コラム

変化する旅のスタイルにマッチする新たな不動産の活用

暮らすように過ごして楽しむ

ここ数年で、日本に来る外国人の方が本当に多くなりました。

 

これはひとえに日本が安くなって・・・

いや、もともと日本が持っていた魅力がSNSをはじめとする個人メディアや口コミで世界に広がって、興味を持ってくれる人が多くなったってことですよね。

 

そして、日本よりも諸外国が成長し、旅人にとって相対的に日本のコスパがよくなったこともあります。

 

空き家・空室・使われない不動産は日本の貴重な資源

特に周辺の国との歴史的、文化的背景や経済的、外交的駆け引きさておき、個人レベルでは世界中の人々と仲良くできたらいいなと思っております。

 

これからも空き家、空室が増えていく日本。

 

それを活かして、極めて日本的な「宿泊体験」ができる宿泊施設が増えている気がします。

例えば、京都には少しの間に驚くほど「古民家風宿泊施設」が増えました。

それは必ずしも「旅館やホテル」ではなく「短期賃貸」の形を取っていたり、「短期ホームステイ」のようなものだったり。。。

 

あえて「古民家風」じゃなくても法律やマナー、モラルを守ることを前提に、安全、清潔で、ある程度快適に寝泊まりができれば、一般的なマンションやアパートに宿泊・滞在することは、外国人にとってそれはそのまま「日本体験」です。

 

中には、本当にラグジュアリーなマンションの一室に泊まれるところもあるようで、借りた気分でステイ。

調理器具や食器はもちろん、トースターや かまど焚きできる炊飯器、アンバサダーなコーヒーマシンがあって、頼んでおけばハウスキーピングの方が希望の時間に合わせて食事の用意や後片付けまでしてくれるサービスがあるところも・・・

 

不動産を所有してそれを活かして旅する?

日本好きの外国人(特に富裕層)の方々は、年に2〜3回日本にやってきて1週間から10日ほど滞在し、深く日本を味わって行きます。

多様化する旅のスタイルに、今後増えていく空き家がマッチするのかもしれません。

空き家、空室の活かし方を考えていると、とても楽しい気分になります^^

 

実は、日本人がなかなか買わない不動産でも、仕組みを作ることにより、日本好きの外国の方に利用してもらうことが可能です。

 

しかも、日本の建築は高品質で低価格。

利用権を活かして他の不動産を宿泊施設がわりに使ってもらいながら日本を旅してもらうと言うことも、できるんです。

 

これ、今 不動産を持っている方はもちろんのこと、今は不動産を持っていないけど・・・ と言う方にもメリットのあるお話になり得ます。

 

どんな活かし方ができるか・・・

どんなメリットがあるか・・・

 

それは、社員権を持った方に情報共有しています。

 

社員権とは

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産投資でよく陥る要注意ポイント

アメリカの不動産売買では、クライアントにメリットが大きいように売り手側と書いて側それぞれにエージェントが付き、交渉する場合がほとんどです。   エージェントのタイプや得意とするところ、経験や人柄によって、その成果は全く異なったものとなります。     よくある誤解 不動産投資物件を購入するにあたりエージェントをつけることは普通のことですが、エージェントが不動産に精通したプロであるかどうかは、わかりません。   確かにエージェントとしてやるべきことの知識はありますが、 ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産投資の成否を分ける要素

アメリカの不動産を活用した投資でうまくいくタイプを、下の記事で書かせていただきました。   投資においてだけでなくなんでもそうだと思いますが、大切なのは自分自身の「あり方」であり言い換えれば「器」だと思います。     それを踏まえた上で、 ここではアメリカ不動産投資において「うまくいくための要素」について、書きたいと思います。     物件の購入価格 当たり前すぎることですが、物件の購入価格は重要な要素です。   ですが、残念なことに現地ではそ ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産投資でうまくいく人

アメリカ不動産を活用した投資でうまくいくコツは、適切な時期に適切な不動産を購入し、適切な時期に売ることです。   まさに「安く買って高く売る」ことですが、もっと大切なことがあります。   それは、「マインド」とか「考え方」という、一見すると非論理的、非科学的で極めて感情的なものですが、そのうちのいくつかをご紹介します。     ストレスを溜め込みやすい人は注意 購入した不動産への入居者を募る場合、特に経済が低迷している時は「属性のいい人」を見つけるのが大変な場合があ ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産で資産を構築する方法の一例

学生のとき留学していたアメリカ・シアトルで借りていたアパートの賃料が、なんと3倍近く上がってるんです!   という話を、ミライズの社員メンバーから聞きました。   日本では30年と比較して家賃が3倍にもなる物件は、ほとんどないと思います。     アメリカ不動産の特徴とメリット 30年で家賃が3倍になる例は、アメリカではそんなに珍しいことではありません。   なぜなら、アメリカは人口、若者も増えており、経済的にも成長を続けています。   また、F ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産投資を始める人にとって一番やりやすい方法

新型コロナウイルス蔓延のせいもあり、アメリカも経済危機に瀕しています。   今も失業や倒産は出ていますが、これからますます増えその影響はより顕在化していくでしょう。     でもその反面、アメリカ不動産は価格が下がり、まさにバーゲンセールが始まろうとしてます。   稀に見る アメリカ不動産投資に参入するチャンスなわけで、長期目線で取り組める人であればかなりの高確率で将来の経済的な安定と自由のための資産構築ができるのではないかと思います。     ...

-コラム

© 2020 ミライズ(未来図) Powered by AFFINGER5