アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産 バルク投資(バルクディール)とオークションを活用する

今からこの先しばらくは、アメリカ不動産物件を低価格で購入しやすい状況です。

 

ですが、できることならさらになるべく安く購入できたら嬉しいですよね。

 

 

その方法の一つが、バルク投資というものです。

 

投資というより「取引」に近い購入方法ですので、バルクディールと言われることもあります。

 

 

バルク投資とは簡単に言えば、金融機関が差し押さえた物件をまとめて買い取るような手法で、一度に十数件以上から多いときには数百件をまとめて買い取るようなものです。

 

当然、多額の資金が必要となりますがその分一件当たりの価格は驚くほど安くなり、1万ドルを切るような価格になることも珍しいことではありません。

 

 

経済危機になると大量の差し押さえ物件で溢れ返り、金融機関はその一軒一軒を詳細に査定するようなことはしません。

 

「○軒まとめて■万ドルだ」という取引となります。

 

 

なので、リスクとしては状態の良いものも悪いものもあるということは、折り込んでおかないといけません。

 

 

バルクで買った後に状態を調べ、問題を解決していくということになります。

 

その中には修理や補修、ゴミの撤去だけでなく不法に占拠する者がいればそれを退去させるといったこともあり得るので、その作業や手間を含んだ分、かなりの安値で買えるのです。

 

 

ただ、不法占拠者の退去と言っても専門家や管理会社の力を借りるので、自分一人でなんとかしなきゃ・・・ などと思う必要はありません。(そもそも、自分一人でできるものではありません)

 

バルクディールを活用して長短両方の投資に活用できるアメリカの不動産投資

続きを見る

 

 

このバルクディール。

 

一件当たりの物件価格は、相当抑えられます。

 

 

とは言っても、最低でも1500〜2000万円相当、多くの場合、5000万円相当程度の資金が必要です。

 

ミライズの社員のみなさんにこれらの機会の情報を共有し、バルクディールで買った物件を分けようかと考えています。

 

購入した都市にもよりますが、1000万も出せば3〜5件は物件を持てますし、投資に慣れていない方や投資資金が少ない方にも安く物件を持って不動産投資を始めるハードルを下げることもできると考えています。

 

 

もしそういうことに参加したい、参加するかわからないけど情報は欲しいという方は、是非 ミライズの社員になっておいてください。

 

 

 

オークションでも格安な物件が

地方自治体が、税金の滞納などによって差し押さえた不動産を売却するために、年に2回ほどオークションを行います。

 

オークションではバルク同様、かなり安く物件を落札できることがあります。

 

 

また、こちらもバルク同様、物件の中に入って実際の目で状態を確認することはできませんが、住所はわかりますので外観を敷地外から確認することも、物件住所地の街の雰囲気や治安状態を確認することもできます。

 

 

オークションの難点は、落札後の名義変更などの手続きをしてくれず、必要書類を渡してくれるだけ。

 

自分でやる必要があります。(と言っても、専門家に書類作成を依頼することも可能です)

 

 

このように、バルク投資やオークションを活用すればかなり安く物件を手に入れることができますし、ミライズの社員の方々にはよりハードルを低くアメリカ不動産投資に参加いただくことができるよう、様々な情報を共有していきます。

 

no image
バルクディールとは

続きを見る

アメリカ不動産関連記事

アメリカ不動産 コラム

正しく投資すれば8年で5倍!?

アメリカ不動産の醍醐味は、適切なときに購入して家賃収入を得ながら時期を待ち、その時期がきたときに売却すれば インカムゲインとキャピタルゲインをしっかり取れるところ。   先日のアメリカ不動産投資情報共有勉強会にご参加いただいた方。 2012年に35,000ドルで購入した物件を、8年後に125,000ドルで売却。   購入後、賃貸中は利回り23%ほどになり、4年半で投資分(購入価格)を回収しその後はまるまる収益なので、投資額(物件購入額)のおよそ2倍を家賃で得たことになります。 &nbs ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産 医療関係のオフィス物件への投資はなかなかいいかも

もし、ある程度の投資資金があるのなら、一般の人が住むように戸建て物件を数件買ったりアパート物件を買うのもいいですが、商業施設への投資も検討に値します。   その中でも、医療関係施設は相場的にも家賃は高めですし一度入居したら頻繁に入れ替わりがあるわけでなく、需要もあるので空室リスクは少ないです。     こうした物件は管理が比較的用意なので、日本からアメリカ不動産への投資をする人にも、向いています。     住居用物件の賃貸経営をしていると、必ずと言っていい ...

アメリカ不動産 コラム

デトロイトは今でも荒廃した街か

わたしたち世代(1970年前後から80年代前半くらい生まれの世代)には、アメリカのデトロイトは自動車産業の街という印象がとても強いです。   そしてまた、2013年、財政破綻した街としても有名です。   2008〜2009年にかけてのリーマンショックで、デトロイト市民の失業率は28%を超えました。 自動車産業は大きく影響を受け、その後、デトロイトの街自体が破綻してしまったのです。   でもそんな中、ごく一部の先見の明がある人たちは、大きく下落した不動産を買い進めました。 &n ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産 購入後の修理・修繕はどこまでやるのが投資家として合理的か

投資物件を購入後の修理・補修について、 「自分が住むわけではないから、最低限でいい」   不動産投資オーナーとして、それはまっとうな意見・考えであると思うと同時に、 その物件に住んで家賃を払う側に立った時、どうなんだろう・・・? という気持ちもあります。   ただ、そこにお金をかけると当然家賃に反映しますので、本当に満足というレベルまでお金をかけていいのか、その辺りに明確な答えはないと思います。   安く仕上げた物件ではいい家賃はもらえないでしょうし、将来のキャピタルゲインに ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産 エリアと治安とリスクとリターン

アメリカ不動産を通じて、何を手に入れたいか・・・   その辺りは明確にしておいた方がよいと思います。     と言っても、ここでいう「手に入れたいもの」とは、利回りなのか売却益なのか・・・ です。   もちろんその両方を求めるのは当然ですが、物件を求めるロケーションに影響するので、事前に明確にして物件探しをしたほうが効率的です。     アメリカ不動産はロケーションが全て アメリカ不動産投資は日本のそれよりも、物件のロケーションを重視した方が良い ...

人気コラムTOP5

-アメリカ不動産, コラム

© 2020 ミライズ(未来図) Powered by AFFINGER5