アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産投資で一番最初に購入すべき物件タイプ

日本では不動産投資というと、マンションやアパート一棟、またはそれらの区分所有をイメージしやすいと思います。

 

もちろん、アメリカ不動産と言ってもその投資対象物件や方法は多岐に渡りますが、ここでは、ごく一般的な日本人がアメリカの不動産を活用した投資を行う場合を例に、ご紹介したいと思います。

 

 

入居者がつきやすく値上がりもしやすい物件

アメリカの不動産投資の特徴を存分に活かして収益を得るには、家賃収入(インカムゲイン)と売却益(キャピタルゲイン)を得やすい物件が理想的ですよね。

 

それが、Single Family Home と呼ばれるいわゆる一戸建て住宅です。

 

入居者がつきやすく、不動産の上昇局面ではその恩恵も受けやすいタイプですので、初心者はまずこの Single Family Home を購入するのが良いでしょう。

 

Single Family Home を購入する際の注意点として、物件の面積や駐車スペース、地下室のあるなしで人気度は異なります。

 

できればその地域でも広めで、地下室があった方がよいですが、それに固執すべきものではありません。

 

 

また、「プール付きがアメリカでは一般的」という刷り込みを持った人も中にはいますが、そんなことはありません。

 

 

その他の物件タイプ

入居者がつきやすく物件自体の価値も上がりやすい(キャピタルゲインを得やすい)のは、Single Family Home です。

 

でも、アメリカにも他のタイプの不動産もありますので、それらも少しご紹介します。

 

 

小型アパート

アメリカでは二世帯、あるいは四世帯の小型アパートがよく売られています。

 

二世帯はDuplex、四世帯は Fourplex と呼ばれます。

また、あまり多くはないですが、三世帯や六世帯という物件もあります。

 

 

このタイプの不動産の利点は利回りが高いことです。

 

比較的低予算の投資で高利回りを目指したい投資家に人気があります。

 

ただ売却は一般の人ではなく投資家相手となるため、値上がり率は一戸建てに比べて劣ります。

 

 

このタイプの物件に投資する際の注意点は、水道メータと暖房がユニット別に分かれていない場合があるということです。

 

少なくとも水道メーターは個別に分かれているかどうかの確認は必要です。

 

 

コンドミニアム

コンドミニアムとは、日本で言うところのマンションです。

 

安い価格で売りに出されていることも多く投資家としては興味がわくタイプなのですが、投資物件としてはお勧めできません。

 

特に、不動産投資慣れしていない人は手を出さない方が無難です。

 

 

それぞれのコンドミニアムには管理組合があり、賃貸に出すことを許可しない場合が多いからです。

 

あと管理費がかかるため、経費も多くかかります。

 

 

アパート

ユニット数が多いアパートは投資金額が大きくなりますが、資金的に余裕があるのならば検討すべきタイプの物件です。

 

利回りも高くなり、管理もしやすいのが特徴です。

 

小型アパート同様、水道メーターと暖房が共用の場合が多いのが特徴で、光熱費水道代は家賃込になるパターンが多いです。

 

ただ管理の面から考えると、一つの建物に入居者が集まっているので、家賃の回収がしやすいという特徴があります。

 

ある程度まとまった金額を投資するのであれば、一戸建てを複数購入するよりもアパート一棟購入する方が効率が良いかもしれません。

 

 

その他

一般的な「住宅」というよりも商業的になりますが、老人ホームや店舗・オフィス物件、ランドバンキングなども不動産投資に慣れてくれば面白い案件です。

 

投資資金は大きくなりますが、その分リターンも期待できます。

 

アメリカ不動産情報共有勉強会

続きを見る

アメリカ不動産関連記事

アメリカ不動産 物件情報(US)

デトロイトのウエストサイド レンガ造り 地下室付きの一戸建て 3ベッドルームの物件

  デトロイトのウエストサイドにある3ベッドルーム、レンガ造り、地下室付きの一戸建て物件です。   物件情報 (最終の情報更新日:2020年12月20日) 物件の管理番号 2200101009 物件住所 WARWICK StreetDetroit, Michigan 48223-3410 物件価格 $25,000 固定資産税 $1,241 タイプ Residential 建物敷地面積 0.10 Acres(404.69m2) 延べ床面積 1,296 Finished Sqft(117. ...

アメリカ不動産 コラム

不動産投資の成否を握る物件修理のパートナー

アメリカ不動産投資にも必ず「取得物件を修理する」必要が出てきます。   どんな物件を購入したとしても必ず修理が必要となりますが、修理を信頼して任せられる業者との出会いが、アメリカ不動産投資の成否を握ると言っても言い過ぎではありません。     ただ、「仕事の品質」を見るときは、何回か依頼してみないとわかりません。     だから、よくグーグル広告などに出てくる「アメリカ不動産投資業者」を通じて 物件、修理、申請、その他もろもろがパッケージになったものを買う ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産投資の要は修理業者

不動産投資というといかにして優良な物件を仕入れ、優良な入居者に出会うかを重視しそこに重点をおいてしまいがちえす。   もちろんそれらはとても重要で軽視していいものではないですが、それと同等以上に重視すべきことがあります。     それは、修理・修繕をやってくれる会社(業者)の選定と付き合いです。   不動産投資において物件選びは非常に重要ですが、それと同等以上に修理業者の存在は重要です。投資成否を左右するのは修理業者であると言っても過言ではありません。   ...

アメリカ不動産 コラム

国民性を理解することは不動産投資の基本

アメリカ不動産に取り組むのは、インカムゲインでの利回りに偏りがちな日本と比べてキャピタルゲインもしっかり期待できるアメリカの方が、投資として魅力的と感じるからです。   ただ、日本の不動産賃貸経営とアメリカのそれを単純に比較すると、日本人として納得できないことや信じられなことが起こるのも実際のところ。     退去時に起こること 日本で主に日本人ばかりを相手にしている賃貸経営だとなかなか理解しづらいですが、アメリカでは何かをきっかけに家賃の支払いをやめてしまう入居者が、少なく ...

アメリカ不動産 物件情報(US)

ミシガン州デトロイト 1927年築 投資の入り口物件としてぴったり!

  初めて不動産投資をする人にとって素晴らしい投資物件になり得ます。 少ししっかりめの修繕・修理が必要ですが、それでも4年以内に投資元本を上回る家賃収入を得られると考えられます。   こちらもご覧ください ▶︎デトロイト ミシガン州 3ベッドルーム $15,000の物件   物件情報   物件の管理番号 2200091629 物件住所 Detroit, Michigan 48227-3240 物件価格 $15,000 固定資産税 $1,115 タイプ ...

人気コラムTOP5

まだデータがありません。

-アメリカ不動産, コラム

© 2021 ミライズ(未来図)