アメリカ不動産 コラム

家賃を払わなくなる理由

2020年10月29日

当然ですが、入居者に家賃を払っていただいてこそ、不動産投資が成り立ちます。

 

入居してからしばらくは遅れることもなくしっかりと期日通りに家賃を払ってくれる入居者も、次第に遅れたり払ってくれなくなることがあります。

 

 

その原因は、なんでしょうか・・・?

 

 

 

入居者が家賃を払ってくれなくなる理由

家賃滞納を続ければ、最終的には法の力を使って強制退去させることになります。

 

そして、裁判で家賃を滞納した人がいう「決まり文句」のようなものがあります。

 

 

それが

「大家が物件をきちんと修理してくれないから、家賃を払わない」

 

というものです。

 

 

そんな言い訳が通るわけがない、入居者が間違っている・・・と言っても、修理・修繕が不十分な物件や入居後に依頼された修理を蔑ろにすることは、家賃滞納の口実を与えてしまいます。

 

 

アメリカ不動産投資で大切なこと

アメリカ不動産投資の魅力は、比較的低予算でも時期が良ければそれなりにいい物件を手に入れることができ、しかもきちんと管理していけば、数年後の不動産物件高騰局面でキャピタルゲインをしっかりと期待できることにあります。

 

低予算で物件を購入すれば当然築古物件となりますので、修繕が必要になります。

 

 

投資家としてはできるだけ修理・修繕費用を低く抑えて利回りをあげたいものです。

 

入居者が入る前に検査がありますので、それをパスする程度の修理・修繕は最低限必要ですが、(投資家目線で)無駄な費用はできるだけかけたくないもの。

 

ですが、遠隔で不動産投資を行う日本人のアメリカ不動産投資家にとって、家賃滞納などでのトラブルはできるだけ避けたいものです。

 

 

ということは、入居者にとって不都合や不満がない程度には、しっかりと修繕をした方が様々なリスクや面倒を防ぐことになります。

 

 

できるだけ安く修理する

修理・修繕は安く・・・ と言っても自分でDIYするわけにいきません。

 

なので、技術的にも値段的にも納得のできるいい修理業者とおつきあいすることが大切です。

 

 

わたしが取引している業者は、修理・修繕で使用する物品をできるだけ統一し、同じ材料を使用しスケールメリットを活用して値段を抑えることを、しっかりとやってくれます。

 

投資家としていくつもの業者と付き合うのではなく、しっかりとやってくれる業者に複数物件を任せて信用を築き、投資家としてその業者に信用されるような付き合い方をしていかないといけません。

 

物件の修繕の程度は不動産経営に大きな影響を与え、トータルの利回りにも手間にも大きく影響しますし、しっかりと修繕された綺麗な物件だと入居者も付きやすく、家賃も相場よりも少し高めに設定できます。

 

 

投資額を低く抑え、リターンを大きくしたいのは当然のこと。

だからといって、ケチってはいけないところをケチっってしまうと結局のところ手間がかかり、「やっぱり不動産なんて対して儲からない・・・」となりがちです

 

 

アメリカ不動産関連記事

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産は高い 投資効率が悪いからやめておいた方がいいらしい

投資に興味を持ってよく調べ、学ばれている方ほど、   「米国はバブル。そんな中 すっかり高くなっている不動産を買うのはどうなの・・・?」   といったことを言われます。     バブルかどうかはともかく、 米国の株式、不動産、それだけでなく普段の生活コストも上がっているのは確かです。   実際、年収1200万円相当レベルでも普通かむしろ貧困層だという話を聞いたり、朝食のコーヒーとサンドウィッチが普通に2000円超えるレベル・・・ という話も聞きます。 &n ...

アメリカ不動産 コラム

差し押さえ物件をオークション出品前に購入して短期で売却する投資法

税金滞納などで差し押さえられた不動産を、市がオークションに出す前に購入できる機会。   約130軒の中から選んで買うことができます。   その具体的な方法は先日の勉強会でお伝えしました。     ざっくりまとめると、 対象の市は ミシガン州のデトロイト大都市圏を構成する街。   その市は人口約2万人。 白人が7割超で住民平均年齢は30代後半。   世帯年収は平均約8万ドルとのことなので、ミシガン州の中では標準あるいは少し上といった感じ。 &nbs ...

アメリカ不動産 コラム 勉強会

アメリカ不動産の醍醐味を味わう2021年最初のチャンス

もう募集は終わりましたが、 3月20日<大阪>・3月21日<東京>で、アメリカ不動産を有利に買う方法と比較的少資金でもそこそこのキャピタルゲインを得ることができる方法をお伝えする勉強会を実施知るのですが。。。   ▶︎ アメリカ不動産投資勉強情報共有会   冒頭、募集は終わったと書きましたが、ご興味ある方は 私のfacebook か 問い合わせフォーム からご連絡ください。   もくじ やっぱりアメリカ合衆国を基本に2021年最初のチャンス情報をもとに試算してみ ...

アメリカ不動産 コラム 勉強会

アメリカ不動産投資成功の秘訣!差し押さえ物件を安く買う情報共有勉強会(3月20日・21日)

時々 勉強会を開催しています。   今回は、税金滞納などで市役所が差し押さえた物件を安く買える機会が得られるので、その情報やノウハウをお伝えする勉強会です。   3月20日(土):大阪 西梅田駅から徒歩5〜6分 3月21日(日):東京 新宿3丁目駅から徒歩2〜3分   のところで、いずれも13:30ごろから16:00ごろにかけて行います。   詳しくは こちら ▶︎ もっとも有利な物件購入方法をお伝えするアメリカ不動産投資情報共有勉強会    ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産投資をするなら知っておくべき家賃を滞納する人の対処方法

アメリカ不動産投資、賃貸業をやっていると必ずといっていいほど起こる問題に、家賃滞納があります。   入居者が家賃を払わなくなる理由はさまざまで、正直「なにそれ・・・?」というものをあります。   例えば、修理したところに対して 「オレならここはこう修理する。直してくれるまで家賃は払わない」 といったこともあります。   そんな言い訳が通るわけがない、入居者が間違っている・・・と言っても家賃滞納の口実を与えて終わないよう、管理会社などと協力してきちんと対処する必要があります。 ...

人気コラムTOP5

-アメリカ不動産, コラム

© since2020 LLC MIRAIS