アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産 物件を安く買う方法

物件を安く買うことは、不動産投資において非常に重要なことです。

 

特に「時期をみる」ことは重要で、それを無視して「掘り出し物」を見つけてきても問題だらけで結局損切りしなければならないということなっては、資金的にも精神的にも大きなダメージとなってしまいます。

 

2020年、コロナの影響もあり経済が危機的状況で不動産価格が下落している今は、購入のチャンスの時期とも言えます。

 

アメリカ不動産を安く買う方法はいくつかありますので、ご紹介したいと思います。

 

 

⒈ 差し押さえ物件を購入する

一括りに差し押さえと言っても、完全に差し押さえられた Foreclosure(フォークロージャー)と、任意売却のShort Sale(ショートセール)があります。

 

これら差し押さえ物件は、これからどんどん出てきます。

 

金融機関にコネのあるエージェントから直で買うのは、安い上に競合がいない(少ない)ので、思い通りの物件を購入しやすいメリットがあります。

 

 

また、これら差し押さえ物件をある程度まとめて買う方法をバルグ買いといいますが、この方法だと通常の5分の1から10分の1程度にまで購入価格を抑えられる可能性があります。

 

 

ただ、エージェントとのコネが必要で、すぐに決済するために cashも必要になります。

 

 

⒉ オークションで購入する

アメリカの地方自治体は、税金滞納による差し押さえ物件のオークションを年に1〜2回 開催します。

 

経済状況が悪い時には大量の物件が売りに出されます。

 

 

しかし問題は、物件の中を実際に自分の目でみることができないこと。

 

買ってみて初めてわかることも多いので、安いことは確かですが、ある意味 上級者向けの買い方とも言えます。

 

 

⒊ 売り手から直接買う

不動産をみながら街を歩いていると、「不動産屋さんですか?」などと声をかけられることがあります。

 

家を売りたがっている人もいて、話を聞いて中を見せてもらい、価格交渉から購入に至るケースもあります。

 

 

後々トラブルにならないように専門の人を間に入れた方がいい場合も多いですが、本当に直接売買ができることもあります。

 

⒋ 投資家から購入する

時々、投資に行き詰まり、損切りしてでも現金が欲しいという不動産投資家と出会うことがあります。

 

物件と一緒に問題がついてくることもありますが、非常に良い物件と出会う確率も高く、侮れません。

 

 

リーマンショック時同様、今回のような経済状況では、多くの損切り物件が出てくることが予想されます。

 

 

下落時に買うことが重要

アメリカは、理由は様々ですが定期的に不動産価格の下落局面を迎えます。

 

まさに今がその時期です。

 

経済状況のいい時期は投資家の気分的にも「イケイケ」で、不動産の売り手としては相場より高くても売りやすい時期。

 

私たちはそのような、気分的にみんなが買いやすい時期ではなく、今回のような下落局面で買っていきます。

 

 

それは、「イケイケの時期」に売ってキャピタルゲインもしっかり得ようと思っているからです。

 

下落時に買って、長期目線で保有しインカムゲインを得つつ、時期を待つ。

 

アメリカの不動産投資でメリットを最大限享受できるやり方です。

 

アメリカ不動産関連記事

アメリカ不動産 コラム

銀行差し押さえ物件 1940年築でも 利回り25%以上可能 なアメリカ不動産

画像だけで情報をいただいたので何とも・・・ なのですが、これ、1940年築の物件です。   1940年と言えば、昭和15年。   もちろん、しっかりとリノベーションされているとは言え、こんなふうにモデルルーム風に見せられると「安っ!」って思ってしまいます。   この物件は、滞納により差し押さえられた物件。   3ベットルーム 3バスルーム 建物面積 1624sqf(約45.5坪) 固定資産税(2019) $1123 予想家賃 $800-$900 物件価格 $40,0 ...

アメリカ不動産 コラム

正しく投資すれば8年で5倍!?

アメリカ不動産の醍醐味は、適切なときに購入して家賃収入を得ながら時期を待ち、その時期がきたときに売却すれば インカムゲインとキャピタルゲインをしっかり取れるところ。   先日のアメリカ不動産投資情報共有勉強会にご参加いただいた方。 2012年に35,000ドルで購入した物件を、8年後に125,000ドルで売却。   購入後、賃貸中は利回り23%ほどになり、4年半で投資分(購入価格)を回収しその後はまるまる収益なので、投資額(物件購入額)のおよそ2倍を家賃で得たことになります。 &nbs ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産 医療関係のオフィス物件への投資はなかなかいいかも

もし、ある程度の投資資金があるのなら、一般の人が住むように戸建て物件を数件買ったりアパート物件を買うのもいいですが、商業施設への投資も検討に値します。   その中でも、医療関係施設は相場的にも家賃は高めですし一度入居したら頻繁に入れ替わりがあるわけでなく、需要もあるので空室リスクは少ないです。     こうした物件は管理が比較的用意なので、日本からアメリカ不動産への投資をする人にも、向いています。     住居用物件の賃貸経営をしていると、必ずと言っていい ...

アメリカ不動産 コラム

デトロイトは今でも荒廃した街か

わたしたち世代(1970年前後から80年代前半くらい生まれの世代)には、アメリカのデトロイトは自動車産業の街という印象がとても強いです。   そしてまた、2013年、財政破綻した街としても有名です。   2008〜2009年にかけてのリーマンショックで、デトロイト市民の失業率は28%を超えました。 自動車産業は大きく影響を受け、その後、デトロイトの街自体が破綻してしまったのです。   でもそんな中、ごく一部の先見の明がある人たちは、大きく下落した不動産を買い進めました。 &n ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産 購入後の修理・修繕はどこまでやるのが投資家として合理的か

投資物件を購入後の修理・補修について、 「自分が住むわけではないから、最低限でいい」   不動産投資オーナーとして、それはまっとうな意見・考えであると思うと同時に、 その物件に住んで家賃を払う側に立った時、どうなんだろう・・・? という気持ちもあります。   ただ、そこにお金をかけると当然家賃に反映しますので、本当に満足というレベルまでお金をかけていいのか、その辺りに明確な答えはないと思います。   安く仕上げた物件ではいい家賃はもらえないでしょうし、将来のキャピタルゲインに ...

人気コラムTOP5

まだデータがありません。

-アメリカ不動産, コラム

© 2020 ミライズ(未来図) Powered by AFFINGER5