アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産投資にかかる経費

不動産投資は、物件を買って入居者を入れれば家賃という不労所得を得られる・・・ といった単純なものではなく、「事業投資である」「投資というより経営である」といった認識の方が、成功する確率は高くなります。

 

インデックス投資などでは淡々と、むしろ関与しない方が良い結果を得られたりしますが、不動産投資では「管理会社に丸投げ」といった状態では、あまり上手くいきません。

 

 

資金を投じる「投資」というより、経営していくビジネスの側面が強いです。(だからといって、特別難しい、手間がかかりすぎてやっていけない・・・ というようなことはありません)

 

 

経営していく上で様々経費がかかりますので、事前にそれがわかっていれば助かりますよね。

 

 

かかる経費の種類について、ご参考になればと思います。

 

 

固定資産税

ほとんどの州で固定資産税が、年二回に分けて徴収されます。

 

不動産投資に中での一番大きな経費と言えますし、払えなければいずれ不動産は差し押さえられます。

 

 

支払いは管理会社が代行してくれる場合もありますし、自分でオンラインで支払うことも可能です。

 

 

保険料

アメリカは日本に比べて訴訟リスクが高いので、ありとあらゆることをカバーしている保険があります。

 

様々な種類がありますのでここで一概にどれが必要とは言えませんが、購入前に確認しておくことはとても重要です。

 

 

物件の数によっては、「まとめ割り」のようなイメージで保険料の割引が可能な場合もあります。

 

 

管理費用

通常、家賃の受け取りなどは管理会社が代行して入居者から受け取ります。

 

その中から通常 5〜10%程度は管理費として差し引いて受け取る形になります。

 

以前も書きましたが、管理会社の選定が不動産投資の肝となります。

 

 

修理費用

入居者が退去した後、修理や清掃が必要です。

 

日本のイメージでは退去後は荷物などが残されていなく、必要な修繕と清掃でOKというイメージですが、アメリカの場合は退去者が大量の荷物やゴミを残していくことも珍しくありません。

 

 

修理や清掃の他、ゴミの撤去・処分費用がかかる場合がほとんどですが、その額はまちまちです。

 

 

確定申告費用

アメリカ不動産で家賃を受け取るということは、当然アメリカ国内での収入です。

 

したがって、アメリカで確定申告する必要があります。

 

 

実質、不動産経営ではあまり多額の税が発生しませんが、税金の計算や納税のサポートをしてくれる会計士への報酬は必要です。

 

 

上にあげたのは一例ですが、このように様々な経費がかかりますので「めんどくさい・・・」と思う人もいるかもしれません。

 

ただ、実際はきちんと専門家にお願いして報酬を払っておけば、それほど手間がかかるといいうほどでもありません。

 

 

その辺りのことも、勉強会やメルマガ、このコラムなどでお伝えしていきますので、自分の中で過剰にハードルをあげてしまう必要はありません。

 

ーアメリカ不動産情報共有勉強会ー

アメリカ不動産情報共有勉強会

続きを見る

 

 

ーメルマガへの登録ー

アメリカ不動産についての情報をお届けするメルマガへのご登録はこちらから ▶︎ https://mail.os7.biz/add/4cdz

 

 

アメリカ不動産関連記事

アメリカ不動産 コラム

銀行差し押さえ物件 1940年築でも 利回り25%以上可能 なアメリカ不動産

画像だけで情報をいただいたので何とも・・・ なのですが、これ、1940年築の物件です。   1940年と言えば、昭和15年。   もちろん、しっかりとリノベーションされているとは言え、こんなふうにモデルルーム風に見せられると「安っ!」って思ってしまいます。   この物件は、滞納により差し押さえられた物件。   3ベットルーム 3バスルーム 建物面積 1624sqf(約45.5坪) 固定資産税(2019) $1123 予想家賃 $800-$900 物件価格 $40,0 ...

アメリカ不動産 コラム

正しく投資すれば8年で5倍!?

アメリカ不動産の醍醐味は、適切なときに購入して家賃収入を得ながら時期を待ち、その時期がきたときに売却すれば インカムゲインとキャピタルゲインをしっかり取れるところ。   先日のアメリカ不動産投資情報共有勉強会にご参加いただいた方。 2012年に35,000ドルで購入した物件を、8年後に125,000ドルで売却。   購入後、賃貸中は利回り23%ほどになり、4年半で投資分(購入価格)を回収しその後はまるまる収益なので、投資額(物件購入額)のおよそ2倍を家賃で得たことになります。 &nbs ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産 医療関係のオフィス物件への投資はなかなかいいかも

もし、ある程度の投資資金があるのなら、一般の人が住むように戸建て物件を数件買ったりアパート物件を買うのもいいですが、商業施設への投資も検討に値します。   その中でも、医療関係施設は相場的にも家賃は高めですし一度入居したら頻繁に入れ替わりがあるわけでなく、需要もあるので空室リスクは少ないです。     こうした物件は管理が比較的用意なので、日本からアメリカ不動産への投資をする人にも、向いています。     住居用物件の賃貸経営をしていると、必ずと言っていい ...

アメリカ不動産 コラム

デトロイトは今でも荒廃した街か

わたしたち世代(1970年前後から80年代前半くらい生まれの世代)には、アメリカのデトロイトは自動車産業の街という印象がとても強いです。   そしてまた、2013年、財政破綻した街としても有名です。   2008〜2009年にかけてのリーマンショックで、デトロイト市民の失業率は28%を超えました。 自動車産業は大きく影響を受け、その後、デトロイトの街自体が破綻してしまったのです。   でもそんな中、ごく一部の先見の明がある人たちは、大きく下落した不動産を買い進めました。 &n ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産 購入後の修理・修繕はどこまでやるのが投資家として合理的か

投資物件を購入後の修理・補修について、 「自分が住むわけではないから、最低限でいい」   不動産投資オーナーとして、それはまっとうな意見・考えであると思うと同時に、 その物件に住んで家賃を払う側に立った時、どうなんだろう・・・? という気持ちもあります。   ただ、そこにお金をかけると当然家賃に反映しますので、本当に満足というレベルまでお金をかけていいのか、その辺りに明確な答えはないと思います。   安く仕上げた物件ではいい家賃はもらえないでしょうし、将来のキャピタルゲインに ...

人気コラムTOP5

まだデータがありません。

-アメリカ不動産, コラム

© 2020 ミライズ(未来図) Powered by AFFINGER5