アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産 物件を安く買う方法

2020年10月4日

物件を安く買うことは、不動産投資において非常に重要なことです。

 

特に「時期をみる」ことは重要で、それを無視して「掘り出し物」を見つけてきても問題だらけで結局損切りしなければならないということなっては、資金的にも精神的にも大きなダメージとなってしまいます。

 

2020年、コロナの影響もあり経済が危機的状況で不動産価格が下落している今は、購入のチャンスの時期とも言えます。

 

アメリカ不動産を安く買う方法はいくつかありますので、ご紹介したいと思います。

 

 

⒈ 差し押さえ物件を購入する

一括りに差し押さえと言っても、完全に差し押さえられた Foreclosure(フォークロージャー)と、任意売却のShort Sale(ショートセール)があります。

 

これら差し押さえ物件は、これからどんどん出てきます。

 

金融機関にコネのあるエージェントから直で買うのは、安い上に競合がいない(少ない)ので、思い通りの物件を購入しやすいメリットがあります。

 

 

また、これら差し押さえ物件をある程度まとめて買う方法をバルグ買いといいますが、この方法だと通常の5分の1から10分の1程度にまで購入価格を抑えられる可能性があります。

 

 

ただ、エージェントとのコネが必要で、すぐに決済するために cashも必要になります。

 

 

⒉ オークションで購入する

アメリカの地方自治体は、税金滞納による差し押さえ物件のオークションを年に1〜2回 開催します。

 

経済状況が悪い時には大量の物件が売りに出されます。

 

 

しかし問題は、物件の中を実際に自分の目でみることができないこと。

 

買ってみて初めてわかることも多いので、安いことは確かですが、ある意味 上級者向けの買い方とも言えます。

 

 

⒊ 売り手から直接買う

不動産をみながら街を歩いていると、「不動産屋さんですか?」などと声をかけられることがあります。

 

家を売りたがっている人もいて、話を聞いて中を見せてもらい、価格交渉から購入に至るケースもあります。

 

 

後々トラブルにならないように専門の人を間に入れた方がいい場合も多いですが、本当に直接売買ができることもあります。

 

⒋ 投資家から購入する

時々、投資に行き詰まり、損切りしてでも現金が欲しいという不動産投資家と出会うことがあります。

 

物件と一緒に問題がついてくることもありますが、非常に良い物件と出会う確率も高く、侮れません。

 

 

リーマンショック時同様、今回のような経済状況では、多くの損切り物件が出てくることが予想されます。

 

 

下落時に買うことが重要

アメリカは、理由は様々ですが定期的に不動産価格の下落局面を迎えます。

 

まさに今がその時期です。

 

経済状況のいい時期は投資家の気分的にも「イケイケ」で、不動産の売り手としては相場より高くても売りやすい時期。

 

私たちはそのような、気分的にみんなが買いやすい時期ではなく、今回のような下落局面で買っていきます。

 

 

それは、「イケイケの時期」に売ってキャピタルゲインもしっかり得ようと思っているからです。

 

下落時に買って、長期目線で保有しインカムゲインを得つつ、時期を待つ。

 

アメリカの不動産投資でメリットを最大限享受できるやり方です。

 

アメリカ不動産関連記事

アメリカ不動産 物件情報(US)

デトロイトのウエストサイド レンガ造り 地下室付きの一戸建て 3ベッドルームの物件

  デトロイトのウエストサイドにある3ベッドルーム、レンガ造り、地下室付きの一戸建て物件です。   物件情報 (最終の情報更新日:2020年12月20日) 物件の管理番号 2200101009 物件住所 WARWICK StreetDetroit, Michigan 48223-3410 物件価格 $25,000 固定資産税 $1,241 タイプ Residential 建物敷地面積 0.10 Acres(404.69m2) 延べ床面積 1,296 Finished Sqft(117. ...

アメリカ不動産 コラム

不動産投資の成否を握る物件修理のパートナー

アメリカ不動産投資にも必ず「取得物件を修理する」必要が出てきます。   どんな物件を購入したとしても必ず修理が必要となりますが、修理を信頼して任せられる業者との出会いが、アメリカ不動産投資の成否を握ると言っても言い過ぎではありません。     ただ、「仕事の品質」を見るときは、何回か依頼してみないとわかりません。     だから、よくグーグル広告などに出てくる「アメリカ不動産投資業者」を通じて 物件、修理、申請、その他もろもろがパッケージになったものを買う ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産投資の要は修理業者

不動産投資というといかにして優良な物件を仕入れ、優良な入居者に出会うかを重視しそこに重点をおいてしまいがちえす。   もちろんそれらはとても重要で軽視していいものではないですが、それと同等以上に重視すべきことがあります。     それは、修理・修繕をやってくれる会社(業者)の選定と付き合いです。   不動産投資において物件選びは非常に重要ですが、それと同等以上に修理業者の存在は重要です。投資成否を左右するのは修理業者であると言っても過言ではありません。   ...

アメリカ不動産 コラム

国民性を理解することは不動産投資の基本

アメリカ不動産に取り組むのは、インカムゲインでの利回りに偏りがちな日本と比べてキャピタルゲインもしっかり期待できるアメリカの方が、投資として魅力的と感じるからです。   ただ、日本の不動産賃貸経営とアメリカのそれを単純に比較すると、日本人として納得できないことや信じられなことが起こるのも実際のところ。     退去時に起こること 日本で主に日本人ばかりを相手にしている賃貸経営だとなかなか理解しづらいですが、アメリカでは何かをきっかけに家賃の支払いをやめてしまう入居者が、少なく ...

アメリカ不動産 物件情報(US)

ミシガン州デトロイト 1927年築 投資の入り口物件としてぴったり!

  初めて不動産投資をする人にとって素晴らしい投資物件になり得ます。 少ししっかりめの修繕・修理が必要ですが、それでも4年以内に投資元本を上回る家賃収入を得られると考えられます。   こちらもご覧ください ▶︎デトロイト ミシガン州 3ベッドルーム $15,000の物件   物件情報   物件の管理番号 2200091629 物件住所 Detroit, Michigan 48227-3240 物件価格 $15,000 固定資産税 $1,115 タイプ ...

人気コラムTOP5

まだデータがありません。

-アメリカ不動産, コラム

© 2021 ミライズ(未来図)