コイン コラム

銅に注目! でもやはりシルバーが強いか

2021年1月14日

ビットコインのようなブロックチェーン技術を使った「通貨」を流通させたら、全ての履歴が残るわけで、マネーロンダリングできなくなるかもしれません。

 

ブロックチェーンだとお金の出どころや誰の手に渡りどんな取引を経由してきたのかが、調べれば容易にわかるわけです。

 

管理したい人や組織にとっては、それが容易になるということですね。

 

 

単なるこじつけかもしれませんが、

HSBCやドイツ銀行など、世界でも有数の大銀行がマネーロンダリングに関わっていたとのレポートが出たり、少し前にはアメリカの銀行が仮想通貨の取り扱いを始めるとのニュースがあったり、デジタルユーロの商標登録がなされ、来年半ば以降 本格的に導入の検討を始めるといったニュースがにわかに発表されたり、「お金のあり方や形」は確実に変わっていく方向に動いている

と、感じています。

 

 

ちなみに、中国はすでに「デジタル人民元」の実験を上海などで行なっています。

 

 

誰も信じないと思いますが、世界各国 「通貨のリセット」をしようとしているのではないか・・・ とさえ、思っています。

 

そんな中、

次の通貨は、金(ゴールド)と銀(シルバー)の本位制になるとの話をチラホラ聞きます。

 

シルバーは1オンス400ドルに?

その時の換算レートは、金(ゴールド)は1オンスあたり10,000ドル、銀(シルバー)は1オンスあたり400ドルのペッグ(固定)にする・・・ とのこと。

 

 

もちろん 「ウワサ」であり、その真偽のほどもわかりません。

 

でも、お金の概念や形、あり方が変わるということは、頭の片隅にはおいておいた方が良さそうです。

 

 

仮に、本当にシルバーが1オンスあたり400ドルになるならば、現在の15倍ほどです。

 

 

最近、シルバーコインなど銀の現物は本当にどれも品薄ですが、15倍になることを見越してこうした情報に敏感な人が買い占め、買い漁っているのかもしれません。

 

 

でも、本当にそんな価格に上昇してしまうのでしょうか。

 

少なくとも4〜5倍の100ドル程度にはなると思っていますが、間違ってもこうした情報を信じ込んで資金を突っ込んではいけません。

 

 

現在の「法定通貨」のあり方や意味、存在価値が変わるのは確実です。

 

また、金(ゴールド)や銀(シルバー)の価値が上がっていくのも確実だと思っていますが、「いつなのか」はわかりません。

 

 

長期の目線で少しずつ、投資可能な資金のうちの10%程度ずつシルバーのコインなどを 買っていくのがいいのではないでしょうか。

 

ゴールドではなくシルバーに着目しているのは、ゴールドはすでに高いからです。

ここからまだまだ上がるにしても、資金が潤沢にある人以外は継続した投資が難しいと思うので、シルバーがいいと思っています。

 

 

また、先見の目がある人は、シルバーの次に高騰するであう「 銅 」に着目していると聞きます。

すでに行動されている方も少なくないようです。

 

かといって、一部のSNSを鵜呑みにして十円玉を集めたりしてもダメですね。

なぜなら、あれらの発信の多くはポンドで計算していないなど単位を間違っていることが多いからです。

となると、やはり現実的にはシルバーが一番堅実だと思います。

 

ストアーズ ミライズコイン

送料無料でお届けします!

▶︎ STORES 「ミライズコインショップ」

 

▶︎【社員限定】銀貨・金貨購入代行サービスについて

(→ 社員とは

Follow me!

アメリカ不動産関連記事

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産は高い 投資効率が悪いからやめておいた方がいいらしい

投資に興味を持ってよく調べ、学ばれている方ほど、   「米国はバブル。そんな中 すっかり高くなっている不動産を買うのはどうなの・・・?」   といったことを言われます。     バブルかどうかはともかく、 米国の株式、不動産、それだけでなく普段の生活コストも上がっているのは確かです。   実際、年収1200万円相当レベルでも普通かむしろ貧困層だという話を聞いたり、朝食のコーヒーとサンドウィッチが普通に2000円超えるレベル・・・ という話も聞きます。 &n ...

アメリカ不動産 コラム

差し押さえ物件をオークション出品前に購入して短期で売却する投資法

税金滞納などで差し押さえられた不動産を、市がオークションに出す前に購入できる機会。   約130軒の中から選んで買うことができます。   その具体的な方法は先日の勉強会でお伝えしました。     ざっくりまとめると、 対象の市は ミシガン州のデトロイト大都市圏を構成する街。   その市は人口約2万人。 白人が7割超で住民平均年齢は30代後半。   世帯年収は平均約8万ドルとのことなので、ミシガン州の中では標準あるいは少し上といった感じ。 &nbs ...

アメリカ不動産 コラム 勉強会

アメリカ不動産の醍醐味を味わう2021年最初のチャンス

もう募集は終わりましたが、 3月20日<大阪>・3月21日<東京>で、アメリカ不動産を有利に買う方法と比較的少資金でもそこそこのキャピタルゲインを得ることができる方法をお伝えする勉強会を実施知るのですが。。。   ▶︎ アメリカ不動産投資勉強情報共有会   冒頭、募集は終わったと書きましたが、ご興味ある方は 私のfacebook か 問い合わせフォーム からご連絡ください。   やっぱりアメリカ合衆国を基本に 早ければ 2026年にも GDPでアメリカを抜いて文 ...

アメリカ不動産 コラム 勉強会

アメリカ不動産投資成功の秘訣!差し押さえ物件を安く買う情報共有勉強会(3月20日・21日)

時々 勉強会を開催しています。   今回は、税金滞納などで市役所が差し押さえた物件を安く買える機会が得られるので、その情報やノウハウをお伝えする勉強会です。   3月20日(土):大阪 西梅田駅から徒歩5〜6分 3月21日(日):東京 新宿3丁目駅から徒歩2〜3分   のところで、いずれも13:30ごろから16:00ごろにかけて行います。   詳しくは こちら ▶︎ もっとも有利な物件購入方法をお伝えするアメリカ不動産投資情報共有勉強会    ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産投資をするなら知っておくべき家賃を滞納する人の対処方法

アメリカ不動産投資、賃貸業をやっていると必ずといっていいほど起こる問題に、家賃滞納があります。   入居者が家賃を払わなくなる理由はさまざまで、正直「なにそれ・・・?」というものをあります。   例えば、修理したところに対して 「オレならここはこう修理する。直してくれるまで家賃は払わない」 といったこともあります。   そんな言い訳が通るわけがない、入居者が間違っている・・・と言っても家賃滞納の口実を与えて終わないよう、管理会社などと協力してきちんと対処する必要があります。 ...

人気コラムTOP5

まだデータがありません。

-コイン, コラム

PAGE TOP

© since2020 LLC MIRAIS