アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産投資で一番最初に購入すべき物件タイプ

日本では不動産投資というと、マンションやアパート一棟、またはそれらの区分所有をイメージしやすいと思います。

 

もちろん、アメリカ不動産と言ってもその投資対象物件や方法は多岐に渡りますが、ここでは、ごく一般的な日本人がアメリカの不動産を活用した投資を行う場合を例に、ご紹介したいと思います。

 

 

入居者がつきやすく値上がりもしやすい物件

アメリカの不動産投資の特徴を存分に活かして収益を得るには、家賃収入(インカムゲイン)と売却益(キャピタルゲイン)を得やすい物件が理想的ですよね。

 

それが、Single Family Home と呼ばれるいわゆる一戸建て住宅です。

 

入居者がつきやすく、不動産の上昇局面ではその恩恵も受けやすいタイプですので、初心者はまずこの Single Family Home を購入するのが良いでしょう。

 

Single Family Home を購入する際の注意点として、物件の面積や駐車スペース、地下室のあるなしで人気度は異なります。

 

できればその地域でも広めで、地下室があった方がよいですが、それに固執すべきものではありません。

 

 

また、「プール付きがアメリカでは一般的」という刷り込みを持った人も中にはいますが、そんなことはありません。

 

 

その他の物件タイプ

入居者がつきやすく物件自体の価値も上がりやすい(キャピタルゲインを得やすい)のは、Single Family Home です。

 

でも、アメリカにも他のタイプの不動産もありますので、それらも少しご紹介します。

 

 

小型アパート

アメリカでは二世帯、あるいは四世帯の小型アパートがよく売られています。

 

二世帯はDuplex、四世帯は Fourplex と呼ばれます。

また、あまり多くはないですが、三世帯や六世帯という物件もあります。

 

 

このタイプの不動産の利点は利回りが高いことです。

 

比較的低予算の投資で高利回りを目指したい投資家に人気があります。

 

ただ売却は一般の人ではなく投資家相手となるため、値上がり率は一戸建てに比べて劣ります。

 

 

このタイプの物件に投資する際の注意点は、水道メータと暖房がユニット別に分かれていない場合があるということです。

 

少なくとも水道メーターは個別に分かれているかどうかの確認は必要です。

 

 

コンドミニアム

コンドミニアムとは、日本で言うところのマンションです。

 

安い価格で売りに出されていることも多く投資家としては興味がわくタイプなのですが、投資物件としてはお勧めできません。

 

特に、不動産投資慣れしていない人は手を出さない方が無難です。

 

 

それぞれのコンドミニアムには管理組合があり、賃貸に出すことを許可しない場合が多いからです。

 

あと管理費がかかるため、経費も多くかかります。

 

 

アパート

ユニット数が多いアパートは投資金額が大きくなりますが、資金的に余裕があるのならば検討すべきタイプの物件です。

 

利回りも高くなり、管理もしやすいのが特徴です。

 

小型アパート同様、水道メーターと暖房が共用の場合が多いのが特徴で、光熱費水道代は家賃込になるパターンが多いです。

 

ただ管理の面から考えると、一つの建物に入居者が集まっているので、家賃の回収がしやすいという特徴があります。

 

ある程度まとまった金額を投資するのであれば、一戸建てを複数購入するよりもアパート一棟購入する方が効率が良いかもしれません。

 

 

その他

一般的な「住宅」というよりも商業的になりますが、老人ホームや店舗・オフィス物件、ランドバンキングなども不動産投資に慣れてくれば面白い案件です。

 

投資資金は大きくなりますが、その分リターンも期待できます。

 

アメリカ不動産情報共有勉強会

続きを見る

アメリカ不動産関連記事

アメリカ不動産 コラム

銀行差し押さえ物件 1940年築でも 利回り25%以上可能 なアメリカ不動産

画像だけで情報をいただいたので何とも・・・ なのですが、これ、1940年築の物件です。   1940年と言えば、昭和15年。   もちろん、しっかりとリノベーションされているとは言え、こんなふうにモデルルーム風に見せられると「安っ!」って思ってしまいます。   この物件は、滞納により差し押さえられた物件。   3ベットルーム 3バスルーム 建物面積 1624sqf(約45.5坪) 固定資産税(2019) $1123 予想家賃 $800-$900 物件価格 $40,0 ...

アメリカ不動産 コラム

正しく投資すれば8年で5倍!?

アメリカ不動産の醍醐味は、適切なときに購入して家賃収入を得ながら時期を待ち、その時期がきたときに売却すれば インカムゲインとキャピタルゲインをしっかり取れるところ。   先日のアメリカ不動産投資情報共有勉強会にご参加いただいた方。 2012年に35,000ドルで購入した物件を、8年後に125,000ドルで売却。   購入後、賃貸中は利回り23%ほどになり、4年半で投資分(購入価格)を回収しその後はまるまる収益なので、投資額(物件購入額)のおよそ2倍を家賃で得たことになります。 &nbs ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産 医療関係のオフィス物件への投資はなかなかいいかも

もし、ある程度の投資資金があるのなら、一般の人が住むように戸建て物件を数件買ったりアパート物件を買うのもいいですが、商業施設への投資も検討に値します。   その中でも、医療関係施設は相場的にも家賃は高めですし一度入居したら頻繁に入れ替わりがあるわけでなく、需要もあるので空室リスクは少ないです。     こうした物件は管理が比較的用意なので、日本からアメリカ不動産への投資をする人にも、向いています。     住居用物件の賃貸経営をしていると、必ずと言っていい ...

アメリカ不動産 コラム

デトロイトは今でも荒廃した街か

わたしたち世代(1970年前後から80年代前半くらい生まれの世代)には、アメリカのデトロイトは自動車産業の街という印象がとても強いです。   そしてまた、2013年、財政破綻した街としても有名です。   2008〜2009年にかけてのリーマンショックで、デトロイト市民の失業率は28%を超えました。 自動車産業は大きく影響を受け、その後、デトロイトの街自体が破綻してしまったのです。   でもそんな中、ごく一部の先見の明がある人たちは、大きく下落した不動産を買い進めました。 &n ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産 購入後の修理・修繕はどこまでやるのが投資家として合理的か

投資物件を購入後の修理・補修について、 「自分が住むわけではないから、最低限でいい」   不動産投資オーナーとして、それはまっとうな意見・考えであると思うと同時に、 その物件に住んで家賃を払う側に立った時、どうなんだろう・・・? という気持ちもあります。   ただ、そこにお金をかけると当然家賃に反映しますので、本当に満足というレベルまでお金をかけていいのか、その辺りに明確な答えはないと思います。   安く仕上げた物件ではいい家賃はもらえないでしょうし、将来のキャピタルゲインに ...

人気コラムTOP5

-アメリカ不動産, コラム

© 2020 ミライズ(未来図) Powered by AFFINGER5