アメリカ不動産 コラム

なぜアメリカ不動産の学びを始めたか

アメリカの不動産投資に取り組もうと思って学びを始めたきっかけは、

 

・日本の不動産と比較して利回りが取りやすい
・長期保有後も売却益が出やすい
・米ドルの資産が作れる

 

といったものです。

 

アメリカは、日本と違って簡単に失業してしまいます。

 

なのに、日本人の感覚からすれば「なんで?」というくらい、融資を受けて家を購入している人が多いんですね。

 

もちろん借金に対する考え方を含む国民性の違いもありますが、アメリカは日本と違って「建物自体の価格が下がりにくい。

 

ひいては土地を含めた不動産の価格が下がりにくい」という特性があり、その背景には中古住宅の売買が盛んで一般的という特徴があります。

 

日本の場合、古いものを壊して新しく建て替えて・・・ というパターンが主流ですが、アメリカは日本に比べて、新しく建て替えるというよりリノベーションして利用していくというのが主流です。
 

だから、建物自体が古くなっても価格が落ちにくい。

 

また、長年そこに住居があり人が住み続けるわけですから、学校や病院、スーパーマーケットなど地域に根ざしたインフラが整っているので、その街自体の価値が落ちにくいということもあります。

 

ところが、失業しやすい労働環境なので、そうなってしまったらたちまちローンが払えなくなる人が大量に出てしまいます。

そういう「不良債権化した不動産」が、今 アメリカでは大量に出る社会情勢になっています。

金融機関にとって不良債権は早く処理したいもの。

 

なので、本来の価値よりも安く買うことができるチャンスが多い状況にあります。

 

こういったアメリカ不動産の優位性の背景や、「具体的にどうしたらいい?」ということをお伝えするセミナーを、10月10日前後あたりで東京で計画中ですので、また詳細決まりましたらお伝えしたいと思っています。

 

今後も人口が増え、経済成長や発展が見込まれるアメリカ。

 

そのアメリカの不動産は日本のそれと比べて、インカムゲインはもちろん古くなってもキャピタルゲインを見込めます。

 

セミナー情報やアメリカ不動産についての情報をお届けするメルマガへのご登録はこちらから ▶︎ https://mail.os7.biz/add/4cdz

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産で最も重要な管理会社との付き合い方

アメリカ不動産投資において一番重要な要素と言ってもいいのが、あなたの不動産を管理してくれる管理会社です。   管理会社の質によって、不動産投資の難易度も利益も変わってきます。     改めて管理会社がやってくれる代表的な仕事を上げておくと、 入居者を見つけてくれる 家賃を回収してくれる トラブルを解決に導いてくれる 必要な修理・修繕のアドバイスをくれる   などです。   特に、入居者とのトラブルが起こったときには、心強い存在です。   &nbs ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産投資でよく陥る要注意ポイント

アメリカの不動産売買では、クライアントにメリットが大きいように売り手側と書いて側それぞれにエージェントが付き、交渉する場合がほとんどです。   エージェントのタイプや得意とするところ、経験や人柄によって、その成果は全く異なったものとなります。     よくある誤解 不動産投資物件を購入するにあたりエージェントをつけることは普通のことですが、エージェントが不動産に精通したプロであるかどうかは、わかりません。   確かにエージェントとしてやるべきことの知識はありますが、 ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産投資の成否を分ける要素

アメリカの不動産を活用した投資でうまくいくタイプを、下の記事で書かせていただきました。   投資においてだけでなくなんでもそうだと思いますが、大切なのは自分自身の「あり方」であり言い換えれば「器」だと思います。     それを踏まえた上で、 ここではアメリカ不動産投資において「うまくいくための要素」について、書きたいと思います。     物件の購入価格 当たり前すぎることですが、物件の購入価格は重要な要素です。   ですが、残念なことに現地ではそ ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産投資でうまくいく人

アメリカ不動産を活用した投資でうまくいくコツは、適切な時期に適切な不動産を購入し、適切な時期に売ることです。   まさに「安く買って高く売る」ことですが、もっと大切なことがあります。   それは、「マインド」とか「考え方」という、一見すると非論理的、非科学的で極めて感情的なものですが、そのうちのいくつかをご紹介します。     ストレスを溜め込みやすい人は注意 購入した不動産への入居者を募る場合、特に経済が低迷している時は「属性のいい人」を見つけるのが大変な場合があ ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産で資産を構築する方法の一例

学生のとき留学していたアメリカ・シアトルで借りていたアパートの賃料が、なんと3倍近く上がってるんです!   という話を、ミライズの社員メンバーから聞きました。   日本では30年と比較して家賃が3倍にもなる物件は、ほとんどないと思います。     アメリカ不動産の特徴とメリット 30年で家賃が3倍になる例は、アメリカではそんなに珍しいことではありません。   なぜなら、アメリカは人口、若者も増えており、経済的にも成長を続けています。   また、F ...

-アメリカ不動産, コラム

© 2020 ミライズ(未来図) Powered by AFFINGER5