コラム

圧倒的情報格差を克服し2〜3割も安い価格で不動産を購入する方法

少子高齢化や人口減少が進み、経済発展の鈍化が顕著な日本には、たくさんの使われていない不動産、使われているけどもう一工夫すればもっと価値が上がる不動産がたくさんあります。

 

わたしの住む地域には、

入居率50%ある?

というような物件があります。

 

どんな方がオーナーで、どんな事情があるかは知りませんが、おそらく赤字。

 

実勢相場より2〜3割安く不動産を買う方法

情報は、求める人の元に届く。

 

本当に有利な情報を手に入れられる立場になることができれば、実は不動産は相場よりも2割、3割も安く買えるのです。

 

実勢相場より2〜3割安く不動産を買う方法・・・

その答えを言ってしまえば、「2〜3割安い不動産の情報が入る立場になる」ということです。

 

 

でも、どうやって・・・?

 

なんでもそうですが、情報発信者と受取り手の間に圧倒的な情報格差があります。

情報を発信する側に立った方が受取り手側よりも有利だな〜 というのは、なんとなくわかると思います。

 

例えば、不動産に関してなら。。。

 

不動産業者と物件を購入したい投資家だったら、どちらがより有利な情報を持てるかを考えればそれは当然、不動産業者ですよね?

 

これを、「仕方がない・・・」と諦めるのではなく、少しでも収益の上がる物件を見つけ、一般の投資家が不動産業者並みの情報を手に入れるにはどうしたら・・・

 

その答えは下のボタンを押して、続きを読んでみてください。

 

不動産業者に負けない情報を手に入れる方法

-コラム

Copyright© ミライズ(未来図) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.