コラム

不動産投資なんてやらない まして アメリカ不動産なんて・・・

実は、ほんの1〜2年前までアメリカはおろか、日本国内でも「不動産投資はやらない」と思っていました。

 

投資に興味がある方のほとんどが読んでいるであろう ロバート・キヨサキ氏の「金持ち父さん 貧乏父さん」を読んでも、です。

 

もちろん、古くから投資・資産形成と言えば不動産が王道ですし、自分の周りを見ても、時間にもお金にも余裕がある生活をしていると思われる人は、不動産を持っていました。

 

 

だからといって、自分は「不動産投資はやらない」と思っていました。

 

 

なぜなら、「金持ち父さん貧乏父さん」などの本を読んでも結局のところよくわかなかったからです。

 

そして、税金を含むいろんなお金がかかり、めんどくさそうだな・・・ という思いもありました。

 

 

また、狭い国土である日本では土地の価値は下がらないという「土地神話」もありえないし、これから人口が減っていく日本で家賃収入(インカムゲイン)はともかく売却益(キャピタルゲイン)を得ることは難しいだろうし。

 

 

だからと言って、ロバート・キヨサキ氏のようにアメリカ不動産を購入するなんて、とんでもなくハードルが高いものだと思っていました。

 

 

「やらない」というよりは、「できない」と思っていたんですね。

 

 

だけど、それはちょっと違う・・・ ということを、知れば知るほど思うようになったのが、ここ1年くらいです。

 

 

アメリカの不動産というのは、インカムゲインを得つつキャピタルゲインを得ることが目的で、古い戸建てそのものにも値段がしっかりつくんですよ。

しかも、使い方やメンテナンス次第では、買った時よりも高く売れることが多いんですよ。

 

ということがわかってきました。

 

 

また、日本とアメリカの文化的な背景や考え方の違いもあって、ローンに対する抵抗感が薄い背景には、それほど所得が多くない人でも銀行から融資を受けやすいこともわかってきました。

 

 

また、英語ができなくても物件の選定や購入、その手続きや税金、賃貸人の探し方や売却の仕方、また、万一 トラブルになってしまったときの対処などができることもわかってきました。

 

そんな感じで、知れば知るほど「無理だ」という抵抗感がなくなっていきました。

 

 

ハードルが同じくらいなら日本よりアメリカ

わたしは、もしハードルが同じくらいなら、日本よりアメリカで不動産投資を行うほうがよいのではないかと思っています。

 

なぜなら、生活拠点が日本にあれば収入源は日本国内でしょうし、だからこそ日本以外に資産性のあるものを持っておいた方が安全度が高いと思っているからです。

 

投資に興味がある人なら誰もが「分散して投資することが大切」だということは認識しているはずです。

 

 

この分散には、

 

  • 時間の分散(ドルコスト平均法など)
  • 投資対象の分散(株・不動産・貴金属 など)
  • 場所(通貨)の分散(日本円・米ドルなど)

 

など、いろんな分散があります。

 

日本よりも人口が多く、また若者も多いアメリカ。

これからますます成長が期待できる国です。

 

  •  家賃収入を得ながら売却益を得られるタイミングを待ち
  • 投資の王道である不動産
  • 米ドルで資産を保有する

 

ことは、有益だと思うのです。

 

 

今 アメリカ不動産を買いやすいタイミング

株でも不動産でも基本は「安い時に買って高い時に売る」です。

 

今、アメリカは格安で不動産を購入するチャンスが多くなりつつあります。

 

これは不動産価格が下がってきたというよりも、コロナの影響もあり失業する人が多くなって、その結果 ローンを払えなくなった人が手放すためです。

 

こうしたローン破綻によって不良債権となった不動産をフォークロージャーといいますが、これがたくさん出始めました。

金融機関としてはこういうフォークロージャーは早く売ってしまいたいもの。

だから、相場よりも安く売りに出されることが多いのです。

 

さらに、フォークロージャーをまとめて購入する「バルク」という取引があって、バルクで購入した不動産の中にはびっくりするほど安いものもあるそうです。

 

 

そうした取引のノウハウや、バルク買いされた不動産を購入する時に注意すべきことなど、「実際に、どうしたら・・・?」をはじめ、アメリカ不動産の魅力や購入後の管理や賃貸人を探す方法、そして売却の方法などをお伝えする勉強会を、行います。

 

 

 

実際にすぐには購入しないけれど情報集取のために参加したい!というのもOKなので、ぜひお越しください。

 

 

アメリカ不動産関連記事

アメリカ不動産 コラム

市役所の差し押さえ物件を活かしてアメリカ不動産投資物件を安く購入する

アメリカ不動産について、市役所が税金滞納などにより差し押さえた不動産をオークション出品前に安く買うことができる機会を持つことができそうです。   不動産投資は結局のところ、物件をいかに安く買うかでその結果が決まります。   「差し押さえ」と言われるとなんだかイメージがよくないかも知れませんが、物件を安く買うにはとてもよい方法です。   とは言っても、 しっかりと情報、ノウハウをお伝えした方が良いと思いますので、勉強会を設けました。     ▶ ...

アメリカ不動産 物件情報(US)

デトロイトのウエストサイド レンガ造り 地下室付きの一戸建て 3ベッドルームの物件

  デトロイトのウエストサイドにある3ベッドルーム、レンガ造り、地下室付きの一戸建て物件です。   物件情報 (最終の情報更新日:2020年12月20日) 物件の管理番号 2200101009 物件住所 WARWICK StreetDetroit, Michigan 48223-3410 物件価格 $25,000 固定資産税 $1,241 タイプ Residential 建物敷地面積 0.10 Acres(404.69m2) 延べ床面積 1,296 Finished Sqft(117. ...

アメリカ不動産 コラム

不動産投資の成否を握る物件修理のパートナー

アメリカ不動産投資にも必ず「取得物件を修理する」必要が出てきます。   どんな物件を購入したとしても必ず修理が必要となりますが、修理を信頼して任せられる業者との出会いが、アメリカ不動産投資の成否を握ると言っても言い過ぎではありません。     ただ、「仕事の品質」を見るときは、何回か依頼してみないとわかりません。     だから、よくグーグル広告などに出てくる「アメリカ不動産投資業者」を通じて 物件、修理、申請、その他もろもろがパッケージになったものを買う ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産投資の要は修理業者

不動産投資というといかにして優良な物件を仕入れ、優良な入居者に出会うかを重視しそこに重点をおいてしまいがちえす。   もちろんそれらはとても重要で軽視していいものではないですが、それと同等以上に重視すべきことがあります。     それは、修理・修繕をやってくれる会社(業者)の選定と付き合いです。   不動産投資において物件選びは非常に重要ですが、それと同等以上に修理業者の存在は重要です。投資成否を左右するのは修理業者であると言っても過言ではありません。   ...

アメリカ不動産 コラム

国民性を理解することは不動産投資の基本

アメリカ不動産に取り組むのは、インカムゲインでの利回りに偏りがちな日本と比べてキャピタルゲインもしっかり期待できるアメリカの方が、投資として魅力的と感じるからです。   ただ、日本の不動産賃貸経営とアメリカのそれを単純に比較すると、日本人として納得できないことや信じられなことが起こるのも実際のところ。     退去時に起こること 日本で主に日本人ばかりを相手にしている賃貸経営だとなかなか理解しづらいですが、アメリカでは何かをきっかけに家賃の支払いをやめてしまう入居者が、少なく ...

人気コラムTOP5

-コラム

© since2020 LLC MIRAIS