アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産 管理会社とのやりとりの実際

アメリカ、日本 問わずのことですが、不動産投資において失敗の原因の一つは、管理会社との付き合い方にあります。

 

特に、日本に住みながらアメリカ不動産投資を行なっていく場合は、管理会社との付き合い方が非常に重要になってきます。

 

 

不動産を購入したら、管理会社は非常に重要なビジネスパートナー。

 

また、パートナーであると同時に、管理会社に取ってあなたはBOSSです。

 

 

しっかりと明確な指示を出し、管理会社が仕事をしやすい様にしなければなりません。

 

 

不動産管理会社とのやりとりのポイント

ステートメントに必ず目を通す

管理を任せると、毎月報告書(ステートメント)が送られてきます。

必ず目を通し、確認しましょう。

 

確認すべきポイントは次の様なことです。

 

  1. 任せている物件の家賃は毎月きちんと期日通りに払われているか
  2. 補修費用など事前に知らされていた通り、引かれているか
  3. 計算間違いや他人の物件との取り違えなどはないか
  4. 行うべき仕事は期日通りきちんと行われたか

 

など、基本的なことばかりです。

 

 

ただし、この基本が意外ときちんとできていないことが多い。

 

特に、計算間違いは意図的ではなく、「えっ?」という様な簡単なことを間違ったりしていることもあります。

 

しっかりと確認しなければなりません。

 

 

してはいけないこと
  • 任せきりにして連絡を怠ること
  • 一度言ったから大丈夫だろうと思い込むこと
  • 連絡さえしなくなること

言葉の問題があったり時差があったりで連絡しにくいこともあるでしょう。

そんな時のために、ミライズでは専属とはいかないものの、通訳してくれる人を準備するつもりです。

 

ぜひやってほしいこと

たまには(少なくとも年に1回以上)、直接現地に行って話をする機会を設けてください。

 

期待しすぎないこと

上にも書きましたが、一度頼み事をしても、何度か注意しても、すぐにやってくれるとは限りません。

 

「言ったから大丈夫だろう・・・」と思い込むことが一番ダメで、頼んだことが遂行されたかどうか、まだできていないならいつできるのか、事前に期日を決めておいたならその日を守れるのかを確認することは、非常に重要です。

 

 

電車が時間通りに来て、1分遅延しただけでも車掌が謝罪の車内放送を入れる国 日本と比較してはいけません。

 

これは、どっちが良いとか正しいとかの問題ではなく、文化の違いとして割り切ることが大切です。

 

ただし、それも限度があります。

 

家賃の未回収や遅れ、計算間違いや依頼したことのやり忘れが頻発し、あやふやな対応をされるのなら、管理会社は変更した方がよいでしょう。

管理会社とのおつきあいは、不動産投資の成否を決めます。

 

物件選びももちろん重要ですが、管理会社の選定には十分に気を配りましょう!

 

 

アメリカ不動産関連記事

アメリカ不動産 物件情報(US)

デトロイトのウエストサイド レンガ造り 地下室付きの一戸建て 3ベッドルームの物件

  デトロイトのウエストサイドにある3ベッドルーム、レンガ造り、地下室付きの一戸建て物件です。   物件情報 (最終の情報更新日:2020年12月20日) 物件の管理番号 2200101009 物件住所 WARWICK StreetDetroit, Michigan 48223-3410 物件価格 $25,000 固定資産税 $1,241 タイプ Residential 建物敷地面積 0.10 Acres(404.69m2) 延べ床面積 1,296 Finished Sqft(117. ...

アメリカ不動産 コラム

不動産投資の成否を握る物件修理のパートナー

アメリカ不動産投資にも必ず「取得物件を修理する」必要が出てきます。   どんな物件を購入したとしても必ず修理が必要となりますが、修理を信頼して任せられる業者との出会いが、アメリカ不動産投資の成否を握ると言っても言い過ぎではありません。     ただ、「仕事の品質」を見るときは、何回か依頼してみないとわかりません。     だから、よくグーグル広告などに出てくる「アメリカ不動産投資業者」を通じて 物件、修理、申請、その他もろもろがパッケージになったものを買う ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産投資の要は修理業者

不動産投資というといかにして優良な物件を仕入れ、優良な入居者に出会うかを重視しそこに重点をおいてしまいがちえす。   もちろんそれらはとても重要で軽視していいものではないですが、それと同等以上に重視すべきことがあります。     それは、修理・修繕をやってくれる会社(業者)の選定と付き合いです。   不動産投資において物件選びは非常に重要ですが、それと同等以上に修理業者の存在は重要です。投資成否を左右するのは修理業者であると言っても過言ではありません。   ...

アメリカ不動産 コラム

国民性を理解することは不動産投資の基本

アメリカ不動産に取り組むのは、インカムゲインでの利回りに偏りがちな日本と比べてキャピタルゲインもしっかり期待できるアメリカの方が、投資として魅力的と感じるからです。   ただ、日本の不動産賃貸経営とアメリカのそれを単純に比較すると、日本人として納得できないことや信じられなことが起こるのも実際のところ。     退去時に起こること 日本で主に日本人ばかりを相手にしている賃貸経営だとなかなか理解しづらいですが、アメリカでは何かをきっかけに家賃の支払いをやめてしまう入居者が、少なく ...

アメリカ不動産 物件情報(US)

ミシガン州デトロイト 1927年築 投資の入り口物件としてぴったり!

  初めて不動産投資をする人にとって素晴らしい投資物件になり得ます。 少ししっかりめの修繕・修理が必要ですが、それでも4年以内に投資元本を上回る家賃収入を得られると考えられます。   こちらもご覧ください ▶︎デトロイト ミシガン州 3ベッドルーム $15,000の物件   物件情報   物件の管理番号 2200091629 物件住所 Detroit, Michigan 48227-3240 物件価格 $15,000 固定資産税 $1,115 タイプ ...

人気コラムTOP5

-アメリカ不動産, コラム

© 2021 ミライズ(未来図)