コイン コラム

ますます入手困難になるかもしれないシルバー

日本では金(ゴールド)の価格上昇にばかり目が行きがちです。

 

情報番組などで取り上げられる「買取店」などへの取材も、

「金が高騰しているから売り時です!」といったようなものや、「昔付き合っていた人からもらったK18のリングが思った以上に値がついた!」と喜んでいる女性のものが多くなっている印象です。

 

 

あまり、シルバーが高騰し始めていることは、報道されません。

 

 

そんななか、先日10月13日からアメリカ造幣局(United States Mint)は、アメリカンイーグルコインなど一部のシルバー製品の価格を再設定すると発表していました。

 

「再設定」とは、値上げするという意味です。

 

 

もっとも今回は、流通量が多くないコレクター向けの製品を値上げの対象としていますが、これはいずれ、他のシルバー製品にも波及してくるはずです。

 

なぜなら、日本ではあまり知られていなくても世界ではシルバーの枯渇が心配されていて、今後 高騰していくだろうと言われているからです。

 

 

実際、今回のUnited States Mint の発表も、

コストの上昇のため、同じ品質を維持するためにどうしても再設定が必要となった

とされています。

 

 

シルバーが枯渇するかもしれないその理由

シルバーは銀貨、つまりお金として以外にも、その使用用途は多岐に渡ります。

 

例えば、太陽光パネルの製造には欠かせませんし、スマホやパソコンにも相当な量が使われています。

 

また、ミサイルなど戦争の道具にも使われていて、それらのために国が優先してシルバーを調達するため、一般の人に渡る量は限られます。

 

 

また、ゴールドと違い比較的地表表面で採掘できるため、埋蔵量が多くないにもかかわらず容易く掘り尽くされてしまうそうです。

 

 

よく、電化製品のリサイクルが進むと使われていた金属が回収できるため、それらは採掘するよりも低コストなため価格上昇はしない・・・などと言われることがありますが、実際は、それらリサイクルから回収するためのコストは、1オンスあたり250ドルほどかかるそう。

 

現在、シルバーは1オンスあたり25ドルほどですから、約10倍になってもおかしくなはいことになります。

 

 

ますます高騰する?

シルバーはここ1年で大幅に価格上昇しました。

2019年10月25日あたりは1オンスあたり16ドルほどでしたが、今は25ドルほどです。

 

 

世界的な金融緩和によるリスクヘッジのために世界の富裕層がゴールドやシルバーを買い集めていることや、ゴールドだけが異常に高騰したため歴史的にみたゴールドとシルバーの価格バランスが崩れていますが、その調整のため、そして現在のような裏付けに乏しいい紙幣発行システムから、本来あるべき姿の「金本位制」に戻そうという動きをみても、貴金属、とりわけシルバーの価格上昇はもはや既定路線と言えると思います。

 

 

ただ、慌てて買い集める必要はありません。

 

なぜなら、政府が必要とする量を買い集めるため、大きな価格上昇はないでしょう。

それはつまり、価格調整されているのではないか・・・ という疑いを少し持っているわけですが、実際に大手金融機関の関係者がその疑いでつかまり、その勤め先は罰金を払わされています。

(参考:ETFより現物を買った方がいい理由

 

ゆっくりと、長期目線で全資産の5%を超えない範囲程度で、現金資産をシルバーなど貴金属に交換していくのがいいと思います。

 

そして、どうせ買うなら、品質が良く人気もある、カナディアンメイプルシルバーのコインがよいと思います。

 

人気があり流通量が多いということは、それだけ流動性・換金性に優れているとも言えますので。

 

アメリカ不動産関連記事

アメリカ不動産 コラム

市役所の差し押さえ物件を活かしてアメリカ不動産投資物件を安く購入する

アメリカ不動産について、市役所が税金滞納などにより差し押さえた不動産をオークション出品前に安く買うことができる機会を持つことができそうです。   不動産投資は結局のところ、物件をいかに安く買うかでその結果が決まります。   「差し押さえ」と言われるとなんだかイメージがよくないかも知れませんが、物件を安く買うにはとてもよい方法です。   とは言っても、 しっかりと情報、ノウハウをお伝えした方が良いと思いますので、勉強会を設けました。     ▶ ...

アメリカ不動産 物件情報(US)

デトロイトのウエストサイド レンガ造り 地下室付きの一戸建て 3ベッドルームの物件

  デトロイトのウエストサイドにある3ベッドルーム、レンガ造り、地下室付きの一戸建て物件です。   物件情報 (最終の情報更新日:2020年12月20日) 物件の管理番号 2200101009 物件住所 WARWICK StreetDetroit, Michigan 48223-3410 物件価格 $25,000 固定資産税 $1,241 タイプ Residential 建物敷地面積 0.10 Acres(404.69m2) 延べ床面積 1,296 Finished Sqft(117. ...

アメリカ不動産 コラム

不動産投資の成否を握る物件修理のパートナー

アメリカ不動産投資にも必ず「取得物件を修理する」必要が出てきます。   どんな物件を購入したとしても必ず修理が必要となりますが、修理を信頼して任せられる業者との出会いが、アメリカ不動産投資の成否を握ると言っても言い過ぎではありません。     ただ、「仕事の品質」を見るときは、何回か依頼してみないとわかりません。     だから、よくグーグル広告などに出てくる「アメリカ不動産投資業者」を通じて 物件、修理、申請、その他もろもろがパッケージになったものを買う ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産投資の要は修理業者

不動産投資というといかにして優良な物件を仕入れ、優良な入居者に出会うかを重視しそこに重点をおいてしまいがちえす。   もちろんそれらはとても重要で軽視していいものではないですが、それと同等以上に重視すべきことがあります。     それは、修理・修繕をやってくれる会社(業者)の選定と付き合いです。   不動産投資において物件選びは非常に重要ですが、それと同等以上に修理業者の存在は重要です。投資成否を左右するのは修理業者であると言っても過言ではありません。   ...

アメリカ不動産 コラム

国民性を理解することは不動産投資の基本

アメリカ不動産に取り組むのは、インカムゲインでの利回りに偏りがちな日本と比べてキャピタルゲインもしっかり期待できるアメリカの方が、投資として魅力的と感じるからです。   ただ、日本の不動産賃貸経営とアメリカのそれを単純に比較すると、日本人として納得できないことや信じられなことが起こるのも実際のところ。     退去時に起こること 日本で主に日本人ばかりを相手にしている賃貸経営だとなかなか理解しづらいですが、アメリカでは何かをきっかけに家賃の支払いをやめてしまう入居者が、少なく ...

人気コラムTOP5

-コイン, コラム

© since2020 LLC MIRAIS