アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産投資を始める人にとって一番やりやすい方法

新型コロナウイルス蔓延のせいもあり、アメリカも経済危機に瀕しています。

 

今も失業や倒産は出ていますが、これからますます増えその影響はより顕在化していくでしょう。

 

 

でもその反面、アメリカ不動産は価格が下がり、まさにバーゲンセールが始まろうとしてます。

 

稀に見る アメリカ不動産投資に参入するチャンスなわけで、長期目線で取り組める人であればかなりの高確率で将来の経済的な安定と自由のための資産構築ができるのではないかと思います。

 

 

アメリカ不動産投資を始める人にとって一番やりやすい方法

例えば、西海岸に住んでいる人がフロリダやテキサスの不動産投資物件を買う場合。

 

そして、日本などアメリカ国外に住んでいる場合、Turn Key Property と呼ばれるものを買う傾向があります。

 

 

また、遠隔地であるだけでなく、言葉の違いや文化の違いの理解に不安があるなどの理由からも、利用されます。

 

Turn Key Propertyとはすでに修理・修復済みで、管理会社までセットにされている物件のことで、場合によっては入居者(テナント)まですでに決まっている場合もあります。

 

 

投資物件から離れた場所に住む投資家や不動産投資初心者にとって非常に有益なサービスですが、そこには当然 Turn Key Property の販売会社の利益が上乗せされています。

 

 

自分で物件を購入したとしても修理・修繕・修復や管理会社に管理を委託する費用など様々かかりますので「販売会社の利益が乗せられているからダメ」とは言えませんが、必ず投資家が行うべきことがあります。

 

 

投資家が行うべき確認

初めてアメリカ不動産を買うのであれば、Turn Key Property  にすることは、間違いではありませんしむしろ良いと思います。

 

ただ、少なくとも上乗せされている利益を払った後の価格(Turn Key Property 販売会社がつけている価格)が適正かどうかの判断はすべきです。

 

購入する物件の価格によっても異なってきますが、場合によっては仕入れ価格の二倍以上で販売しているケースもあります。

 

ただし、二倍だからといって暴利をむさぼる悪い会社だというわけではありません。

 

 

その価格で利益が出て、満足の行く利回りと将来の売却益を取れるような物件であることが大切です。

 

 

特に、日本の販売業者を仲介して購入する場合などに多くみられるパターンとして、本来、その物件から20%超の利回りが取れるのに、日本人の「不動産投資における適性利回りはこれくらい・・・」という感覚に合わせて、7〜10%の利回りになるよう販売価格が調整されたりしていることは、少なくありません。

 

 

また、Turn Key Property 販売会社が物件を見つけてきた時点ですでに修理・修復が終わっていて、本来「即入居可能」な物件なのに修理費を上乗せしている場合もあります。

ただし、アメリカの不動産は比較的透明性が高く、そうしたことは調べればわかる場合がほとんどです。

 

 

その調べ方や物件の適正価格の調査方法なども含めて、勉強会などでお伝えしていこうと思います。

 

アメリカ不動産情報共有勉強会

続きを見る

 

ミライズの社員がもつ社員権とは

続きを見る

アメリカ不動産関連記事

アメリカ不動産 物件情報(US)

デトロイトのウエストサイド レンガ造り 地下室付きの一戸建て 3ベッドルームの物件

  デトロイトのウエストサイドにある3ベッドルーム、レンガ造り、地下室付きの一戸建て物件です。   物件情報 (最終の情報更新日:2020年12月20日) 物件の管理番号 2200101009 物件住所 WARWICK StreetDetroit, Michigan 48223-3410 物件価格 $25,000 固定資産税 $1,241 タイプ Residential 建物敷地面積 0.10 Acres(404.69m2) 延べ床面積 1,296 Finished Sqft(117. ...

アメリカ不動産 コラム

不動産投資の成否を握る物件修理のパートナー

アメリカ不動産投資にも必ず「取得物件を修理する」必要が出てきます。   どんな物件を購入したとしても必ず修理が必要となりますが、修理を信頼して任せられる業者との出会いが、アメリカ不動産投資の成否を握ると言っても言い過ぎではありません。     ただ、「仕事の品質」を見るときは、何回か依頼してみないとわかりません。     だから、よくグーグル広告などに出てくる「アメリカ不動産投資業者」を通じて 物件、修理、申請、その他もろもろがパッケージになったものを買う ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産投資の要は修理業者

不動産投資というといかにして優良な物件を仕入れ、優良な入居者に出会うかを重視しそこに重点をおいてしまいがちえす。   もちろんそれらはとても重要で軽視していいものではないですが、それと同等以上に重視すべきことがあります。     それは、修理・修繕をやってくれる会社(業者)の選定と付き合いです。   不動産投資において物件選びは非常に重要ですが、それと同等以上に修理業者の存在は重要です。投資成否を左右するのは修理業者であると言っても過言ではありません。   ...

アメリカ不動産 コラム

国民性を理解することは不動産投資の基本

アメリカ不動産に取り組むのは、インカムゲインでの利回りに偏りがちな日本と比べてキャピタルゲインもしっかり期待できるアメリカの方が、投資として魅力的と感じるからです。   ただ、日本の不動産賃貸経営とアメリカのそれを単純に比較すると、日本人として納得できないことや信じられなことが起こるのも実際のところ。     退去時に起こること 日本で主に日本人ばかりを相手にしている賃貸経営だとなかなか理解しづらいですが、アメリカでは何かをきっかけに家賃の支払いをやめてしまう入居者が、少なく ...

アメリカ不動産 物件情報(US)

ミシガン州デトロイト 1927年築 投資の入り口物件としてぴったり!

  初めて不動産投資をする人にとって素晴らしい投資物件になり得ます。 少ししっかりめの修繕・修理が必要ですが、それでも4年以内に投資元本を上回る家賃収入を得られると考えられます。   こちらもご覧ください ▶︎デトロイト ミシガン州 3ベッドルーム $15,000の物件   物件情報   物件の管理番号 2200091629 物件住所 Detroit, Michigan 48227-3240 物件価格 $15,000 固定資産税 $1,115 タイプ ...

人気コラムTOP5

-アメリカ不動産, コラム

© 2021 ミライズ(未来図)