コラム

中古住宅をおよそ40%引きの280万円で購入できるわけ

498万円で売りに出されていた中古住宅を280万円で購入!

 

その値引額、218万円です。

 

 

購入価格を下げることができれば、リフォーム予算をしっかり確保しつつ、高い利回りを得やすくなります!
 

とは言っても、なんでもかんでも価格交渉すればいいわけではありません。

売主にも売りに出した不動産への思いや事情、タイミングやその瞬間における感情がありますので、闇雲に価格交渉をしてもうまくいきませんし、交渉決裂という結果になることの方が多いのが本当のところ。

 

売る側に立ってみれば、「なめんな!」と反感が湧いてくることもありそうです。

でも、少しでも安く買いたいですよね。

 

安く買えることで想定していたお家賃よりも安くできたり、もう少しリフォームにお金をかけてより快適に利用できるようになったり、自分が嬉しいだけでなく、その不動産に入居する人、利用する人にも幸せを感じてもらえるかもしれません。

 

 

わたしたち ミライズの社員には、それを得意とする不動産に精通した人が社員としています。

 

ミライズの社員がもつ社員権とは

続きを見る

冒頭の「498万円で売りに出されていた中古住宅を280万円で購入」したのはその方で、創業100年を超える建築工務店の代表取締役で、一級建築士もあり、宅建士の資格もお持ち(つまり宅建業社=不動産屋さん)。

 

まさに建築から仲介・交渉、販売に至るまでの不動産のプロフェッショナルでありエキスパートの方。

得意とされているエリアで投資物件をはじめ気になる不動産があれば、まずその方に相談するようにしています。
 

ただし、ちょっとしたコツがありまして、
ネットなどの情報で、いいな!と思う不動産があったら、情報を掲載している不動産業者に連絡する前に、シゲさんに相談すること。

関東に住んでいる方も九州に住んでいる方も北海道の方も、この災害の多い日本、自分の住まい以外の遠隔地に収入源や資産があると、それもリスクヘッジの一つです。

だけど、遠隔地は土地勘もなければ本当の相場もわからないので、不動産業者の言いなりになってしまいがち。

 

そんな時に仲間内にプロフェッショナルでエキスパートがいれば、頼もしいですよね。

 

ーーーーーーー
ちなみにですが、わたくしの祖父の家。

空き家になって数十年。

今は親戚のおじさんが持っているのですが、何にも使っていなくてただ朽ちていくだけです。

そこで、借りるか安く譲ってもらうか お願いしたのですが、ダメ・・・

「今使ってないんだし、今後使う予定もないのにいいじゃん!」って思ったのですが、やはり持ち主の気持ちをしっかり理解しないとダメですね・・・

アメリカ不動産関連記事

アメリカ不動産 物件情報(US)

デトロイトのウエストサイド レンガ造り 地下室付きの一戸建て 3ベッドルームの物件

  デトロイトのウエストサイドにある3ベッドルーム、レンガ造り、地下室付きの一戸建て物件です。   物件情報 (最終の情報更新日:2020年12月20日) 物件の管理番号 2200101009 物件住所 WARWICK StreetDetroit, Michigan 48223-3410 物件価格 $25,000 固定資産税 $1,241 タイプ Residential 建物敷地面積 0.10 Acres(404.69m2) 延べ床面積 1,296 Finished Sqft(117. ...

アメリカ不動産 コラム

不動産投資の成否を握る物件修理のパートナー

アメリカ不動産投資にも必ず「取得物件を修理する」必要が出てきます。   どんな物件を購入したとしても必ず修理が必要となりますが、修理を信頼して任せられる業者との出会いが、アメリカ不動産投資の成否を握ると言っても言い過ぎではありません。     ただ、「仕事の品質」を見るときは、何回か依頼してみないとわかりません。     だから、よくグーグル広告などに出てくる「アメリカ不動産投資業者」を通じて 物件、修理、申請、その他もろもろがパッケージになったものを買う ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産投資の要は修理業者

不動産投資というといかにして優良な物件を仕入れ、優良な入居者に出会うかを重視しそこに重点をおいてしまいがちえす。   もちろんそれらはとても重要で軽視していいものではないですが、それと同等以上に重視すべきことがあります。     それは、修理・修繕をやってくれる会社(業者)の選定と付き合いです。   不動産投資において物件選びは非常に重要ですが、それと同等以上に修理業者の存在は重要です。投資成否を左右するのは修理業者であると言っても過言ではありません。   ...

アメリカ不動産 コラム

国民性を理解することは不動産投資の基本

アメリカ不動産に取り組むのは、インカムゲインでの利回りに偏りがちな日本と比べてキャピタルゲインもしっかり期待できるアメリカの方が、投資として魅力的と感じるからです。   ただ、日本の不動産賃貸経営とアメリカのそれを単純に比較すると、日本人として納得できないことや信じられなことが起こるのも実際のところ。     退去時に起こること 日本で主に日本人ばかりを相手にしている賃貸経営だとなかなか理解しづらいですが、アメリカでは何かをきっかけに家賃の支払いをやめてしまう入居者が、少なく ...

アメリカ不動産 物件情報(US)

ミシガン州デトロイト 1927年築 投資の入り口物件としてぴったり!

  初めて不動産投資をする人にとって素晴らしい投資物件になり得ます。 少ししっかりめの修繕・修理が必要ですが、それでも4年以内に投資元本を上回る家賃収入を得られると考えられます。   こちらもご覧ください ▶︎デトロイト ミシガン州 3ベッドルーム $15,000の物件   物件情報   物件の管理番号 2200091629 物件住所 Detroit, Michigan 48227-3240 物件価格 $15,000 固定資産税 $1,115 タイプ ...

人気コラムTOP5

まだデータがありません。

-コラム

© 2021 ミライズ(未来図)