アメリカ不動産 コラム

デトロイトは今でも荒廃した街か

わたしたち世代(1970年前後から80年代前半くらい生まれの世代)には、アメリカのデトロイトは自動車産業の街という印象がとても強いです。

 

そしてまた、2013年、財政破綻した街としても有名です。

 

2008〜2009年にかけてのリーマンショックで、デトロイト市民の失業率は28%を超えました。

自動車産業は大きく影響を受け、その後、デトロイトの街自体が破綻してしまったのです。

 

でもそんな中、ごく一部の先見の明がある人たちは、大きく下落した不動産を買い進めました。

 

みんなが先行きを不安視し投げ売りしている最悪と思われる時に、勇気を持って買い進めたわけです。

 

ここ最近、デトロイトはスタートアップ企業が数多く立ちあがり、またそれらを積極的にサポートする政策で、かつてとは違う繁栄を見せ始めています。

 

街を歩けば、荒廃したビルは取り壊されて新築のオフィスビルやアパートメントハウスが建ち、数多くの再開発計画もあることがわかります。

 

かつては自動車工場の製造ラインに従事していた人が多かったこの街にも、白人たちが住むようになりました。

 

Uberの参入で移動が便利になり、ウォーターフロントで再開発が興り、ダウンタウンから北上したニューセンターという地域には、テック系のスタートアップだけでなく、コミュニティベースの起業家が増え、それらに伴ってデトロイトの人工流出は歯止めがかかっています。

 

街が破綻、荒廃した時に安く不動産を買った人たちは、今、その価値がグングンと高まっていることを実感しています。

 

かつての悲惨な落ち込みはなかったかのように、急速な発展を遂げるデトロイト。

 

 

これに象徴されるように、アメリカでは不動産価格が一時期落ち込んだとしても、その時期に不動産を勇気を出して買って長く持てば、かなりの確率で成功できます。

 

なぜなら、アメリカは今でも人口が増え続け経済成長が続いている国で、過去からの歴史を見ても落ち込みと発展のサイクルが一定のリズムでやってくる国だからです。

 

 

今は、コロナなどの影響で、不動産価格は落ち込み途中。

もう少し先かもしれませんが、絶好の買い場を迎えようとしています。

 

 

今このタイミングで次のアクションのために情報収集しておくことは、無駄にはなりません。

 

今後も人口が増え、経済成長や発展が見込まれるアメリカ。

 

そのアメリカの不動産は日本のそれと比べて、インカムゲインはもちろん古くなってもキャピタルゲインを見込めます。

 

ブログには書けないアメリカ不動産についての情報をお届けするメルマガへのご登録はこちらから ▶︎ https://mail.os7.biz/add/4cdz

アメリカ不動産関連記事

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産投資の要は修理業者

不動産投資というといかにして優良な物件を仕入れ、優良な入居者に出会うかを重視しそこに重点をおいてしまいがちえす。   もちろんそれらはとても重要で軽視していいものではないですが、それと同等以上に重視すべきことがあります。     それは、修理・修繕をやってくれる会社(業者)の選定と付き合いです。   不動産投資において物件選びは非常に重要ですが、それと同等以上に修理業者の存在は重要です。投資成否を左右するのは修理業者であると言っても過言ではありません。   ...

アメリカ不動産 コラム

国民性を理解することは不動産投資の基本

アメリカ不動産に取り組むのは、インカムゲインでの利回りに偏りがちな日本と比べてキャピタルゲインもしっかり期待できるアメリカの方が、投資として魅力的と感じるからです。   ただ、日本の不動産賃貸経営とアメリカのそれを単純に比較すると、日本人として納得できないことや信じられなことが起こるのも実際のところ。     退去時に起こること 日本で主に日本人ばかりを相手にしている賃貸経営だとなかなか理解しづらいですが、アメリカでは何かをきっかけに家賃の支払いをやめてしまう入居者が、少なく ...

アメリカ不動産 コイン コラム

不動産は売り時 シルバーは最後の買い時か

コロナの影響などで、アメリカ経済はヤバイ・・・ だから不動産価格は下落する・・・   そんな話を聞いていたのですが、現状はまだまだ下落局面というよりは現状維持か都市によってはやや上昇しているとのこと。     この状況でなぜ・・・? と思いますが、およそ10年前に起こったリーマンショックと同じ構造です。     つまり、本来 住宅ローンの審査を通してはいけない人にも割と緩い審査で通しているようで、無職なのに審査が通ったという話も聞いています。   ...

アメリカ不動産 物件情報(US)

ミシガン州デトロイト 1927年築 投資の入り口物件としてぴったり!

  初めて不動産投資をする人にとって素晴らしい投資物件になり得ます。 少ししっかりめの修繕・修理が必要ですが、それでも4年以内に投資元本を上回る家賃収入を得られると考えられます。   こちらもご覧ください ▶︎デトロイト ミシガン州 3ベッドルーム $15,000の物件   物件情報   物件の管理番号 2200091629 物件住所 Detroit, Michigan 48227-3240 物件価格 $15,000 固定資産税 $1,115 タイプ ...

アメリカ不動産 物件情報(US)

ミシガン州インクスター 利回り想定16%超 レンガ造りの3ベッドルーム物件

  購入後、買い手投資家の資金繰りがうまくいかず、再び売りに出されることになった物件。 元の売り手や物件に問題があったわけではありません。   角地のレンガ造りのランチです。 大きなガレージがあり、敷地は完全にフェンスで囲まれています。   想定家賃は$850/月。   物件情報   物件の管理番号 2200021498 物件住所 BARRINGTON, Inkster, Michigan 48141 物件価格 $62,500 固定資産税 $1271 タイ ...

人気コラムTOP5

-アメリカ不動産, コラム

© 2020 ミライズ(未来図) Powered by AFFINGER5