アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産投資でよく陥る要注意ポイント

アメリカの不動産売買では、クライアントにメリットが大きいように売り手側と書いて側それぞれにエージェントが付き、交渉する場合がほとんどです。

 

エージェントのタイプや得意とするところ、経験や人柄によって、その成果は全く異なったものとなります。

 

 

よくある誤解

不動産投資物件を購入するにあたりエージェントをつけることは普通のことですが、エージェントが不動産に精通したプロであるかどうかは、わかりません。

 

確かにエージェントとしてやるべきことの知識はありますが、自分の住む家を買った人がいたとしても、投資のために物件を購入したことがあるエージェントは、それほど多くはありません。

 

 

でも、投資家のために多くの物件を手がけたことがあるエージェントは、その成果にかかわらず「不動産投資家専門のエージェント」を名乗ったりすることはよくあることです。

 

 

それが悪いというのではなく、投資家の方が「エージェントはプロなので丸投げしておけばOK」という意識は持たないようにしたいところです。

 

 

こんな例も・・・

実際の話、あるエージェントが「とてもいい物件だから是非」と言ってきた不動産がありました。

 

確かに安かったので購入したところ、ちゃっかりそのエージェントが賃借人として入居しました。

最初からそこに住みたいがために買わせたのです。

 

ただ、これはなんのトラブルも起きていなく問題ではありません。

 

 

浄化槽が備え付けられていて、庭には井戸がある物件がありました。

 

エージェントは、その浄化槽装置にも井戸にも大きな問題があることを知っていたのに、教えてくれませんでした。

 

エージェントは雇い主(投資家や物件を購入する人)のために、知っている情報はもちろんのこと、あらゆることを調べて情報提供しなければなりません。

 

調べれば浄化槽や井戸に大きな問題があることはわかったはずです。

 

 

結局その物件は購入後に大規模な修繕が必要なことがわかり、なくなく損切りすることになりました。

 

 

 

また、現地の日本人向け業者がよくやることとして、自分の保有する物件を日本人投資家に販売するという手法があります。

 

現地の事情をよく知らない日本人投資家に、親切を装おって高値で販売することは、よく聞きます。

 

さらに、買い手と売り手 両方のエージェントになり、両方から手数料をせしめるエージェントも、日本人を相手にしていることがほとんどです。

 

 

いいエージェントを見つけその人に仕事を頼むことは特に最初の経験がないうちは難しいので、知り合いか信頼できる人に頼むのが、一番です。

 

 

つい、綺麗なホームページや魅力的な文章の案内文で、「信頼できる業者だ」と思い込んでしまうことがあると思いますが、必ずしも綺麗な宣伝文句を並べた見栄えのいいホームページを持っている業者が素晴らしい・・・ といった思い込みに陥ってしまわないように、しっかりと自分の肌感覚で確かめていただけたらいいなと思います。

 

 

この辺りのコツは、セミナーでもお伝えできたらいいなと思っています。

 

アメリカ不動産情報共有勉強会

続きを見る

 

もし日程が合わない場合は、メルマガなどでも案内させていただきますので、是非講読の登録しておいてください。

 

ブログには書けないアメリカ不動産についての情報をお届けするメルマガへのご登録はこちらから ▶︎ https://mail.os7.biz/add/4cdz

 

 

特別なエージェント

エージェントの中には本当に優秀で投資家の立場に立ち、いい仕事をしてくれる人もいます。

 

そういうエージェントと懇意になることができると、金融機関などが差し押さえた不動産を世の中に出す前に紹介してくれることもあります。

 

その際は、現金ですぐに決済する必要があることがほとんどなので資金がある程度必要ですが、そういうお付き合いができるとアメリカ不動産投資における優位性は、格段に上がります。

 

 

アメリカ不動産関連記事

アメリカ不動産 物件情報(US)

デトロイトのウエストサイド レンガ造り 地下室付きの一戸建て 3ベッドルームの物件

  デトロイトのウエストサイドにある3ベッドルーム、レンガ造り、地下室付きの一戸建て物件です。   物件情報 (最終の情報更新日:2020年12月20日) 物件の管理番号 2200101009 物件住所 WARWICK StreetDetroit, Michigan 48223-3410 物件価格 $25,000 固定資産税 $1,241 タイプ Residential 建物敷地面積 0.10 Acres(404.69m2) 延べ床面積 1,296 Finished Sqft(117. ...

アメリカ不動産 コラム

不動産投資の成否を握る物件修理のパートナー

アメリカ不動産投資にも必ず「取得物件を修理する」必要が出てきます。   どんな物件を購入したとしても必ず修理が必要となりますが、修理を信頼して任せられる業者との出会いが、アメリカ不動産投資の成否を握ると言っても言い過ぎではありません。     ただ、「仕事の品質」を見るときは、何回か依頼してみないとわかりません。     だから、よくグーグル広告などに出てくる「アメリカ不動産投資業者」を通じて 物件、修理、申請、その他もろもろがパッケージになったものを買う ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産投資の要は修理業者

不動産投資というといかにして優良な物件を仕入れ、優良な入居者に出会うかを重視しそこに重点をおいてしまいがちえす。   もちろんそれらはとても重要で軽視していいものではないですが、それと同等以上に重視すべきことがあります。     それは、修理・修繕をやってくれる会社(業者)の選定と付き合いです。   不動産投資において物件選びは非常に重要ですが、それと同等以上に修理業者の存在は重要です。投資成否を左右するのは修理業者であると言っても過言ではありません。   ...

アメリカ不動産 コラム

国民性を理解することは不動産投資の基本

アメリカ不動産に取り組むのは、インカムゲインでの利回りに偏りがちな日本と比べてキャピタルゲインもしっかり期待できるアメリカの方が、投資として魅力的と感じるからです。   ただ、日本の不動産賃貸経営とアメリカのそれを単純に比較すると、日本人として納得できないことや信じられなことが起こるのも実際のところ。     退去時に起こること 日本で主に日本人ばかりを相手にしている賃貸経営だとなかなか理解しづらいですが、アメリカでは何かをきっかけに家賃の支払いをやめてしまう入居者が、少なく ...

アメリカ不動産 物件情報(US)

ミシガン州デトロイト 1927年築 投資の入り口物件としてぴったり!

  初めて不動産投資をする人にとって素晴らしい投資物件になり得ます。 少ししっかりめの修繕・修理が必要ですが、それでも4年以内に投資元本を上回る家賃収入を得られると考えられます。   こちらもご覧ください ▶︎デトロイト ミシガン州 3ベッドルーム $15,000の物件   物件情報   物件の管理番号 2200091629 物件住所 Detroit, Michigan 48227-3240 物件価格 $15,000 固定資産税 $1,115 タイプ ...

人気コラムTOP5

まだデータがありません。

-アメリカ不動産, コラム

© 2021 ミライズ(未来図)