アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産で最も重要な管理会社との付き合い方

2020年9月24日

アメリカ不動産投資において一番重要な要素と言ってもいいのが、あなたの不動産を管理してくれる管理会社です。

 

管理会社の質によって、不動産投資の難易度も利益も変わってきます。

 

 

改めて管理会社がやってくれる代表的な仕事を上げておくと、

  • 入居者を見つけてくれる
  • 家賃を回収してくれる
  • トラブルを解決に導いてくれる
  • 必要な修理・修繕のアドバイスをくれる

 

などです。

 

特に、入居者とのトラブルが起こったときには、心強い存在です。

 

 

 

また、よい管理会社だとよく物件管理をしてくれるので、結果的に物件の価値が上がります。

 

悪い管理会社に管理を任せてしまうと、属性の悪い入居者を入れて物件を粗雑に扱われたり、家賃回収ができなくなったりして強制退去させる事態が発生する、そしてそれらが繰り返されることになります。

 

 

ひどい場合には修理会社と結託し、必要のない修理をでっち上げるなども起こります。

 

 

管理会社は実際のところ、管理を任せてみるしかその良し悪しを正確には判断できませんが、管理を頼む前に調べておくべきポイントがあります。

 

 

会社の規模

比較的、規模の大きな会社は無難な管理品質と言われますが、実際にあなたの物件を管理する担当者によってその質はばらつきがあります。

 

小規模な会社やその地域に根付いた会社は、その会社のオーナーの方針が色濃くサービス品質に出ますので、差が大きいと言われます。

 

理想としては、規模がそれほど大きくない、地域に根ざした会社に管理を頼みたいものです。

 

 

管理の範囲が明確

良い管理会社は自社ができることを明確にし、範囲を限定しています。

 

例えば、どこどこからどこどこまでの物件は担当するが、それ以外はできない と言った感じです。

 

どこでも、なんでもやりますという会社は、そのサービス品質を疑った方がよいと思います。

 

 

管理物件数

管理会社がどのくらいの数の物件を管理しているのか、担当者一人にどのくらいの物件管理を任せているのか・・・ この辺りは非常に重要です。

 

 

会社によっては日本でいう「ブラック企業」のようなところもあるので、そのような会社だと担当者が疲弊してすぐに変わったり、管理がいい加減になります。

 

 

入居者のスクリーニング体制

不動産投資において入居者は収入源であり、トラブルや問題の発生源でもあります。

 

入居させるのは簡単ですが、退去させるのは非常に難しいので、入居者の審査(スクリーニング)をどのように、どの程度行なっているかを確認しておくことは、重要です。

 

 

実際の話、期待した仕事をしてくれない、はじめに聞いていた仕事ぶりと違うなどで、管理会社を変えることはよくある話。

 

 

管理会社の選択方法はなかなか難しいものです。

アメリカ不動産投資の一番の難関と言っても差し支えないと思います。

そのリスクをヘッジする方法もあるのですが、細かなところは今後のセミナー等でお話ししたいと思います。

 

 

もし日程が合わない場合は、メルマガなどでも案内させていただきますので、是非講読の登録しておいてください。

 

ブログには書けないアメリカ不動産についての情報をお届けするメルマガへのご登録はこちらから ▶︎ https://mail.os7.biz/add/4cdz

 

Follow me!

アメリカ不動産関連記事

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産は高い 投資効率が悪いからやめておいた方がいいらしい

投資に興味を持ってよく調べ、学ばれている方ほど、   「米国はバブル。そんな中 すっかり高くなっている不動産を買うのはどうなの・・・?」   といったことを言われます。     バブルかどうかはともかく、 米国の株式、不動産、それだけでなく普段の生活コストも上がっているのは確かです。   実際、年収1200万円相当レベルでも普通かむしろ貧困層だという話を聞いたり、朝食のコーヒーとサンドウィッチが普通に2000円超えるレベル・・・ という話も聞きます。 &n ...

アメリカ不動産 コラム

差し押さえ物件をオークション出品前に購入して短期で売却する投資法

税金滞納などで差し押さえられた不動産を、市がオークションに出す前に購入できる機会。   約130軒の中から選んで買うことができます。   その具体的な方法は先日の勉強会でお伝えしました。     ざっくりまとめると、 対象の市は ミシガン州のデトロイト大都市圏を構成する街。   その市は人口約2万人。 白人が7割超で住民平均年齢は30代後半。   世帯年収は平均約8万ドルとのことなので、ミシガン州の中では標準あるいは少し上といった感じ。 &nbs ...

アメリカ不動産 コラム 勉強会

アメリカ不動産の醍醐味を味わう2021年最初のチャンス

もう募集は終わりましたが、 3月20日<大阪>・3月21日<東京>で、アメリカ不動産を有利に買う方法と比較的少資金でもそこそこのキャピタルゲインを得ることができる方法をお伝えする勉強会を実施知るのですが。。。   ▶︎ アメリカ不動産投資勉強情報共有会   冒頭、募集は終わったと書きましたが、ご興味ある方は 私のfacebook か 問い合わせフォーム からご連絡ください。   やっぱりアメリカ合衆国を基本に 早ければ 2026年にも GDPでアメリカを抜いて文 ...

アメリカ不動産 コラム 勉強会

アメリカ不動産投資成功の秘訣!差し押さえ物件を安く買う情報共有勉強会(3月20日・21日)

時々 勉強会を開催しています。   今回は、税金滞納などで市役所が差し押さえた物件を安く買える機会が得られるので、その情報やノウハウをお伝えする勉強会です。   3月20日(土):大阪 西梅田駅から徒歩5〜6分 3月21日(日):東京 新宿3丁目駅から徒歩2〜3分   のところで、いずれも13:30ごろから16:00ごろにかけて行います。   詳しくは こちら ▶︎ もっとも有利な物件購入方法をお伝えするアメリカ不動産投資情報共有勉強会    ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産投資をするなら知っておくべき家賃を滞納する人の対処方法

アメリカ不動産投資、賃貸業をやっていると必ずといっていいほど起こる問題に、家賃滞納があります。   入居者が家賃を払わなくなる理由はさまざまで、正直「なにそれ・・・?」というものをあります。   例えば、修理したところに対して 「オレならここはこう修理する。直してくれるまで家賃は払わない」 といったこともあります。   そんな言い訳が通るわけがない、入居者が間違っている・・・と言っても家賃滞納の口実を与えて終わないよう、管理会社などと協力してきちんと対処する必要があります。 ...

人気コラムTOP5

まだデータがありません。

-アメリカ不動産, コラム

PAGE TOP

© since2020 LLC MIRAIS