コラム

不動産投資なんてやらない まして アメリカ不動産なんて・・・

実は、ほんの1〜2年前までアメリカはおろか、日本国内でも「不動産投資はやらない」と思っていました。

 

投資に興味がある方のほとんどが読んでいるであろう ロバート・キヨサキ氏の「金持ち父さん 貧乏父さん」を読んでも、です。

 

もちろん、古くから投資・資産形成と言えば不動産が王道ですし、自分の周りを見ても、時間にもお金にも余裕がある生活をしていると思われる人は、不動産を持っていました。

 

 

だからといって、自分は「不動産投資はやらない」と思っていました。

 

 

なぜなら、「金持ち父さん貧乏父さん」などの本を読んでも結局のところよくわかなかったからです。

 

そして、税金を含むいろんなお金がかかり、めんどくさそうだな・・・ という思いもありました。

 

 

また、狭い国土である日本では土地の価値は下がらないという「土地神話」もありえないし、これから人口が減っていく日本で家賃収入(インカムゲイン)はともかく売却益(キャピタルゲイン)を得ることは難しいだろうし。

 

 

だからと言って、ロバート・キヨサキ氏のようにアメリカ不動産を購入するなんて、とんでもなくハードルが高いものだと思っていました。

 

 

「やらない」というよりは、「できない」と思っていたんですね。

 

 

だけど、それはちょっと違う・・・ ということを、知れば知るほど思うようになったのが、ここ1年くらいです。

 

 

アメリカの不動産というのは、インカムゲインを得つつキャピタルゲインを得ることが目的で、古い戸建てそのものにも値段がしっかりつくんですよ。

しかも、使い方やメンテナンス次第では、買った時よりも高く売れることが多いんですよ。

 

ということがわかってきました。

 

 

また、日本とアメリカの文化的な背景や考え方の違いもあって、ローンに対する抵抗感が薄い背景には、それほど所得が多くない人でも銀行から融資を受けやすいこともわかってきました。

 

 

また、英語ができなくても物件の選定や購入、その手続きや税金、賃貸人の探し方や売却の仕方、また、万一 トラブルになってしまったときの対処などができることもわかってきました。

 

そんな感じで、知れば知るほど「無理だ」という抵抗感がなくなっていきました。

 

 

ハードルが同じくらいなら日本よりアメリカ

わたしは、もしハードルが同じくらいなら、日本よりアメリカで不動産投資を行うほうがよいのではないかと思っています。

 

なぜなら、生活拠点が日本にあれば収入源は日本国内でしょうし、だからこそ日本以外に資産性のあるものを持っておいた方が安全度が高いと思っているからです。

 

投資に興味がある人なら誰もが「分散して投資することが大切」だということは認識しているはずです。

 

 

この分散には、

 

  • 時間の分散(ドルコスト平均法など)
  • 投資対象の分散(株・不動産・貴金属 など)
  • 場所(通貨)の分散(日本円・米ドルなど)

 

など、いろんな分散があります。

 

日本よりも人口が多く、また若者も多いアメリカ。

これからますます成長が期待できる国です。

 

  •  家賃収入を得ながら売却益を得られるタイミングを待ち
  • 投資の王道である不動産
  • 米ドルで資産を保有する

 

ことは、有益だと思うのです。

 

 

今 アメリカ不動産を買いやすいタイミング

株でも不動産でも基本は「安い時に買って高い時に売る」です。

 

今、アメリカは格安で不動産を購入するチャンスが多くなりつつあります。

 

これは不動産価格が下がってきたというよりも、コロナの影響もあり失業する人が多くなって、その結果 ローンを払えなくなった人が手放すためです。

 

こうしたローン破綻によって不良債権となった不動産をフォークロージャーといいますが、これがたくさん出始めました。

金融機関としてはこういうフォークロージャーは早く売ってしまいたいもの。

だから、相場よりも安く売りに出されることが多いのです。

 

さらに、フォークロージャーをまとめて購入する「バルク」という取引があって、バルクで購入した不動産の中にはびっくりするほど安いものもあるそうです。

 

 

そうした取引のノウハウや、バルク買いされた不動産を購入する時に注意すべきことなど、「実際に、どうしたら・・・?」をはじめ、アメリカ不動産の魅力や購入後の管理や賃貸人を探す方法、そして売却の方法などをお伝えする勉強会を、行います。

 

 

 

実際にすぐには購入しないけれど情報集取のために参加したい!というのもOKなので、ぜひお越しください。

 

 

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産で最も重要な管理会社との付き合い方

アメリカ不動産投資において一番重要な要素と言ってもいいのが、あなたの不動産を管理してくれる管理会社です。   管理会社の質によって、不動産投資の難易度も利益も変わってきます。     改めて管理会社がやってくれる代表的な仕事を上げておくと、 入居者を見つけてくれる 家賃を回収してくれる トラブルを解決に導いてくれる 必要な修理・修繕のアドバイスをくれる   などです。   特に、入居者とのトラブルが起こったときには、心強い存在です。   &nbs ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産投資でよく陥る要注意ポイント

アメリカの不動産売買では、クライアントにメリットが大きいように売り手側と書いて側それぞれにエージェントが付き、交渉する場合がほとんどです。   エージェントのタイプや得意とするところ、経験や人柄によって、その成果は全く異なったものとなります。     よくある誤解 不動産投資物件を購入するにあたりエージェントをつけることは普通のことですが、エージェントが不動産に精通したプロであるかどうかは、わかりません。   確かにエージェントとしてやるべきことの知識はありますが、 ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産投資の成否を分ける要素

アメリカの不動産を活用した投資でうまくいくタイプを、下の記事で書かせていただきました。   投資においてだけでなくなんでもそうだと思いますが、大切なのは自分自身の「あり方」であり言い換えれば「器」だと思います。     それを踏まえた上で、 ここではアメリカ不動産投資において「うまくいくための要素」について、書きたいと思います。     物件の購入価格 当たり前すぎることですが、物件の購入価格は重要な要素です。   ですが、残念なことに現地ではそ ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産投資でうまくいく人

アメリカ不動産を活用した投資でうまくいくコツは、適切な時期に適切な不動産を購入し、適切な時期に売ることです。   まさに「安く買って高く売る」ことですが、もっと大切なことがあります。   それは、「マインド」とか「考え方」という、一見すると非論理的、非科学的で極めて感情的なものですが、そのうちのいくつかをご紹介します。     ストレスを溜め込みやすい人は注意 購入した不動産への入居者を募る場合、特に経済が低迷している時は「属性のいい人」を見つけるのが大変な場合があ ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産で資産を構築する方法の一例

学生のとき留学していたアメリカ・シアトルで借りていたアパートの賃料が、なんと3倍近く上がってるんです!   という話を、ミライズの社員メンバーから聞きました。   日本では30年と比較して家賃が3倍にもなる物件は、ほとんどないと思います。     アメリカ不動産の特徴とメリット 30年で家賃が3倍になる例は、アメリカではそんなに珍しいことではありません。   なぜなら、アメリカは人口、若者も増えており、経済的にも成長を続けています。   また、F ...

-コラム

© 2020 ミライズ(未来図) Powered by AFFINGER5