アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産で最も重要な管理会社との付き合い方

2020年9月24日

アメリカ不動産投資において一番重要な要素と言ってもいいのが、あなたの不動産を管理してくれる管理会社です。

 

管理会社の質によって、不動産投資の難易度も利益も変わってきます。

 

 

改めて管理会社がやってくれる代表的な仕事を上げておくと、

  • 入居者を見つけてくれる
  • 家賃を回収してくれる
  • トラブルを解決に導いてくれる
  • 必要な修理・修繕のアドバイスをくれる

 

などです。

 

特に、入居者とのトラブルが起こったときには、心強い存在です。

 

 

 

また、よい管理会社だとよく物件管理をしてくれるので、結果的に物件の価値が上がります。

 

悪い管理会社に管理を任せてしまうと、属性の悪い入居者を入れて物件を粗雑に扱われたり、家賃回収ができなくなったりして強制退去させる事態が発生する、そしてそれらが繰り返されることになります。

 

 

ひどい場合には修理会社と結託し、必要のない修理をでっち上げるなども起こります。

 

 

管理会社は実際のところ、管理を任せてみるしかその良し悪しを正確には判断できませんが、管理を頼む前に調べておくべきポイントがあります。

 

 

会社の規模

比較的、規模の大きな会社は無難な管理品質と言われますが、実際にあなたの物件を管理する担当者によってその質はばらつきがあります。

 

小規模な会社やその地域に根付いた会社は、その会社のオーナーの方針が色濃くサービス品質に出ますので、差が大きいと言われます。

 

理想としては、規模がそれほど大きくない、地域に根ざした会社に管理を頼みたいものです。

 

 

管理の範囲が明確

良い管理会社は自社ができることを明確にし、範囲を限定しています。

 

例えば、どこどこからどこどこまでの物件は担当するが、それ以外はできない と言った感じです。

 

どこでも、なんでもやりますという会社は、そのサービス品質を疑った方がよいと思います。

 

 

管理物件数

管理会社がどのくらいの数の物件を管理しているのか、担当者一人にどのくらいの物件管理を任せているのか・・・ この辺りは非常に重要です。

 

 

会社によっては日本でいう「ブラック企業」のようなところもあるので、そのような会社だと担当者が疲弊してすぐに変わったり、管理がいい加減になります。

 

 

入居者のスクリーニング体制

不動産投資において入居者は収入源であり、トラブルや問題の発生源でもあります。

 

入居させるのは簡単ですが、退去させるのは非常に難しいので、入居者の審査(スクリーニング)をどのように、どの程度行なっているかを確認しておくことは、重要です。

 

 

実際の話、期待した仕事をしてくれない、はじめに聞いていた仕事ぶりと違うなどで、管理会社を変えることはよくある話。

 

 

管理会社の選択方法はなかなか難しいものです。

アメリカ不動産投資の一番の難関と言っても差し支えないと思います。

そのリスクをヘッジする方法もあるのですが、細かなところは今後のセミナー等でお話ししたいと思います。

 

アメリカ不動産情報共有勉強会

続きを見る

 

もし日程が合わない場合は、メルマガなどでも案内させていただきますので、是非講読の登録しておいてください。

 

ブログには書けないアメリカ不動産についての情報をお届けするメルマガへのご登録はこちらから ▶︎ https://mail.os7.biz/add/4cdz

 

アメリカ不動産関連記事

アメリカ不動産 物件情報(US)

デトロイトのウエストサイド レンガ造り 地下室付きの一戸建て 3ベッドルームの物件

  デトロイトのウエストサイドにある3ベッドルーム、レンガ造り、地下室付きの一戸建て物件です。   物件情報 (最終の情報更新日:2020年12月20日) 物件の管理番号 2200101009 物件住所 WARWICK StreetDetroit, Michigan 48223-3410 物件価格 $25,000 固定資産税 $1,241 タイプ Residential 建物敷地面積 0.10 Acres(404.69m2) 延べ床面積 1,296 Finished Sqft(117. ...

アメリカ不動産 コラム

不動産投資の成否を握る物件修理のパートナー

アメリカ不動産投資にも必ず「取得物件を修理する」必要が出てきます。   どんな物件を購入したとしても必ず修理が必要となりますが、修理を信頼して任せられる業者との出会いが、アメリカ不動産投資の成否を握ると言っても言い過ぎではありません。     ただ、「仕事の品質」を見るときは、何回か依頼してみないとわかりません。     だから、よくグーグル広告などに出てくる「アメリカ不動産投資業者」を通じて 物件、修理、申請、その他もろもろがパッケージになったものを買う ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産投資の要は修理業者

不動産投資というといかにして優良な物件を仕入れ、優良な入居者に出会うかを重視しそこに重点をおいてしまいがちえす。   もちろんそれらはとても重要で軽視していいものではないですが、それと同等以上に重視すべきことがあります。     それは、修理・修繕をやってくれる会社(業者)の選定と付き合いです。   不動産投資において物件選びは非常に重要ですが、それと同等以上に修理業者の存在は重要です。投資成否を左右するのは修理業者であると言っても過言ではありません。   ...

アメリカ不動産 コラム

国民性を理解することは不動産投資の基本

アメリカ不動産に取り組むのは、インカムゲインでの利回りに偏りがちな日本と比べてキャピタルゲインもしっかり期待できるアメリカの方が、投資として魅力的と感じるからです。   ただ、日本の不動産賃貸経営とアメリカのそれを単純に比較すると、日本人として納得できないことや信じられなことが起こるのも実際のところ。     退去時に起こること 日本で主に日本人ばかりを相手にしている賃貸経営だとなかなか理解しづらいですが、アメリカでは何かをきっかけに家賃の支払いをやめてしまう入居者が、少なく ...

アメリカ不動産 物件情報(US)

ミシガン州デトロイト 1927年築 投資の入り口物件としてぴったり!

  初めて不動産投資をする人にとって素晴らしい投資物件になり得ます。 少ししっかりめの修繕・修理が必要ですが、それでも4年以内に投資元本を上回る家賃収入を得られると考えられます。   こちらもご覧ください ▶︎デトロイト ミシガン州 3ベッドルーム $15,000の物件   物件情報   物件の管理番号 2200091629 物件住所 Detroit, Michigan 48227-3240 物件価格 $15,000 固定資産税 $1,115 タイプ ...

人気コラムTOP5

-アメリカ不動産, コラム

© 2021 ミライズ(未来図)