コイン コラム

お金が変わる ウソかマコトか お金が貴金属に取って替わる話

ビットコインのようなブロックチェーン技術を使った「通貨」を流通させたら、全ての履歴が残るわけで、マネーロンダリングができなくなるかもしれません。

 

ドラマ「半沢直樹」の中でも、「現金だと履歴が追えない」のような話がありました。

ドラマでは結局、現金で引き出した後 中東の銀行の名古屋支店から海外へ送金されていたわけですが、ブロックチェーンだとお金の出どころや誰の手に渡りどんな取引を経由してきたのかが、調べれば容易にわかるわけです。

 

 

単なるこじつけかもしれませんが、

HSBCやドイツ銀行など、世界でも有数の大銀行がマネーロンダリングに関わっていたとのレポートが出たり、少し前にはアメリカの銀行が仮想通貨の取り扱いを始めるとのニュースがあったり、デジタルユーロの商標登録がなされ、来年半ば以降 本格的に導入の検討を始めるといったニュースがにわかに発表されたり、「お金のあり方や形」は確実に変わっていく方向に動いている

と、感じています。

 

ちなみに、中国はすでに「デジタル人民元」の実験を上海などで行なっています。

 

 

誰も信じないと思いますが、世界各国 「通貨のリセット」をしようとしているのではないか・・・ とさえ、思っています。

 

そんな中、

次の通貨は、金(ゴールド)と銀(シルバー)の本位制になるとの話をチラホラ聞きます。

 

 

その時の換算レートは、金(ゴールド)は1オンスあたり10,000ドル、銀(シルバー)は1オンスあたり400ドルのペッグ(固定)にする・・・ とのこと。

 

 

もちろん 「ウワサ」であり、その真偽のほどもわかりません。

 

でも、お金の概念や形、あり方が変わるということは、頭の片隅にはおいておいた方が良さそうです。

 

 

仮に、本当にシルバーが1オンスあたり400ドルになるならば、現在の15倍ほどです。

 

最近、シルバーコインなど銀製品は本当にどれも品薄ですが、15倍になることを見越してこうした情報に敏感な人が買い占め、買い漁っているのかもしれません。

 

 

でも、本当にそんな価格に上昇してしまうのでしょうか。

 

少なくとも4〜5倍の100ドル程度にはなると思っていますが、間違ってもこうした情報を信じ込んで資金を突っ込んではいけません。

 

 

現在の「法定通貨」のあり方や意味、存在価値が変わるのは確実です。

 

また、金(ゴールド)や銀(シルバー)の価値が上がっていくのも確実だと思っていますが、「いつなのか」はわかりません。

 

長期の目線で少しずつ、投資可能な資金のうちの10%程度ずつシルバーのコインなどを 買っていくのがいいのではないでしょうか。

 

ゴールドではなくシルバーに着目しているのは、ゴールドはすでに高いからです。

ここからまだまだ上がるにしても、資金が潤沢にある人以外は継続した投資が難しいと思うので、シルバーがいいと思っています。

 

 

また、先見の目がある人は、シルバーの次に高騰するであう「 銅 」に着目していると聞きます。

すでに行動されている方も少なくないようです。

 

 

コイン コラム

ますます入手困難になるかもしれないシルバー

日本では金(ゴールド)の価格上昇にばかり目が行きがちです。   情報番組などで取り上げられる「買取店」などへの取材も、 「金が高騰しているから売り時です!」といったようなものや、「昔付き合っていた人からもらったK18のリングが思った以上に値がついた!」と喜んでいる女性のものが多くなっている印象です。     あまり、シルバーが高騰し始めていることは、報道されません。     そんななか、先日10月13日からアメリカ造幣局(United States Min ...

ReadMore

コイン コインアイテム コラム

【限定品】アメリカンシルバーイーグル 純銀製コイン PCGS MS70 ファーストストライク

社員限定の情報のためアクセスが制限されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。


ReadMore

コイン コインアイテム コラム

カナダ メープルリーフ シルバーコイン 2020 1oz

社員限定の情報のためアクセスが制限されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。


ReadMore

コイン コラム

ゴールド&シルバーを活用した資産保全戦略

所詮、考え方の一つであって単なる私自身の意見でしかありませんが、今、金(ゴールド)や銀(シルバー)を買うのは、資産を増やすための投資ではありません。   資産を守るため、「資産の保全」です。     これから価値が下がっていくであろうものから、変わらないか、または今後価値が上がっていくだろうものへ交換しておくということです。   仮に、一方の価値が変わらなくても一方が下がっていけば、 変わらない方も上がったのと同じことです。     今後、数年以 ...

ReadMore

コイン コラム

ゴールド・シルバー ETFより現物を買った方がいい理由

経済の専門家たちは、こぞって金(ゴールド)への投資を言い始めています。   そして、ゴールドはすでに高値圏にあるため、ゴールドに比べればまだまだ価格の安い銀(シルバー)のほうが、投資対象としてリターンがよいという人もいます。     確かに、世界の主要な国・地域が金融緩和政策でお金を市中にばらまいている現状、この先数年でかなりのインフレが進むだろうと言われています。     こういうとき資産家は古来よりゴールドで資産防衛をしてきたので、今 この時期にゴール ...

ReadMore

 

アメリカ不動産関連記事

アメリカ不動産 コラム

銀行差し押さえ物件 1940年築でも 利回り25%以上可能 なアメリカ不動産

画像だけで情報をいただいたので何とも・・・ なのですが、これ、1940年築の物件です。   1940年と言えば、昭和15年。   もちろん、しっかりとリノベーションされているとは言え、こんなふうにモデルルーム風に見せられると「安っ!」って思ってしまいます。   この物件は、滞納により差し押さえられた物件。   3ベットルーム 3バスルーム 建物面積 1624sqf(約45.5坪) 固定資産税(2019) $1123 予想家賃 $800-$900 物件価格 $40,0 ...

アメリカ不動産 コラム

正しく投資すれば8年で5倍!?

アメリカ不動産の醍醐味は、適切なときに購入して家賃収入を得ながら時期を待ち、その時期がきたときに売却すれば インカムゲインとキャピタルゲインをしっかり取れるところ。   先日のアメリカ不動産投資情報共有勉強会にご参加いただいた方。 2012年に35,000ドルで購入した物件を、8年後に125,000ドルで売却。   購入後、賃貸中は利回り23%ほどになり、4年半で投資分(購入価格)を回収しその後はまるまる収益なので、投資額(物件購入額)のおよそ2倍を家賃で得たことになります。 &nbs ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産 医療関係のオフィス物件への投資はなかなかいいかも

もし、ある程度の投資資金があるのなら、一般の人が住むように戸建て物件を数件買ったりアパート物件を買うのもいいですが、商業施設への投資も検討に値します。   その中でも、医療関係施設は相場的にも家賃は高めですし一度入居したら頻繁に入れ替わりがあるわけでなく、需要もあるので空室リスクは少ないです。     こうした物件は管理が比較的用意なので、日本からアメリカ不動産への投資をする人にも、向いています。     住居用物件の賃貸経営をしていると、必ずと言っていい ...

アメリカ不動産 コラム

デトロイトは今でも荒廃した街か

わたしたち世代(1970年前後から80年代前半くらい生まれの世代)には、アメリカのデトロイトは自動車産業の街という印象がとても強いです。   そしてまた、2013年、財政破綻した街としても有名です。   2008〜2009年にかけてのリーマンショックで、デトロイト市民の失業率は28%を超えました。 自動車産業は大きく影響を受け、その後、デトロイトの街自体が破綻してしまったのです。   でもそんな中、ごく一部の先見の明がある人たちは、大きく下落した不動産を買い進めました。 &n ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産 購入後の修理・修繕はどこまでやるのが投資家として合理的か

投資物件を購入後の修理・補修について、 「自分が住むわけではないから、最低限でいい」   不動産投資オーナーとして、それはまっとうな意見・考えであると思うと同時に、 その物件に住んで家賃を払う側に立った時、どうなんだろう・・・? という気持ちもあります。   ただ、そこにお金をかけると当然家賃に反映しますので、本当に満足というレベルまでお金をかけていいのか、その辺りに明確な答えはないと思います。   安く仕上げた物件ではいい家賃はもらえないでしょうし、将来のキャピタルゲインに ...

人気コラムTOP5

まだデータがありません。

-コイン, コラム

© 2020 ミライズ(未来図) Powered by AFFINGER5