コラム

情報発信側に立って有利な情報を手に入れる

日本にはたくさんの使われていない不動産、使われているけど、もう一工夫すればもっと価値が上がる不動産がたくさんあります。

 

中には、入居率50%ある? というような物件がありますが、それを年利10%を超える優良な価値ある、しかも社会貢献にもなるものに変えることもできます。

 

情報発信すると情報が手に入る

実は、「情報」というものは発信側に有利な情報がいち早く届く仕組みになっています。

発信側に届いた情報が受け取り手に届くまでにはかなりの「格差」ができています。

 

例えば、

不動産に関してもっとも有利な情報は不動産屋に入り、その後、不動産を求める人(投資家や借りたい人、買いたい人)の元に届けられます。

 

本当に有利な情報を手に入れられる立場になることができれば、実は不動産は相場よりも2割、3割も安く買えるのです。

 

これはもちろん、情報発信者と受取り手の間に圧倒的な情報格差があるためですが、情報を発信する側に立った方が受取り手側よりも有利だな〜 というのは、なんとなくわかると思います。

 

情報発信側に立つ方法

例えば、不動産に関してなら。。。

不動産業者でもない人がそちら側に立つためにはどうしたら・・・

 

もし、

  • 一般的な相場よりも2〜3割安く買えるなら・・・
  • 持っている不動産を活かして日本を、世界を旅できる仕組みを利用できるなら・・・

 

そんな仕組みをご紹介するために、いろんな準備を進めているところです。

 

情報発信側に立つ方法

-コラム

Copyright© ミライズ(未来図) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.