アメリカ不動産 コラム

2021年早々にもアメリカ不動産は暴落へ!?

ヨーロッパでは再びコロナウイルスの大流行で、罰則・罰金付きの外出禁止令が出されたりしています。

 

アメリカはまもなく大統領選挙。

 

日本に入ってくるニュースは大統領選挙に絡むものがほとんどです。

 

でもその裏でじわじわと、今後 アメリカ経済に打撃を与えそうなものが広がっています。

 

 

それは、失業。

 

 

何度も書いていますが、アメリカは日本よりも遥かに職を失いやすい国。

 

そういう労働環境にあります。

 

 

毎週、およそ90万人が職を失っているとのこと。

 

その中には比較的早い段階で再就職している人もいます。

でも、失業保険と国・政府からの給付金がなければ食べていくこともままならないという人も大勢います。

 

 

支援がないと食べていけない人は、同時に住む家を失う可能性があります。

 

なぜなら、日本人の感覚では「なんで?」と思うくらい、多くのローンを抱えて家を購入している場合が多いからです。

 

 

すでに、約600万人が住宅ローンの支払いを一時ストップしているということも聞きます。

 

 

再び支払いを開始できなければ・・・

 

また、借り換えができなければ、自宅を失うことになります。

 

 

来年早々あたりから、ローンの支払いができなくなって金融機関に、あるいは 固定資産税の支払いができなくなって州政府に差し押さえられた不動産で溢れ返るという人もいます。

 

 

差し押さえられた不動産を「フォークロージャー」といいますが、これらは相場よりも非常に安く変える場合が多いため、投資家にとってはチャンスと言えます。

 

デメリットさえうまく克服できればメリットの大きいフォークロージャーの活用

続きを見る

 

 

ただ、払えなくて手放さざるを得ないくらいですから、差し押さえ物件は大規模な修理・修繕が必要な場合がほとんどです。

 

 

慣れていない人がみると、ギョッとするような物件もありますが、業者はこういう物件を買って修繕し販売しますので、修繕済みの物件を買うということは物件を高く買うということですから、利回りは悪くなります。

 

ボロボロの物件を買って、自分で業者に修繕を発注したほうが初期投資は低く抑えられますので、利回りと将来のキャピタルゲインは大きくなります。

 

 

ただ、いきなり自分でアメリカの修理業者にコンタクトを取るのも難しいと思います。

 

物件探しとともに修理業者、管理会社をまとめてご案内することも可能です。

 

 

ぜひ、これから先 しばらくの間のチャンス期間を活かして、アメリカ不動産で資産構築を進めていただけたらと思います。

 

 

アメリカ不動産関連記事

アメリカ不動産 物件情報(US)

デトロイトのウエストサイド レンガ造り 地下室付きの一戸建て 3ベッドルームの物件

  デトロイトのウエストサイドにある3ベッドルーム、レンガ造り、地下室付きの一戸建て物件です。   物件情報 (最終の情報更新日:2020年12月20日) 物件の管理番号 2200101009 物件住所 WARWICK StreetDetroit, Michigan 48223-3410 物件価格 $25,000 固定資産税 $1,241 タイプ Residential 建物敷地面積 0.10 Acres(404.69m2) 延べ床面積 1,296 Finished Sqft(117. ...

アメリカ不動産 コラム

不動産投資の成否を握る物件修理のパートナー

アメリカ不動産投資にも必ず「取得物件を修理する」必要が出てきます。   どんな物件を購入したとしても必ず修理が必要となりますが、修理を信頼して任せられる業者との出会いが、アメリカ不動産投資の成否を握ると言っても言い過ぎではありません。     ただ、「仕事の品質」を見るときは、何回か依頼してみないとわかりません。     だから、よくグーグル広告などに出てくる「アメリカ不動産投資業者」を通じて 物件、修理、申請、その他もろもろがパッケージになったものを買う ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産投資の要は修理業者

不動産投資というといかにして優良な物件を仕入れ、優良な入居者に出会うかを重視しそこに重点をおいてしまいがちえす。   もちろんそれらはとても重要で軽視していいものではないですが、それと同等以上に重視すべきことがあります。     それは、修理・修繕をやってくれる会社(業者)の選定と付き合いです。   不動産投資において物件選びは非常に重要ですが、それと同等以上に修理業者の存在は重要です。投資成否を左右するのは修理業者であると言っても過言ではありません。   ...

アメリカ不動産 コラム

国民性を理解することは不動産投資の基本

アメリカ不動産に取り組むのは、インカムゲインでの利回りに偏りがちな日本と比べてキャピタルゲインもしっかり期待できるアメリカの方が、投資として魅力的と感じるからです。   ただ、日本の不動産賃貸経営とアメリカのそれを単純に比較すると、日本人として納得できないことや信じられなことが起こるのも実際のところ。     退去時に起こること 日本で主に日本人ばかりを相手にしている賃貸経営だとなかなか理解しづらいですが、アメリカでは何かをきっかけに家賃の支払いをやめてしまう入居者が、少なく ...

アメリカ不動産 コイン コラム

不動産は売り時 シルバーは最後の買い時か

コロナの影響などで、アメリカ経済はヤバイ・・・ だから不動産価格は下落する・・・   そんな話を聞いていたのですが、現状はまだまだ下落局面というよりは現状維持か都市によってはやや上昇しているとのこと。     この状況でなぜ・・・? と思いますが、およそ10年前に起こったリーマンショックと同じ構造です。     つまり、本来 住宅ローンの審査を通してはいけない人にも割と緩い審査で通しているようで、無職なのに審査が通ったという話も聞いています。   ...

人気コラムTOP5

-アメリカ不動産, コラム

© 2021 ミライズ(未来図)