アメリカ不動産 コラム

嫌がらせにも負けない不動産投資家としての自覚を持ちましょう!

アメリカではほとんどの州・市で、賃貸不動産の検査をする仕組みがあります。

 

賃貸用不動産を購入した後、入居者を入れる前に検査を受け、市の定めた賃貸に不動産であることを確認してもらうシステムです。

 

 

これは、建前上 入居者にとって一定の基準以上の住居で生活をしてもらうために行うものですが、残念ながら必ずしも公平・平等に査定・検査してくれるとは限りません。

 

 

検査官が恣意的に検査基準を必要以上に厳格化したり、1度目の検査で指摘しなかったことを2度目の検査で指摘し、何度も補修を入れたりする必要が出てくるということが、たまにあります。

 

 

その背景には、アメリカ人ではない外国人が不動産を購入し、アメリカ人に貸し出すことをよく思わなかったり・・・ といった、嫌がらせに近いこともないとは言えません。

 

 

当然、抗議してもダメで従うしかないのですが、この辺りもちょっとしたコツがありますので、実際にアメリカ不動産投資を始める時に、お伝えしたいなと思います。

 

 

こうした「嫌がらせ」を受けると修理費がかさんだり、購入から賃貸付けまでの期間がかかり著しく利回りは悪化、ひいては資金繰りも厳しくなってしまうこともあります。

 

 

そんな時は、損切りしてしまうことも考えに入れておいた方がよいと思います。

 

 

アメリカは「自由の国」ですが、白人以外への人種差別は日本以上。

 

貧富の差も激しいので、検査官が白人で不動産オーナーがアジア人だと気分が悪いこともあるのでしょう。

 

でも、こうしたこともアメリカの文化の一つとして、寛容に受け入れる方が投資家にとってはより成功に近づけるといった意識を持つくらいの方がよいでしょう。

 

 

検査に不合格の物件には、このような赤いステッカーが貼られてしまいます。

 

 不動産投資家としての自覚

不動産投資は保険やインデックス投資と違い、資金を投入(物件を購入)したらあとはほったらかしで待つだけ・・・ と言ったものでは有りません。

 

だからといって自分一人で何もかも頑張る必要はないし、投資仲間としてサポートもしますので遠慮なく相談していただけたらと思います。

 

 

でもやはり最終的には物件オーナーの考え方や姿勢が、投資成果に大きく影響を与えます。

 

おんぶにだっこ、人任せ、口だけにならないよう、不動産投資家 = 不動産事業家としてしっかりと自覚をもって取り組んでいただきたいなと思います。

 

 

もしこれからもアメリカ不動産について学びたい、情報が欲しいという方は、ぜひこれからも時々 このサイト(https://mirais.club/category/column/realestate-us/)にアクセスしてみてください。

 

 

また、メルマガでも物件の情報や勉強会の案内などを送らせていただきますので、よかったらご登録ください。

メルマガに登録する

 

投資で成功しない人の特徴

「投資」というものに対して、投資をしていない人はどのようなイメージを抱くでしょう?

 

もしかしたら、

  • 金の亡者
  • お金のためならなんでもやる人
  • お金があれば幸せになれると思っている寂しい人
  • 人間性や人間味に欠けた冷徹な人

・・・

といったイメージを持っているかもしれません。

 

 

上に挙げたイメージは実際に投資をしたことがない人が抱くものだそう。

 

 

でも、どうでしょう?

 

そんなことはありません。

 

実際は投資仲間はほとんどの人は温かく仲間思いです。

 

 

確かに、投資をやらない人に比べると、やることとやらないことの線引きがはっきりしているかもしれません。

 

例えば、無駄だと思う飲み会や食事会に、付き合いだけで参加しない人が多い様な気もします。

 

つねに、「これは投資か消費か」を意識して考えているので、単なる消費であるものに時間もお金も投じることはしないので、それをみて冷たくドライな人というイメージをもたれるのかもしれません。

 

 

私たちの仲間も人として温かな人が多く、投資という共通項があるから・・・ という理由をのぞいても、物知りで勉強家、人として尊敬できる人が年齢問わずたくさんいます。

 

 

投資家として成功できない人の特徴は、お金で人を動かそうとする人。

 

例えば、無駄に高級な時計やバッグをひけらかしたり、相手への敬意がない傍若無尽な人は、たとえお金の量はたくさんあっても寂しい人生を送ることになるのではないかと思います。

 

 

アメリカ不動産は確かに日本の不動産よりも可能性がありますし、今から不動産投資を活用して資産を形成していこうという人にとってもかなり有望だと思います。

 

投資で自分を、家族を、大切な人を幸せにしたいと願う人と一緒に取り組めたらいいなと思います。

 

アメリカ不動産関連記事

アメリカ不動産 物件情報(US)

デトロイトのウエストサイド レンガ造り 地下室付きの一戸建て 3ベッドルームの物件

  デトロイトのウエストサイドにある3ベッドルーム、レンガ造り、地下室付きの一戸建て物件です。   物件情報 (最終の情報更新日:2020年12月20日) 物件の管理番号 2200101009 物件住所 WARWICK StreetDetroit, Michigan 48223-3410 物件価格 $25,000 固定資産税 $1,241 タイプ Residential 建物敷地面積 0.10 Acres(404.69m2) 延べ床面積 1,296 Finished Sqft(117. ...

アメリカ不動産 コラム

不動産投資の成否を握る物件修理のパートナー

アメリカ不動産投資にも必ず「取得物件を修理する」必要が出てきます。   どんな物件を購入したとしても必ず修理が必要となりますが、修理を信頼して任せられる業者との出会いが、アメリカ不動産投資の成否を握ると言っても言い過ぎではありません。     ただ、「仕事の品質」を見るときは、何回か依頼してみないとわかりません。     だから、よくグーグル広告などに出てくる「アメリカ不動産投資業者」を通じて 物件、修理、申請、その他もろもろがパッケージになったものを買う ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産投資の要は修理業者

不動産投資というといかにして優良な物件を仕入れ、優良な入居者に出会うかを重視しそこに重点をおいてしまいがちえす。   もちろんそれらはとても重要で軽視していいものではないですが、それと同等以上に重視すべきことがあります。     それは、修理・修繕をやってくれる会社(業者)の選定と付き合いです。   不動産投資において物件選びは非常に重要ですが、それと同等以上に修理業者の存在は重要です。投資成否を左右するのは修理業者であると言っても過言ではありません。   ...

アメリカ不動産 コラム

国民性を理解することは不動産投資の基本

アメリカ不動産に取り組むのは、インカムゲインでの利回りに偏りがちな日本と比べてキャピタルゲインもしっかり期待できるアメリカの方が、投資として魅力的と感じるからです。   ただ、日本の不動産賃貸経営とアメリカのそれを単純に比較すると、日本人として納得できないことや信じられなことが起こるのも実際のところ。     退去時に起こること 日本で主に日本人ばかりを相手にしている賃貸経営だとなかなか理解しづらいですが、アメリカでは何かをきっかけに家賃の支払いをやめてしまう入居者が、少なく ...

アメリカ不動産 物件情報(US)

ミシガン州デトロイト 1927年築 投資の入り口物件としてぴったり!

  初めて不動産投資をする人にとって素晴らしい投資物件になり得ます。 少ししっかりめの修繕・修理が必要ですが、それでも4年以内に投資元本を上回る家賃収入を得られると考えられます。   こちらもご覧ください ▶︎デトロイト ミシガン州 3ベッドルーム $15,000の物件   物件情報   物件の管理番号 2200091629 物件住所 Detroit, Michigan 48227-3240 物件価格 $15,000 固定資産税 $1,115 タイプ ...

人気コラムTOP5

-アメリカ不動産, コラム

© 2021 ミライズ(未来図)