アメリカ不動産 コラム

嫌がらせにも負けない不動産投資家としての自覚を持ちましょう!

アメリカではほとんどの州・市で、賃貸不動産の検査をする仕組みがあります。

 

賃貸用不動産を購入した後、入居者を入れる前に検査を受け、市の定めた賃貸に不動産であることを確認してもらうシステムです。

 

 

これは、建前上 入居者にとって一定の基準以上の住居で生活をしてもらうために行うものですが、残念ながら必ずしも公平・平等に査定・検査してくれるとは限りません。

 

 

検査官が恣意的に検査基準を必要以上に厳格化したり、1度目の検査で指摘しなかったことを2度目の検査で指摘し、何度も補修を入れたりする必要が出てくるということが、たまにあります。

 

 

その背景には、アメリカ人ではない外国人が不動産を購入し、アメリカ人に貸し出すことをよく思わなかったり・・・ といった、嫌がらせに近いこともないとは言えません。

 

 

当然、抗議してもダメで従うしかないのですが、この辺りもちょっとしたコツがありますので、実際にアメリカ不動産投資を始める時に、お伝えしたいなと思います。

 

 

こうした「嫌がらせ」を受けると修理費がかさんだり、購入から賃貸付けまでの期間がかかり著しく利回りは悪化、ひいては資金繰りも厳しくなってしまうこともあります。

 

 

そんな時は、損切りしてしまうことも考えに入れておいた方がよいと思います。

 

 

アメリカは「自由の国」ですが、白人以外への人種差別は日本以上。

 

貧富の差も激しいので、検査官が白人で不動産オーナーがアジア人だと気分が悪いこともあるのでしょう。

 

でも、こうしたこともアメリカの文化の一つとして、寛容に受け入れる方が投資家にとってはより成功に近づけるといった意識を持つくらいの方がよいでしょう。

 

 

検査に不合格の物件には、このような赤いステッカーが貼られてしまいます。

 

 不動産投資家としての自覚

不動産投資は保険やインデックス投資と違い、資金を投入(物件を購入)したらあとはほったらかしで待つだけ・・・ と言ったものでは有りません。

 

だからといって自分一人で何もかも頑張る必要はないし、投資仲間としてサポートもしますので遠慮なく相談していただけたらと思います。

 

 

でもやはり最終的には物件オーナーの考え方や姿勢が、投資成果に大きく影響を与えます。

 

おんぶにだっこ、人任せ、口だけにならないよう、不動産投資家 = 不動産事業家としてしっかりと自覚をもって取り組んでいただきたいなと思います。

 

 

もしこれからもアメリカ不動産について学びたい、情報が欲しいという方は、ぜひこれからも時々 このサイト(https://mirais.club/category/column/realestate-us/)にアクセスしてみてください。

 

 

また、メルマガでも物件の情報や勉強会の案内などを送らせていただきますので、よかったらご登録ください。

メルマガに登録する

 

投資で成功しない人の特徴

「投資」というものに対して、投資をしていない人はどのようなイメージを抱くでしょう?

 

もしかしたら、

  • 金の亡者
  • お金のためならなんでもやる人
  • お金があれば幸せになれると思っている寂しい人
  • 人間性や人間味に欠けた冷徹な人

・・・

といったイメージを持っているかもしれません。

 

 

上に挙げたイメージは実際に投資をしたことがない人が抱くものだそう。

 

 

でも、どうでしょう?

 

そんなことはありません。

 

実際は投資仲間はほとんどの人は温かく仲間思いです。

 

 

確かに、投資をやらない人に比べると、やることとやらないことの線引きがはっきりしているかもしれません。

 

例えば、無駄だと思う飲み会や食事会に、付き合いだけで参加しない人が多い様な気もします。

 

つねに、「これは投資か消費か」を意識して考えているので、単なる消費であるものに時間もお金も投じることはしないので、それをみて冷たくドライな人というイメージをもたれるのかもしれません。

 

 

私たちの仲間も人として温かな人が多く、投資という共通項があるから・・・ という理由をのぞいても、物知りで勉強家、人として尊敬できる人が年齢問わずたくさんいます。

 

 

投資家として成功できない人の特徴は、お金で人を動かそうとする人。

 

例えば、無駄に高級な時計やバッグをひけらかしたり、相手への敬意がない傍若無尽な人は、たとえお金の量はたくさんあっても寂しい人生を送ることになるのではないかと思います。

 

 

アメリカ不動産は確かに日本の不動産よりも可能性がありますし、今から不動産投資を活用して資産を形成していこうという人にとってもかなり有望だと思います。

 

投資で自分を、家族を、大切な人を幸せにしたいと願う人と一緒に取り組めたらいいなと思います。

 

アメリカ不動産関連記事

アメリカ不動産 コラム

正しく投資すれば8年で5倍!?

アメリカ不動産の醍醐味は、適切なときに購入して家賃収入を得ながら時期を待ち、その時期がきたときに売却すれば インカムゲインとキャピタルゲインをしっかり取れるところ。   先日のアメリカ不動産投資情報共有勉強会にご参加いただいた方。 2012年に35,000ドルで購入した物件を、8年後に125,000ドルで売却。   購入後、賃貸中は利回り23%ほどになり、4年半で投資分(購入価格)を回収しその後はまるまる収益なので、投資額(物件購入額)のおよそ2倍を家賃で得たことになります。 &nbs ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産 医療関係のオフィス物件への投資はなかなかいいかも

もし、ある程度の投資資金があるのなら、一般の人が住むように戸建て物件を数件買ったりアパート物件を買うのもいいですが、商業施設への投資も検討に値します。   その中でも、医療関係施設は相場的にも家賃は高めですし一度入居したら頻繁に入れ替わりがあるわけでなく、需要もあるので空室リスクは少ないです。     こうした物件は管理が比較的用意なので、日本からアメリカ不動産への投資をする人にも、向いています。     住居用物件の賃貸経営をしていると、必ずと言っていい ...

アメリカ不動産 コラム

デトロイトは今でも荒廃した街か

わたしたち世代(1970年前後から80年代前半くらい生まれの世代)には、アメリカのデトロイトは自動車産業の街という印象がとても強いです。   そしてまた、2013年、財政破綻した街としても有名です。   2008〜2009年にかけてのリーマンショックで、デトロイト市民の失業率は28%を超えました。 自動車産業は大きく影響を受け、その後、デトロイトの街自体が破綻してしまったのです。   でもそんな中、ごく一部の先見の明がある人たちは、大きく下落した不動産を買い進めました。 &n ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産 購入後の修理・修繕はどこまでやるのが投資家として合理的か

投資物件を購入後の修理・補修について、 「自分が住むわけではないから、最低限でいい」   不動産投資オーナーとして、それはまっとうな意見・考えであると思うと同時に、 その物件に住んで家賃を払う側に立った時、どうなんだろう・・・? という気持ちもあります。   ただ、そこにお金をかけると当然家賃に反映しますので、本当に満足というレベルまでお金をかけていいのか、その辺りに明確な答えはないと思います。   安く仕上げた物件ではいい家賃はもらえないでしょうし、将来のキャピタルゲインに ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産 エリアと治安とリスクとリターン

アメリカ不動産を通じて、何を手に入れたいか・・・   その辺りは明確にしておいた方がよいと思います。     と言っても、ここでいう「手に入れたいもの」とは、利回りなのか売却益なのか・・・ です。   もちろんその両方を求めるのは当然ですが、物件を求めるロケーションに影響するので、事前に明確にして物件探しをしたほうが効率的です。     アメリカ不動産はロケーションが全て アメリカ不動産投資は日本のそれよりも、物件のロケーションを重視した方が良い ...

人気コラムTOP5

-アメリカ不動産, コラム

© 2020 ミライズ(未来図) Powered by AFFINGER5