コイン コラム

ゴールド&シルバーを活用した資産保全戦略

所詮、考え方の一つであって単なる私自身の意見でしかありませんが、今、金(ゴールド)や銀(シルバー)を買うのは、資産を増やすための投資ではありません。

 

資産を守るため、「資産の保全」です。

 

 

これから価値が下がっていくであろうものから、変わらないか、または今後価値が上がっていくだろうものへ交換しておくということです。

 

仮に、一方の価値が変わらなくても一方が下がっていけば、 変わらない方も上がったのと同じことです。

 

 

今後、数年以内に米ドルが基軸通貨を外れ、ハイパーインフレになると予測する人も少なくありません。

 

また、現在は30〜40ドルで買えるシルバーコインが、300ドルになってもおかしくないという人も多数います。

 

 

予算に余裕がある人は、ゴールドとシルバーの「現物」を買っておくこと。

 

現物と言っても必ずしも「地金」「インゴット」である必要はなく、コインでもOK。

 

 

特に、シルバーコインは(今は)30〜40ドル程度で買えるので、資金の少ない人は特に良いと思います。

 

 

そして、鉱山株を買って、しばらく放置しておくこと

 

です。

 

ちなみにわたしは、

  • アグニコ・イーグルマインズ(AEM)
  • ファーストマジェスティックシルバー(AG)
  • バリックゴールド(GOLD)

 

を持って、数年程度放置しようと思っています。

 

一般に、その金属の取引レートが3倍になるとき、金鉱株はその3倍、つまり9倍になると言われていますので、ちょっと期待しつつ保有し、適宜買い増ししていくつもりです。

 

 

経済対策、金融緩和を言い訳に裏付けのない通貨(紙幣)乱発で、通貨に対する信用が低下するなか、かつての金本位制に戻そうとする動きや通貨の切り下げが「既定路線」とも言われます。

 

金や銀へ資産価値を移動しておくことは、将来 きっと良い結果を得るのではないかと、私自身は信じています。

 

 

もちろん、短期的ではなく、長期的な展望に立ったある時期に劇的な変化があるのを、少し不安が混じった期待を持ちつつ長期目線で保有します。

 

 

いずれにしても、金や銀の値動きに一喜一憂することなく長期保有が大切です。

 

 

今、貴金属を購入することは、投資という意味合いよりは裏付けある物への価値移転、資産の保全です。

前にも少し書きましたが、ETFや投資信託でゴールドやシルバーを買っても、それは裏付けがありません。

 

 

そして完全な自己満足ですが、手元に本物の金や銀があると、その見た目以上の重みと輝きに目を奪われて心が満たされるような充実した気持ちになるので、幸せを感じます。

 

 

アメリカ不動産関連記事

アメリカ不動産 コラム

正しく投資すれば8年で5倍!?

アメリカ不動産の醍醐味は、適切なときに購入して家賃収入を得ながら時期を待ち、その時期がきたときに売却すれば インカムゲインとキャピタルゲインをしっかり取れるところ。   先日のアメリカ不動産投資情報共有勉強会にご参加いただいた方。 2012年に35,000ドルで購入した物件を、8年後に125,000ドルで売却。   購入後、賃貸中は利回り23%ほどになり、4年半で投資分(購入価格)を回収しその後はまるまる収益なので、投資額(物件購入額)のおよそ2倍を家賃で得たことになります。 &nbs ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産 医療関係のオフィス物件への投資はなかなかいいかも

もし、ある程度の投資資金があるのなら、一般の人が住むように戸建て物件を数件買ったりアパート物件を買うのもいいですが、商業施設への投資も検討に値します。   その中でも、医療関係施設は相場的にも家賃は高めですし一度入居したら頻繁に入れ替わりがあるわけでなく、需要もあるので空室リスクは少ないです。     こうした物件は管理が比較的用意なので、日本からアメリカ不動産への投資をする人にも、向いています。     住居用物件の賃貸経営をしていると、必ずと言っていい ...

アメリカ不動産 コラム

デトロイトは今でも荒廃した街か

わたしたち世代(1970年前後から80年代前半くらい生まれの世代)には、アメリカのデトロイトは自動車産業の街という印象がとても強いです。   そしてまた、2013年、財政破綻した街としても有名です。   2008〜2009年にかけてのリーマンショックで、デトロイト市民の失業率は28%を超えました。 自動車産業は大きく影響を受け、その後、デトロイトの街自体が破綻してしまったのです。   でもそんな中、ごく一部の先見の明がある人たちは、大きく下落した不動産を買い進めました。 &n ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産 購入後の修理・修繕はどこまでやるのが投資家として合理的か

投資物件を購入後の修理・補修について、 「自分が住むわけではないから、最低限でいい」   不動産投資オーナーとして、それはまっとうな意見・考えであると思うと同時に、 その物件に住んで家賃を払う側に立った時、どうなんだろう・・・? という気持ちもあります。   ただ、そこにお金をかけると当然家賃に反映しますので、本当に満足というレベルまでお金をかけていいのか、その辺りに明確な答えはないと思います。   安く仕上げた物件ではいい家賃はもらえないでしょうし、将来のキャピタルゲインに ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産 エリアと治安とリスクとリターン

アメリカ不動産を通じて、何を手に入れたいか・・・   その辺りは明確にしておいた方がよいと思います。     と言っても、ここでいう「手に入れたいもの」とは、利回りなのか売却益なのか・・・ です。   もちろんその両方を求めるのは当然ですが、物件を求めるロケーションに影響するので、事前に明確にして物件探しをしたほうが効率的です。     アメリカ不動産はロケーションが全て アメリカ不動産投資は日本のそれよりも、物件のロケーションを重視した方が良い ...

人気コラムTOP5

-コイン, コラム

© 2020 ミライズ(未来図) Powered by AFFINGER5