アメリカ不動産 コラム

中長期目線で今からやっておくべき準備 

日本に比べるとアメリカの中古不動産市場は、価格の上下に幅があります。

 

時に、「暴落」とも感じるような下落も周期的に起こっています。

 

予め、それを見込んだ投資を行なっておくべきなんですね。

 

 

今、アメリカ(だけでなく世界)は、経済の下落局面に差し掛かっています。

 

そのために、欧米各国も大規模な金融緩和で市場に資金を供給しています。

 

 

アメリカの人は日本人と比べると、住宅ローンを含む借金に対して寛容というか、抵抗が少ないようです。

 

なので、所得が低くても住宅ローンを抱えて自宅を持っていたりしますし、また金融機関も不動産という担保があるので比較的容易くお金を貸し付けてしまいます。

 

 

ところが、日本に比べて遥かに失業しやすいアメリカ。

 

住宅ローンを抱えたまま失業すると、余裕のない人たちはローンを払えなくなります。

 

そうなるとローンをチャラにする代わりに、住宅を手放すことになります。

 

 

そういう人が多くなると不動産価格は下がっていくわけですが、いま アメリカではまさにそのような状況で、金融機関が差し押さえた不動産を安く買える局面となっています。

 

 

この状態は、まだ始まったばかり。

 

今やるべきこと

今は、株式投資などで「掴むな」と言われる 落ちるナイフ の状態。

 

まだまだ下がります。

 

とは言っても、株式とは違って不動産の場合は賃貸付けさえうまくいくなら、一定の収入を得ることができます。

 

落ちるナイフでも借主が見つかるなら、買うべきです。

 

そして、家賃収入を得ながら売り時を待つ。

 

 

安くなっている時に買い、高くなったら売れるように準備をしておく。

それが今やるべきことです。

 

 

まずは情報と知識を得る

アメリカに不動産を買うというのは、やってしまえばなんてことはないのですが、経験のないうちはハードルが高いと思います。

 

なので、もしお時間が許せば、勉強会にご参加ください。

 

アメリカ不動産情報共有勉強会

続きを見る

 

経験豊富な方からの現状、実際に購入するならどうするか、修繕は? 賃貸付けは? 税金は? 売却する時にはどうすれば?

など、まずは知識と情報を身につけてもらえたらと思います。

 

 

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産で最も重要な管理会社との付き合い方

アメリカ不動産投資において一番重要な要素と言ってもいいのが、あなたの不動産を管理してくれる管理会社です。   管理会社の質によって、不動産投資の難易度も利益も変わってきます。     改めて管理会社がやってくれる代表的な仕事を上げておくと、 入居者を見つけてくれる 家賃を回収してくれる トラブルを解決に導いてくれる 必要な修理・修繕のアドバイスをくれる   などです。   特に、入居者とのトラブルが起こったときには、心強い存在です。   &nbs ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産投資でよく陥る要注意ポイント

アメリカの不動産売買では、クライアントにメリットが大きいように売り手側と書いて側それぞれにエージェントが付き、交渉する場合がほとんどです。   エージェントのタイプや得意とするところ、経験や人柄によって、その成果は全く異なったものとなります。     よくある誤解 不動産投資物件を購入するにあたりエージェントをつけることは普通のことですが、エージェントが不動産に精通したプロであるかどうかは、わかりません。   確かにエージェントとしてやるべきことの知識はありますが、 ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産投資の成否を分ける要素

アメリカの不動産を活用した投資でうまくいくタイプを、下の記事で書かせていただきました。   投資においてだけでなくなんでもそうだと思いますが、大切なのは自分自身の「あり方」であり言い換えれば「器」だと思います。     それを踏まえた上で、 ここではアメリカ不動産投資において「うまくいくための要素」について、書きたいと思います。     物件の購入価格 当たり前すぎることですが、物件の購入価格は重要な要素です。   ですが、残念なことに現地ではそ ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産投資でうまくいく人

アメリカ不動産を活用した投資でうまくいくコツは、適切な時期に適切な不動産を購入し、適切な時期に売ることです。   まさに「安く買って高く売る」ことですが、もっと大切なことがあります。   それは、「マインド」とか「考え方」という、一見すると非論理的、非科学的で極めて感情的なものですが、そのうちのいくつかをご紹介します。     ストレスを溜め込みやすい人は注意 購入した不動産への入居者を募る場合、特に経済が低迷している時は「属性のいい人」を見つけるのが大変な場合があ ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産で資産を構築する方法の一例

学生のとき留学していたアメリカ・シアトルで借りていたアパートの賃料が、なんと3倍近く上がってるんです!   という話を、ミライズの社員メンバーから聞きました。   日本では30年と比較して家賃が3倍にもなる物件は、ほとんどないと思います。     アメリカ不動産の特徴とメリット 30年で家賃が3倍になる例は、アメリカではそんなに珍しいことではありません。   なぜなら、アメリカは人口、若者も増えており、経済的にも成長を続けています。   また、F ...

-アメリカ不動産, コラム

© 2020 ミライズ(未来図) Powered by AFFINGER5