アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産投資にかかる経費

不動産投資は、物件を買って入居者を入れれば家賃という不労所得を得られる・・・ といった単純なものではなく、「事業投資である」「投資というより経営である」といった認識の方が、成功する確率は高くなります。

 

インデックス投資などでは淡々と、むしろ関与しない方が良い結果を得られたりしますが、不動産投資では「管理会社に丸投げ」といった状態では、あまり上手くいきません。

 

 

資金を投じる「投資」というより、経営していくビジネスの側面が強いです。(だからといって、特別難しい、手間がかかりすぎてやっていけない・・・ というようなことはありません)

 

 

経営していく上で様々経費がかかりますので、事前にそれがわかっていれば助かりますよね。

 

 

かかる経費の種類について、ご参考になればと思います。

 

 

固定資産税

ほとんどの州で固定資産税が、年二回に分けて徴収されます。

 

不動産投資に中での一番大きな経費と言えますし、払えなければいずれ不動産は差し押さえられます。

 

 

支払いは管理会社が代行してくれる場合もありますし、自分でオンラインで支払うことも可能です。

 

 

保険料

アメリカは日本に比べて訴訟リスクが高いので、ありとあらゆることをカバーしている保険があります。

 

様々な種類がありますのでここで一概にどれが必要とは言えませんが、購入前に確認しておくことはとても重要です。

 

 

物件の数によっては、「まとめ割り」のようなイメージで保険料の割引が可能な場合もあります。

 

 

管理費用

通常、家賃の受け取りなどは管理会社が代行して入居者から受け取ります。

 

その中から通常 5〜10%程度は管理費として差し引いて受け取る形になります。

 

以前も書きましたが、管理会社の選定が不動産投資の肝となります。

 

 

修理費用

入居者が退去した後、修理や清掃が必要です。

 

日本のイメージでは退去後は荷物などが残されていなく、必要な修繕と清掃でOKというイメージですが、アメリカの場合は退去者が大量の荷物やゴミを残していくことも珍しくありません。

 

 

修理や清掃の他、ゴミの撤去・処分費用がかかる場合がほとんどですが、その額はまちまちです。

 

 

確定申告費用

アメリカ不動産で家賃を受け取るということは、当然アメリカ国内での収入です。

 

したがって、アメリカで確定申告する必要があります。

 

 

実質、不動産経営ではあまり多額の税が発生しませんが、税金の計算や納税のサポートをしてくれる会計士への報酬は必要です。

 

 

上にあげたのは一例ですが、このように様々な経費がかかりますので「めんどくさい・・・」と思う人もいるかもしれません。

 

ただ、実際はきちんと専門家にお願いして報酬を払っておけば、それほど手間がかかるといいうほどでもありません。

 

 

その辺りのことも、勉強会やメルマガ、このコラムなどでお伝えしていきますので、自分の中で過剰にハードルをあげてしまう必要はありません。

 

ーアメリカ不動産情報共有勉強会ー

アメリカ不動産情報共有勉強会

続きを見る

 

 

ーメルマガへの登録ー

アメリカ不動産についての情報をお届けするメルマガへのご登録はこちらから ▶︎ https://mail.os7.biz/add/4cdz

 

 

アメリカ不動産関連記事

アメリカ不動産 物件情報(US)

デトロイトのウエストサイド レンガ造り 地下室付きの一戸建て 3ベッドルームの物件

  デトロイトのウエストサイドにある3ベッドルーム、レンガ造り、地下室付きの一戸建て物件です。   物件情報 (最終の情報更新日:2020年12月20日) 物件の管理番号 2200101009 物件住所 WARWICK StreetDetroit, Michigan 48223-3410 物件価格 $25,000 固定資産税 $1,241 タイプ Residential 建物敷地面積 0.10 Acres(404.69m2) 延べ床面積 1,296 Finished Sqft(117. ...

アメリカ不動産 コラム

不動産投資の成否を握る物件修理のパートナー

アメリカ不動産投資にも必ず「取得物件を修理する」必要が出てきます。   どんな物件を購入したとしても必ず修理が必要となりますが、修理を信頼して任せられる業者との出会いが、アメリカ不動産投資の成否を握ると言っても言い過ぎではありません。     ただ、「仕事の品質」を見るときは、何回か依頼してみないとわかりません。     だから、よくグーグル広告などに出てくる「アメリカ不動産投資業者」を通じて 物件、修理、申請、その他もろもろがパッケージになったものを買う ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産投資の要は修理業者

不動産投資というといかにして優良な物件を仕入れ、優良な入居者に出会うかを重視しそこに重点をおいてしまいがちえす。   もちろんそれらはとても重要で軽視していいものではないですが、それと同等以上に重視すべきことがあります。     それは、修理・修繕をやってくれる会社(業者)の選定と付き合いです。   不動産投資において物件選びは非常に重要ですが、それと同等以上に修理業者の存在は重要です。投資成否を左右するのは修理業者であると言っても過言ではありません。   ...

アメリカ不動産 コラム

国民性を理解することは不動産投資の基本

アメリカ不動産に取り組むのは、インカムゲインでの利回りに偏りがちな日本と比べてキャピタルゲインもしっかり期待できるアメリカの方が、投資として魅力的と感じるからです。   ただ、日本の不動産賃貸経営とアメリカのそれを単純に比較すると、日本人として納得できないことや信じられなことが起こるのも実際のところ。     退去時に起こること 日本で主に日本人ばかりを相手にしている賃貸経営だとなかなか理解しづらいですが、アメリカでは何かをきっかけに家賃の支払いをやめてしまう入居者が、少なく ...

アメリカ不動産 物件情報(US)

ミシガン州デトロイト 1927年築 投資の入り口物件としてぴったり!

  初めて不動産投資をする人にとって素晴らしい投資物件になり得ます。 少ししっかりめの修繕・修理が必要ですが、それでも4年以内に投資元本を上回る家賃収入を得られると考えられます。   こちらもご覧ください ▶︎デトロイト ミシガン州 3ベッドルーム $15,000の物件   物件情報   物件の管理番号 2200091629 物件住所 Detroit, Michigan 48227-3240 物件価格 $15,000 固定資産税 $1,115 タイプ ...

人気コラムTOP5

-アメリカ不動産, コラム

© 2021 ミライズ(未来図)