アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産で資産を構築する方法の一例

学生のとき留学していたアメリカ・シアトルで借りていたアパートの賃料が、なんと3倍近く上がってるんです!

 

という話を、ミライズの社員メンバーから聞きました。

 

日本では30年と比較して家賃が3倍にもなる物件は、ほとんどないと思います。

 

25年で家賃が3倍? 不動産投資の魅力はアメリカで味わえます

続きを見る

ミライズの社員がもつ社員権とは

続きを見る

 

アメリカ不動産の特徴とメリット

30年で家賃が3倍になる例は、アメリカではそんなに珍しいことではありません。

 

なぜなら、アメリカは人口、若者も増えており、経済的にも成長を続けています。

 

また、FRB(アメリカの中央銀行)が適切な金融施策で適度なインフレへと誘導し、また必要に応じて引き締めています。

 

ちなみに、2023年まではアメリカは金融緩和政策を押し進めると言っています。

 

 

適度なインフレ(物価上昇)が続いて労働者の賃金も上昇しているので、額面で家賃が3倍と言っても「日本における価値の3倍」と同等ではありません。

 

メンバーの方とも、

インフレの国へ投資して、デフレの国で暮らすのがいいかもしれませんね〜!

 

なんて話をしていました。

 

そもそも築古だからといって価値を失いにくいアメリカ不動産ですが、今は経済状況の悪化で失業が増え、不動産を手放したい人・手放さざるをえない方が増えています。

 

 

つまり、不動産価格は下落傾向ということです。

 

そこで心配になるのは日本のバブル崩壊後のように「(成長が)失われる」ことが心配ですが、過去を見る限りそのようなことはありません。

 

むしろ、リーマンショック時の大きな下落から10年ほどで、以前と同等水準かそれ以上に価格上昇しているのが、アメリカ不動産の特徴です。

 

 

「成長するところへ投資する」という大原則にしたがっても、アメリカ不動産に投資することは、理にかなっていると言えそうです。

 

 

実際の話・・・

またリーマンショックの影響から立ち直りきらず、価格が抑えられていた2010年。

 

イリノイ州で手にした差し押さえ物件は、11、000ドル。

それにプラスして修理に15,000ドルかけましたので、合計で25,000ドルほど投資したことになります。

 

円換算するとその頃は1ドル80円台後半でしたので、220万円前後です。

 

賃貸に出して当時で月額 750ドル、その後最終的に1000ドルの家賃をいただき、2019年はじめに売却しました。

 

その時の売値は、92,000ドルでした。(1ドル110円で、1000万円以上)

 

 

家賃収入と売却益を合わせると、結構な利益だと思います。

もちろん全てがこのように成功するとは限りませんが、根本的なところを間違わなければこれに近い結果を今後もえられるのではないかと思います。

 

根本的な間違いをしないために

経済危機の前、途中に買うというのは、その後の経済回復に合わせて、少しずつ家賃を上げていけるということです。

 

そして、アメリカはおよそ10年ごとぐらいに不動産価格の下落局面がやってくるので、それを見越して手放してもいいですよね。

 

 

根本的な間違いをしなければ、日本の不動産に比べると高利回りを得られるのでかなり有利になると思います。

 

 

こういったアメリカ不動産の優位性の背景や、投資・物件の購入とその後の管理、売却に至るまで、「具体的にどうしたらいい?」ということをお伝えするアメリカ不動産に関する勉強・情報共有会を開催します。

 

ご興味のある方は、是非ご参加ください。

 

アメリカ不動産情報共有勉強会

続きを見る

 

 

アメリカ不動産関連記事

アメリカ不動産 コラム

銀行差し押さえ物件 1940年築でも 利回り25%以上可能 なアメリカ不動産

画像だけで情報をいただいたので何とも・・・ なのですが、これ、1940年築の物件です。   1940年と言えば、昭和15年。   もちろん、しっかりとリノベーションされているとは言え、こんなふうにモデルルーム風に見せられると「安っ!」って思ってしまいます。   この物件は、滞納により差し押さえられた物件。   3ベットルーム 3バスルーム 建物面積 1624sqf(約45.5坪) 固定資産税(2019) $1123 予想家賃 $800-$900 物件価格 $40,0 ...

アメリカ不動産 コラム

正しく投資すれば8年で5倍!?

アメリカ不動産の醍醐味は、適切なときに購入して家賃収入を得ながら時期を待ち、その時期がきたときに売却すれば インカムゲインとキャピタルゲインをしっかり取れるところ。   先日のアメリカ不動産投資情報共有勉強会にご参加いただいた方。 2012年に35,000ドルで購入した物件を、8年後に125,000ドルで売却。   購入後、賃貸中は利回り23%ほどになり、4年半で投資分(購入価格)を回収しその後はまるまる収益なので、投資額(物件購入額)のおよそ2倍を家賃で得たことになります。 &nbs ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産 医療関係のオフィス物件への投資はなかなかいいかも

もし、ある程度の投資資金があるのなら、一般の人が住むように戸建て物件を数件買ったりアパート物件を買うのもいいですが、商業施設への投資も検討に値します。   その中でも、医療関係施設は相場的にも家賃は高めですし一度入居したら頻繁に入れ替わりがあるわけでなく、需要もあるので空室リスクは少ないです。     こうした物件は管理が比較的用意なので、日本からアメリカ不動産への投資をする人にも、向いています。     住居用物件の賃貸経営をしていると、必ずと言っていい ...

アメリカ不動産 コラム

デトロイトは今でも荒廃した街か

わたしたち世代(1970年前後から80年代前半くらい生まれの世代)には、アメリカのデトロイトは自動車産業の街という印象がとても強いです。   そしてまた、2013年、財政破綻した街としても有名です。   2008〜2009年にかけてのリーマンショックで、デトロイト市民の失業率は28%を超えました。 自動車産業は大きく影響を受け、その後、デトロイトの街自体が破綻してしまったのです。   でもそんな中、ごく一部の先見の明がある人たちは、大きく下落した不動産を買い進めました。 &n ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産 購入後の修理・修繕はどこまでやるのが投資家として合理的か

投資物件を購入後の修理・補修について、 「自分が住むわけではないから、最低限でいい」   不動産投資オーナーとして、それはまっとうな意見・考えであると思うと同時に、 その物件に住んで家賃を払う側に立った時、どうなんだろう・・・? という気持ちもあります。   ただ、そこにお金をかけると当然家賃に反映しますので、本当に満足というレベルまでお金をかけていいのか、その辺りに明確な答えはないと思います。   安く仕上げた物件ではいい家賃はもらえないでしょうし、将来のキャピタルゲインに ...

人気コラムTOP5

-アメリカ不動産, コラム

© 2020 ミライズ(未来図) Powered by AFFINGER5