーバーの方が重さあたりで安く購入できます。

 

もっとも、コインもバーも様々な種類がありますのでこれが全てというわけではなく、都度見比べてみる必要はあります。

 

 

ただ、売却する時に影響するであろう観点を鑑みて、コインのほうがいいと思います。

 

ちなみに、同じようなコインでもかなり価格にばらつきがあります。

 

 

例えば人気のあるpandaとHarry Potter シリーズ は、

  • 2019 Chinese Silver Panda Coin は $33.40
  • 2020 1 oz Fiji Harry Potter Series Harry Potter Silver Coin は $114.57

パンダは30g (1ozは31.1g)、Harry Potter Series Harry Potter Silver Coin は、ギフトボックスとガイド冊子がついています。

 

 

製造元はどこか

買おうとしているコインやバーがどこで作られたものなのかを知っておくことは、とても重要です。

 

例えば日本には貴金属を鋳造している会社は有名どころで

  • 田中貴金属
  • 三菱マテリアル
  • 徳力本店

などがあり、公式国際ブランド企業は上の3社以外に12社あります。

 

これら以外のところが鋳造したシルバーバーやコインは、品質の安定性や信頼性になんとなく劣る気がします。

 

 

自分が売る側に回った時に買い手が考えることを想像すると、やはり信頼できるところが鋳造したものがいいでしょう。

 

 

その点で、アメリカの造幣局が作っているアメリカンイーグルや、カナダの造幣局が作るメイプルリーフはかなり信頼できると思います。

 

ちなみに、日本ではシルバーのバーの現物は、かなり高いかもうすでに買えません。

 

 

純度は? .999と.9999の違いにこだわる

多くのシルバーバーやコインの多くは、銀の含有量が 「.999」と刻印されています。

つまり、重さにおける99.9%が銀ですよ ということです。

 

 

それに対して、カナダのメイプルリーフは「.9999」と刻印されています。

 

99.99%が銀ですよ という意味です。

 

 

ほんのわずかな違いですが、なんとなく99.99%のほうが純度が高いと感じますよね?

 

 

銀に意味があるのであってコインやバーそのものに大きな意味はありません。

 

なので、同じ1ozの中に銀の含有量が 99.9%と99.99%のどっちがいいですか?という選択になります。

 

 

細かい話、99.99%のほうが良いと思います。

 

 

結局 何を買うのが正解?

結局のところ、

  • 製造元が信頼できる・・・政府系
  • 純度が高い・・・メイプルリーフ

という観点から、カナダのメイプルリーフシルバーコインが一番いいと、私は考えています。

 

 

わたしは、こういう感じでできるだけ傷がついたりホコリが刻印の溝に入り込んだりしにくいように、一つ一つケースに入れて保管しています。

 

もちろん、コインに触れるときは白い手袋をして 。

 

 

アメリカ不動産関連記事

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産は高い 投資効率が悪いからやめておいた方がいいらしい

投資に興味を持ってよく調べ、学ばれている方ほど、   「米国はバブル。そんな中 すっかり高くなっている不動産を買うのはどうなの・・・?」   といったことを言われます。     バブルかどうかはともかく、 米国の株式、不動産、それだけでなく普段の生活コストも上がっているのは確かです。   実際、年収1200万円相当レベルでも普通かむしろ貧困層だという話を聞いたり、朝食のコーヒーとサンドウィッチが普通に2000円超えるレベル・・・ という話も聞きます。 &n ...

アメリカ不動産 コラム

差し押さえ物件をオークション出品前に購入して短期で売却する投資法

税金滞納などで差し押さえられた不動産を、市がオークションに出す前に購入できる機会。   約130軒の中から選んで買うことができます。   その具体的な方法は先日の勉強会でお伝えしました。     ざっくりまとめると、 対象の市は ミシガン州のデトロイト大都市圏を構成する街。   その市は人口約2万人。 白人が7割超で住民平均年齢は30代後半。   世帯年収は平均約8万ドルとのことなので、ミシガン州の中では標準あるいは少し上といった感じ。 &nbs ...

アメリカ不動産 コラム 勉強会

アメリカ不動産の醍醐味を味わう2021年最初のチャンス

もう募集は終わりましたが、 3月20日<大阪>・3月21日<東京>で、アメリカ不動産を有利に買う方法と比較的少資金でもそこそこのキャピタルゲインを得ることができる方法をお伝えする勉強会を実施知るのですが。。。   ▶︎ アメリカ不動産投資勉強情報共有会   冒頭、募集は終わったと書きましたが、ご興味ある方は 私のfacebook か 問い合わせフォーム からご連絡ください。   もくじ やっぱりアメリカ合衆国を基本に2021年最初のチャンス情報をもとに試算してみ ...

アメリカ不動産 コラム 勉強会

アメリカ不動産投資成功の秘訣!差し押さえ物件を安く買う情報共有勉強会(3月20日・21日)

時々 勉強会を開催しています。   今回は、税金滞納などで市役所が差し押さえた物件を安く買える機会が得られるので、その情報やノウハウをお伝えする勉強会です。   3月20日(土):大阪 西梅田駅から徒歩5〜6分 3月21日(日):東京 新宿3丁目駅から徒歩2〜3分   のところで、いずれも13:30ごろから16:00ごろにかけて行います。   詳しくは こちら ▶︎ もっとも有利な物件購入方法をお伝えするアメリカ不動産投資情報共有勉強会    ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産投資をするなら知っておくべき家賃を滞納する人の対処方法

アメリカ不動産投資、賃貸業をやっていると必ずといっていいほど起こる問題に、家賃滞納があります。   入居者が家賃を払わなくなる理由はさまざまで、正直「なにそれ・・・?」というものをあります。   例えば、修理したところに対して 「オレならここはこう修理する。直してくれるまで家賃は払わない」 といったこともあります。   そんな言い訳が通るわけがない、入居者が間違っている・・・と言っても家賃滞納の口実を与えて終わないよう、管理会社などと協力してきちんと対処する必要があります。 ...

人気コラムTOP5

-コイン, コラム

© since2020 LLC MIRAIS