アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産投資を始める人にとって一番やりやすい方法

新型コロナウイルス蔓延のせいもあり、アメリカも経済危機に瀕しています。

 

今も失業や倒産は出ていますが、これからますます増えその影響はより顕在化していくでしょう。

 

 

でもその反面、アメリカ不動産は価格が下がり、まさにバーゲンセールが始まろうとしてます。

 

稀に見る アメリカ不動産投資に参入するチャンスなわけで、長期目線で取り組める人であればかなりの高確率で将来の経済的な安定と自由のための資産構築ができるのではないかと思います。

 

 

アメリカ不動産投資を始める人にとって一番やりやすい方法

例えば、西海岸に住んでいる人がフロリダやテキサスの不動産投資物件を買う場合。

 

そして、日本などアメリカ国外に住んでいる場合、Turn Key Property と呼ばれるものを買う傾向があります。

 

 

また、遠隔地であるだけでなく、言葉の違いや文化の違いの理解に不安があるなどの理由からも、利用されます。

 

Turn Key Propertyとはすでに修理・修復済みで、管理会社までセットにされている物件のことで、場合によっては入居者(テナント)まですでに決まっている場合もあります。

 

 

投資物件から離れた場所に住む投資家や不動産投資初心者にとって非常に有益なサービスですが、そこには当然 Turn Key Property の販売会社の利益が上乗せされています。

 

 

自分で物件を購入したとしても修理・修繕・修復や管理会社に管理を委託する費用など様々かかりますので「販売会社の利益が乗せられているからダメ」とは言えませんが、必ず投資家が行うべきことがあります。

 

 

投資家が行うべき確認

初めてアメリカ不動産を買うのであれば、Turn Key Property  にすることは、間違いではありませんしむしろ良いと思います。

 

ただ、少なくとも上乗せされている利益を払った後の価格(Turn Key Property 販売会社がつけている価格)が適正かどうかの判断はすべきです。

 

購入する物件の価格によっても異なってきますが、場合によっては仕入れ価格の二倍以上で販売しているケースもあります。

 

ただし、二倍だからといって暴利をむさぼる悪い会社だというわけではありません。

 

 

その価格で利益が出て、満足の行く利回りと将来の売却益を取れるような物件であることが大切です。

 

 

特に、日本の販売業者を仲介して購入する場合などに多くみられるパターンとして、本来、その物件から20%超の利回りが取れるのに、日本人の「不動産投資における適性利回りはこれくらい・・・」という感覚に合わせて、7〜10%の利回りになるよう販売価格が調整されたりしていることは、少なくありません。

 

 

また、Turn Key Property 販売会社が物件を見つけてきた時点ですでに修理・修復が終わっていて、本来「即入居可能」な物件なのに修理費を上乗せしている場合もあります。

ただし、アメリカの不動産は比較的透明性が高く、そうしたことは調べればわかる場合がほとんどです。

 

 

その調べ方や物件の適正価格の調査方法なども含めて、勉強会などでお伝えしていこうと思います。

 

アメリカ不動産情報共有勉強会

続きを見る

 

ミライズの社員がもつ社員権とは

続きを見る

アメリカ不動産関連記事

アメリカ不動産 コラム

銀行差し押さえ物件 1940年築でも 利回り25%以上可能 なアメリカ不動産

画像だけで情報をいただいたので何とも・・・ なのですが、これ、1940年築の物件です。   1940年と言えば、昭和15年。   もちろん、しっかりとリノベーションされているとは言え、こんなふうにモデルルーム風に見せられると「安っ!」って思ってしまいます。   この物件は、滞納により差し押さえられた物件。   3ベットルーム 3バスルーム 建物面積 1624sqf(約45.5坪) 固定資産税(2019) $1123 予想家賃 $800-$900 物件価格 $40,0 ...

アメリカ不動産 コラム

正しく投資すれば8年で5倍!?

アメリカ不動産の醍醐味は、適切なときに購入して家賃収入を得ながら時期を待ち、その時期がきたときに売却すれば インカムゲインとキャピタルゲインをしっかり取れるところ。   先日のアメリカ不動産投資情報共有勉強会にご参加いただいた方。 2012年に35,000ドルで購入した物件を、8年後に125,000ドルで売却。   購入後、賃貸中は利回り23%ほどになり、4年半で投資分(購入価格)を回収しその後はまるまる収益なので、投資額(物件購入額)のおよそ2倍を家賃で得たことになります。 &nbs ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産 医療関係のオフィス物件への投資はなかなかいいかも

もし、ある程度の投資資金があるのなら、一般の人が住むように戸建て物件を数件買ったりアパート物件を買うのもいいですが、商業施設への投資も検討に値します。   その中でも、医療関係施設は相場的にも家賃は高めですし一度入居したら頻繁に入れ替わりがあるわけでなく、需要もあるので空室リスクは少ないです。     こうした物件は管理が比較的用意なので、日本からアメリカ不動産への投資をする人にも、向いています。     住居用物件の賃貸経営をしていると、必ずと言っていい ...

アメリカ不動産 コラム

デトロイトは今でも荒廃した街か

わたしたち世代(1970年前後から80年代前半くらい生まれの世代)には、アメリカのデトロイトは自動車産業の街という印象がとても強いです。   そしてまた、2013年、財政破綻した街としても有名です。   2008〜2009年にかけてのリーマンショックで、デトロイト市民の失業率は28%を超えました。 自動車産業は大きく影響を受け、その後、デトロイトの街自体が破綻してしまったのです。   でもそんな中、ごく一部の先見の明がある人たちは、大きく下落した不動産を買い進めました。 &n ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産 購入後の修理・修繕はどこまでやるのが投資家として合理的か

投資物件を購入後の修理・補修について、 「自分が住むわけではないから、最低限でいい」   不動産投資オーナーとして、それはまっとうな意見・考えであると思うと同時に、 その物件に住んで家賃を払う側に立った時、どうなんだろう・・・? という気持ちもあります。   ただ、そこにお金をかけると当然家賃に反映しますので、本当に満足というレベルまでお金をかけていいのか、その辺りに明確な答えはないと思います。   安く仕上げた物件ではいい家賃はもらえないでしょうし、将来のキャピタルゲインに ...

人気コラムTOP5

-アメリカ不動産, コラム

© 2020 ミライズ(未来図) Powered by AFFINGER5