アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産投資でうまくいく人

2020年9月22日

アメリカ不動産を活用した投資でうまくいくコツは、適切な時期に適切な不動産を購入し、適切な時期に売ることです。

 

まさに「安く買って高く売る」ことですが、もっと大切なことがあります。

 

それは、「マインド」とか「考え方」という、一見すると非論理的、非科学的で極めて感情的なものですが、そのうちのいくつかをご紹介します。

 

 

ストレスを溜め込みやすい人は注意

購入した不動産への入居者を募る場合、特に経済が低迷している時は「属性のいい人」を見つけるのが大変な場合があります。

 

「属性のよくない人」以外を入居させてしまうと、家賃滞納やその先の強制退去トラブルに合う場合があります。

 

ただ、これらのトラブルは賃貸経営をしていく上である程度覚悟しなければならないリスク。

そして、自分自身がよくない住民と対峙する必要はなく、その専門家にある程度任せておけばいいのですが、過剰なストレスを抱えてしまって「もういやだ」となってしまう人には、 アメリカ不動産投資は向きません。

 

社会の経済状態がよくなってくれば、こうしたトラブルが発生する確率は、グンと下がってきます。

 

 

文化的な違いを理解できず寛容になれない

アメリカは契約意識が高く、契約=約束事は守られるという思い込みが強すぎると、そうでもないことにイライラしストレスを感じます。

 

契約ごとではありませんが、メールをしたのに返信がない、約束した日や時間を忘れられ、約束をすっぽかされるといったことは、よく起こります。

 

これにいちいち目くじらを立てるようでは、そのストレスに耐えられなくなってしまいます。

 

約束をしたからその日まで放っておくといったことはしないで、何気ないことでもマメに連絡を入れてみるだとか、約束の日の10日前、2、3日前に再確認をしてみるだとかいったマメさは必要です。

 

こっちの責任ではないからと任せっきりにする人は、アメリカ不動産投資ではうまくいかない傾向があります。

 

 

長期目線で考えられない

アメリカ不動産投資の特徴の一つは、buy & hold で売却時期を待ち、トータルで資産構築していくというスタイルです。

 

日本で不動産投資をされている方は日本での常識や考え方をそのままアメリカ不動産投資に当てはめてしまい、物件自体の価格上昇は見込めないので利回りのみで判断し、辛抱強く待てない人もいます。

 

アメリカ 不動産の場合、現在のような価格下落時に買い上昇に備えて準備しておく、家賃収入を得ながらその時期を待つということが大切になります。

 

リスク許容度を持ちながら文化的な違いも寛容し、長期目線でじっくり取り組むことがアメリカ不動産投資では大切になってきます。

 

 

現実的な目を持っている

投資をする人で、一定数 「投資すればお金持ちに成れる」と思う人がいます。

 

インデックス投資のような比較的手のかからないものであっても時々は基準価格を確認したり、社会情勢が変わっていないかなどを確認する必要があります。

 

アメリカ不動産投資をする、アメリカに不動産物件を持つだけであとは管理会社に丸投げでOKといったことではうまくいきませんので、適度に、適切に「関与」していく姿勢が大切です。

 

 

アメリカ不動産で成功するために

アメリカ不動産で成功するためには上記のようなマインドが必要です。

 

また、これらが備わると人間的にも大きくなり、多様性や寛容性が身につくことなどから人生に対する向き合い方や考え方も大きく変わり、そのことで幸せに対する価値観も大きく変わる可能性が高いです。

 

 

単なるお金儲けではなく、「投資によって関わる人(賃貸人も管理会社もそして自分も)全てを幸せにしたい」くらいのマインドをもっているほうが、結局のところ すべてのことがうまくいく傾向にあるように思います。

 

自分のことばかりで短絡的な儲けばかり追う人に人間的魅力を感じることはないでしょう。

 

投資で成功する人は、人間的にも成功する人と言えるのだと思います。

 

 

▶︎ アメリカ不動産投資 情報共有勉強会 @新宿 10月10日

アメリカ不動産関連記事

アメリカ不動産 物件情報(US)

デトロイトのウエストサイド レンガ造り 地下室付きの一戸建て 3ベッドルームの物件

  デトロイトのウエストサイドにある3ベッドルーム、レンガ造り、地下室付きの一戸建て物件です。   物件情報 (最終の情報更新日:2020年12月20日) 物件の管理番号 2200101009 物件住所 WARWICK StreetDetroit, Michigan 48223-3410 物件価格 $25,000 固定資産税 $1,241 タイプ Residential 建物敷地面積 0.10 Acres(404.69m2) 延べ床面積 1,296 Finished Sqft(117. ...

アメリカ不動産 コラム

不動産投資の成否を握る物件修理のパートナー

アメリカ不動産投資にも必ず「取得物件を修理する」必要が出てきます。   どんな物件を購入したとしても必ず修理が必要となりますが、修理を信頼して任せられる業者との出会いが、アメリカ不動産投資の成否を握ると言っても言い過ぎではありません。     ただ、「仕事の品質」を見るときは、何回か依頼してみないとわかりません。     だから、よくグーグル広告などに出てくる「アメリカ不動産投資業者」を通じて 物件、修理、申請、その他もろもろがパッケージになったものを買う ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産投資の要は修理業者

不動産投資というといかにして優良な物件を仕入れ、優良な入居者に出会うかを重視しそこに重点をおいてしまいがちえす。   もちろんそれらはとても重要で軽視していいものではないですが、それと同等以上に重視すべきことがあります。     それは、修理・修繕をやってくれる会社(業者)の選定と付き合いです。   不動産投資において物件選びは非常に重要ですが、それと同等以上に修理業者の存在は重要です。投資成否を左右するのは修理業者であると言っても過言ではありません。   ...

アメリカ不動産 コラム

国民性を理解することは不動産投資の基本

アメリカ不動産に取り組むのは、インカムゲインでの利回りに偏りがちな日本と比べてキャピタルゲインもしっかり期待できるアメリカの方が、投資として魅力的と感じるからです。   ただ、日本の不動産賃貸経営とアメリカのそれを単純に比較すると、日本人として納得できないことや信じられなことが起こるのも実際のところ。     退去時に起こること 日本で主に日本人ばかりを相手にしている賃貸経営だとなかなか理解しづらいですが、アメリカでは何かをきっかけに家賃の支払いをやめてしまう入居者が、少なく ...

アメリカ不動産 物件情報(US)

ミシガン州デトロイト 1927年築 投資の入り口物件としてぴったり!

  初めて不動産投資をする人にとって素晴らしい投資物件になり得ます。 少ししっかりめの修繕・修理が必要ですが、それでも4年以内に投資元本を上回る家賃収入を得られると考えられます。   こちらもご覧ください ▶︎デトロイト ミシガン州 3ベッドルーム $15,000の物件   物件情報   物件の管理番号 2200091629 物件住所 Detroit, Michigan 48227-3240 物件価格 $15,000 固定資産税 $1,115 タイプ ...

人気コラムTOP5

まだデータがありません。

-アメリカ不動産, コラム

© 2021 ミライズ(未来図)