コイン コラム

ゴールド&シルバーを活用した資産保全戦略

所詮、考え方の一つであって単なる私自身の意見でしかありませんが、今、金(ゴールド)や銀(シルバー)を買うのは、資産を増やすための投資ではありません。

 

資産を守るため、「資産の保全」です。

 

 

これから価値が下がっていくであろうものから、変わらないか、または今後価値が上がっていくだろうものへ交換しておくということです。

 

仮に、一方の価値が変わらなくても一方が下がっていけば、 変わらない方も上がったのと同じことです。

 

 

今後、数年以内に米ドルが基軸通貨を外れ、ハイパーインフレになると予測する人も少なくありません。

 

また、現在は30〜40ドルで買えるシルバーコインが、300ドルになってもおかしくないという人も多数います。

 

 

予算に余裕がある人は、ゴールドとシルバーの「現物」を買っておくこと。

 

現物と言っても必ずしも「地金」「インゴット」である必要はなく、コインでもOK。

 

 

特に、シルバーコインは(今は)30〜40ドル程度で買えるので、資金の少ない人は特に良いと思います。

 

 

そして、鉱山株を買って、しばらく放置しておくこと

 

です。

 

ちなみにわたしは、

  • アグニコ・イーグルマインズ(AEM)
  • ファーストマジェスティックシルバー(AG)
  • バリックゴールド(GOLD)

 

を持って、数年程度放置しようと思っています。

 

一般に、その金属の取引レートが3倍になるとき、金鉱株はその3倍、つまり9倍になると言われていますので、ちょっと期待しつつ保有し、適宜買い増ししていくつもりです。

 

 

経済対策、金融緩和を言い訳に裏付けのない通貨(紙幣)乱発で、通貨に対する信用が低下するなか、かつての金本位制に戻そうとする動きや通貨の切り下げが「既定路線」とも言われます。

 

金や銀へ資産価値を移動しておくことは、将来 きっと良い結果を得るのではないかと、私自身は信じています。

 

 

もちろん、短期的ではなく、長期的な展望に立ったある時期に劇的な変化があるのを、少し不安が混じった期待を持ちつつ長期目線で保有します。

 

 

いずれにしても、金や銀の値動きに一喜一憂することなく長期保有が大切です。

 

 

今、貴金属を購入することは、投資という意味合いよりは裏付けある物への価値移転、資産の保全です。

前にも少し書きましたが、ETFや投資信託でゴールドやシルバーを買っても、それは裏付けがありません。

 

 

そして完全な自己満足ですが、手元に本物の金や銀があると、その見た目以上の重みと輝きに目を奪われて心が満たされるような充実した気持ちになるので、幸せを感じます。

 

 

アメリカ不動産関連記事

アメリカ不動産 物件情報(US)

デトロイトのウエストサイド レンガ造り 地下室付きの一戸建て 3ベッドルームの物件

  デトロイトのウエストサイドにある3ベッドルーム、レンガ造り、地下室付きの一戸建て物件です。   物件情報 (最終の情報更新日:2020年12月20日) 物件の管理番号 2200101009 物件住所 WARWICK StreetDetroit, Michigan 48223-3410 物件価格 $25,000 固定資産税 $1,241 タイプ Residential 建物敷地面積 0.10 Acres(404.69m2) 延べ床面積 1,296 Finished Sqft(117. ...

アメリカ不動産 コラム

不動産投資の成否を握る物件修理のパートナー

アメリカ不動産投資にも必ず「取得物件を修理する」必要が出てきます。   どんな物件を購入したとしても必ず修理が必要となりますが、修理を信頼して任せられる業者との出会いが、アメリカ不動産投資の成否を握ると言っても言い過ぎではありません。     ただ、「仕事の品質」を見るときは、何回か依頼してみないとわかりません。     だから、よくグーグル広告などに出てくる「アメリカ不動産投資業者」を通じて 物件、修理、申請、その他もろもろがパッケージになったものを買う ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産投資の要は修理業者

不動産投資というといかにして優良な物件を仕入れ、優良な入居者に出会うかを重視しそこに重点をおいてしまいがちえす。   もちろんそれらはとても重要で軽視していいものではないですが、それと同等以上に重視すべきことがあります。     それは、修理・修繕をやってくれる会社(業者)の選定と付き合いです。   不動産投資において物件選びは非常に重要ですが、それと同等以上に修理業者の存在は重要です。投資成否を左右するのは修理業者であると言っても過言ではありません。   ...

アメリカ不動産 コラム

国民性を理解することは不動産投資の基本

アメリカ不動産に取り組むのは、インカムゲインでの利回りに偏りがちな日本と比べてキャピタルゲインもしっかり期待できるアメリカの方が、投資として魅力的と感じるからです。   ただ、日本の不動産賃貸経営とアメリカのそれを単純に比較すると、日本人として納得できないことや信じられなことが起こるのも実際のところ。     退去時に起こること 日本で主に日本人ばかりを相手にしている賃貸経営だとなかなか理解しづらいですが、アメリカでは何かをきっかけに家賃の支払いをやめてしまう入居者が、少なく ...

アメリカ不動産 物件情報(US)

ミシガン州デトロイト 1927年築 投資の入り口物件としてぴったり!

  初めて不動産投資をする人にとって素晴らしい投資物件になり得ます。 少ししっかりめの修繕・修理が必要ですが、それでも4年以内に投資元本を上回る家賃収入を得られると考えられます。   こちらもご覧ください ▶︎デトロイト ミシガン州 3ベッドルーム $15,000の物件   物件情報   物件の管理番号 2200091629 物件住所 Detroit, Michigan 48227-3240 物件価格 $15,000 固定資産税 $1,115 タイプ ...

人気コラムTOP5

-コイン, コラム

© 2021 ミライズ(未来図)