アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産投資でよく陥る要注意ポイント

2020年9月24日

アメリカの不動産売買では、クライアントにメリットが大きいように売り手側と書いて側それぞれにエージェントが付き、交渉する場合がほとんどです。

 

エージェントのタイプや得意とするところ、経験や人柄によって、その成果は全く異なったものとなります。

 

 

よくある誤解

不動産投資物件を購入するにあたりエージェントをつけることは普通のことですが、エージェントが不動産に精通したプロであるかどうかは、わかりません。

 

確かにエージェントとしてやるべきことの知識はありますが、自分の住む家を買った人がいたとしても、投資のために物件を購入したことがあるエージェントは、それほど多くはありません。

 

 

でも、投資家のために多くの物件を手がけたことがあるエージェントは、その成果にかかわらず「不動産投資家専門のエージェント」を名乗ったりすることはよくあることです。

 

 

それが悪いというのではなく、投資家の方が「エージェントはプロなので丸投げしておけばOK」という意識は持たないようにしたいところです。

 

 

こんな例も・・・

実際の話、あるエージェントが「とてもいい物件だから是非」と言ってきた不動産がありました。

 

確かに安かったので購入したところ、ちゃっかりそのエージェントが賃借人として入居しました。

最初からそこに住みたいがために買わせたのです。

 

ただ、これはなんのトラブルも起きていなく問題ではありません。

 

 

浄化槽が備え付けられていて、庭には井戸がある物件がありました。

 

エージェントは、その浄化槽装置にも井戸にも大きな問題があることを知っていたのに、教えてくれませんでした。

 

エージェントは雇い主(投資家や物件を購入する人)のために、知っている情報はもちろんのこと、あらゆることを調べて情報提供しなければなりません。

 

調べれば浄化槽や井戸に大きな問題があることはわかったはずです。

 

 

結局その物件は購入後に大規模な修繕が必要なことがわかり、なくなく損切りすることになりました。

 

 

 

また、現地の日本人向け業者がよくやることとして、自分の保有する物件を日本人投資家に販売するという手法があります。

 

現地の事情をよく知らない日本人投資家に、親切を装おって高値で販売することは、よく聞きます。

 

さらに、買い手と売り手 両方のエージェントになり、両方から手数料をせしめるエージェントも、日本人を相手にしていることがほとんどです。

 

 

いいエージェントを見つけその人に仕事を頼むことは特に最初の経験がないうちは難しいので、知り合いか信頼できる人に頼むのが、一番です。

 

 

つい、綺麗なホームページや魅力的な文章の案内文で、「信頼できる業者だ」と思い込んでしまうことがあると思いますが、必ずしも綺麗な宣伝文句を並べた見栄えのいいホームページを持っている業者が素晴らしい・・・ といった思い込みに陥ってしまわないように、しっかりと自分の肌感覚で確かめていただけたらいいなと思います。

 

 

この辺りのコツは、セミナーでもお伝えできたらいいなと思っています。

 

【次回は7月の予定】アメリカ不動産情報共有勉強会

続きを見る

 

もし日程が合わない場合は、メルマガなどでも案内させていただきますので、是非講読の登録しておいてください。

 

ブログには書けないアメリカ不動産についての情報をお届けするメルマガへのご登録はこちらから ▶︎ https://mail.os7.biz/add/4cdz

 

 

特別なエージェント

エージェントの中には本当に優秀で投資家の立場に立ち、いい仕事をしてくれる人もいます。

 

そういうエージェントと懇意になることができると、金融機関などが差し押さえた不動産を世の中に出す前に紹介してくれることもあります。

 

その際は、現金ですぐに決済する必要があることがほとんどなので資金がある程度必要ですが、そういうお付き合いができるとアメリカ不動産投資における優位性は、格段に上がります。

 

 

アメリカ不動産関連記事

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産は高い 投資効率が悪いからやめておいた方がいいらしい

投資に興味を持ってよく調べ、学ばれている方ほど、   「米国はバブル。そんな中 すっかり高くなっている不動産を買うのはどうなの・・・?」   といったことを言われます。     バブルかどうかはともかく、 米国の株式、不動産、それだけでなく普段の生活コストも上がっているのは確かです。   実際、年収1200万円相当レベルでも普通かむしろ貧困層だという話を聞いたり、朝食のコーヒーとサンドウィッチが普通に2000円超えるレベル・・・ という話も聞きます。 &n ...

アメリカ不動産 コラム

差し押さえ物件をオークション出品前に購入して短期で売却する投資法

税金滞納などで差し押さえられた不動産を、市がオークションに出す前に購入できる機会。   約130軒の中から選んで買うことができます。   その具体的な方法は先日の勉強会でお伝えしました。     ざっくりまとめると、 対象の市は ミシガン州のデトロイト大都市圏を構成する街。   その市は人口約2万人。 白人が7割超で住民平均年齢は30代後半。   世帯年収は平均約8万ドルとのことなので、ミシガン州の中では標準あるいは少し上といった感じ。 &nbs ...

アメリカ不動産 コラム 勉強会

アメリカ不動産の醍醐味を味わう2021年最初のチャンス

もう募集は終わりましたが、 3月20日<大阪>・3月21日<東京>で、アメリカ不動産を有利に買う方法と比較的少資金でもそこそこのキャピタルゲインを得ることができる方法をお伝えする勉強会を実施知るのですが。。。   ▶︎ アメリカ不動産投資勉強情報共有会   冒頭、募集は終わったと書きましたが、ご興味ある方は 私のfacebook か 問い合わせフォーム からご連絡ください。   もくじ やっぱりアメリカ合衆国を基本に2021年最初のチャンス情報をもとに試算してみ ...

アメリカ不動産 コラム 勉強会

アメリカ不動産投資成功の秘訣!差し押さえ物件を安く買う情報共有勉強会(3月20日・21日)

時々 勉強会を開催しています。   今回は、税金滞納などで市役所が差し押さえた物件を安く買える機会が得られるので、その情報やノウハウをお伝えする勉強会です。   3月20日(土):大阪 西梅田駅から徒歩5〜6分 3月21日(日):東京 新宿3丁目駅から徒歩2〜3分   のところで、いずれも13:30ごろから16:00ごろにかけて行います。   詳しくは こちら ▶︎ もっとも有利な物件購入方法をお伝えするアメリカ不動産投資情報共有勉強会    ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産投資をするなら知っておくべき家賃を滞納する人の対処方法

アメリカ不動産投資、賃貸業をやっていると必ずといっていいほど起こる問題に、家賃滞納があります。   入居者が家賃を払わなくなる理由はさまざまで、正直「なにそれ・・・?」というものをあります。   例えば、修理したところに対して 「オレならここはこう修理する。直してくれるまで家賃は払わない」 といったこともあります。   そんな言い訳が通るわけがない、入居者が間違っている・・・と言っても家賃滞納の口実を与えて終わないよう、管理会社などと協力してきちんと対処する必要があります。 ...

人気コラムTOP5

まだデータがありません。

-アメリカ不動産, コラム

© since2020 LLC MIRAIS