アメリカ不動産 コラム

大都市から地方への流れはアメリカ不動産にどう影響するか

アメリカでは少し前から、ニューヨークやサンフランシスコなどの大都市から、郊外や地方都市への人口流出が顕著になっていました。

 

 

その流れがコロナ以降、より激しくなっているようです。

 

 

その理由は、

人が大勢いる大都市だとコロナ感染のリスクが高い、経済が下降していく中で依然として高い生活コスト(主に家賃)、そして治安の悪化などが主だったものです。

 

 

また、アメリカは州ごとに税制が大きく異なり、大都市ほど高い税金がかかりますので、今後の増税を見越して・・・ という人も少なくないのだとか。

 

 

実際、カリフォルニア州では特に富裕層に対し増税を検討しており、それもサンフランシスコやロサンゼルスなど大都市からの人口流出に拍車をかけていると言われています。

 

 

 

この流れ。

大都市から移動していく人は、どちらかと言えば収入が高く、資産、資金があり学歴も高い人たちだとのこと。

 

そして、子どもにも生活・教育にいい環境を与えたいと思う人が、都市から郊外・地方へ移っていく人たちには多いとのこと。

 

 

また、このコロナでリモートワークの環境が一気に進んだことも、その流れを後押ししているようです。

 

 

自宅で仕事をするわけにはいかない「ワーカー」や、所得が低く移動する資金がない人たちが都市部に取り残され、そのことがより一層治安の悪化を招くのではという懸念もあるようです。

 

 

郊外には自然が豊かで治安が良く、良い学校があり、税金が安い場所があります。

 

仕事も、自宅で事足りる場面が多くなりました。

 

 

そう言ったことからわざわざ都市部に住むメリットが少なくなり、人々が移り住む大きな流れができつつあると言われています。

 

 

つまり、都市部の不動産は下落傾向、郊外の環境のよい場所にある不動産は、上昇傾向と言えます。

 

 

ただ懸念は、コロナ収束後もこの流れは続くのか・・・ です。

 

 

日本にいると、

「不動産は長期保有してインカムゲインを得ていくものだ。。(キャピタルゲインは取れない)」という思考になりがちですが、アメリカ不動産は事情が異なります。
価値の下がった大都市の不動産を購入し、短期のうちに売りに出したり・・・(仮に地方に流出した人がコロナ後に戻ってきたら、大きな収益になる可能性も)

 

 

継続的に価値上昇が見込める郊外の不動産を、家賃を得つつ売却のタイミングを中長期の目線で模索したり・・・

 

 

どのような変化をしていくのかは後になってからしかわかりませんが、価値が落ちにくいアメリカ不動産は、長期的にも短期的にも資産の構築や形成に有意な材料だといえます。

 

今後も人口が増え、経済成長や発展が見込まれるアメリカ。

 

そのアメリカの不動産は日本のそれと比べて、インカムゲインはもちろん古くなってもキャピタルゲインを見込めます。

 

ブログには書けないアメリカ不動産についての情報をお届けするメルマガへのご登録はこちらから ▶︎ https://mail.os7.biz/add/4cdz

アメリカ不動産関連記事

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産投資の要は修理業者

不動産投資というといかにして優良な物件を仕入れ、優良な入居者に出会うかを重視しそこに重点をおいてしまいがちえす。   もちろんそれらはとても重要で軽視していいものではないですが、それと同等以上に重視すべきことがあります。     それは、修理・修繕をやってくれる会社(業者)の選定と付き合いです。   不動産投資において物件選びは非常に重要ですが、それと同等以上に修理業者の存在は重要です。投資成否を左右するのは修理業者であると言っても過言ではありません。   ...

アメリカ不動産 コラム

国民性を理解することは不動産投資の基本

アメリカ不動産に取り組むのは、インカムゲインでの利回りに偏りがちな日本と比べてキャピタルゲインもしっかり期待できるアメリカの方が、投資として魅力的と感じるからです。   ただ、日本の不動産賃貸経営とアメリカのそれを単純に比較すると、日本人として納得できないことや信じられなことが起こるのも実際のところ。     退去時に起こること 日本で主に日本人ばかりを相手にしている賃貸経営だとなかなか理解しづらいですが、アメリカでは何かをきっかけに家賃の支払いをやめてしまう入居者が、少なく ...

アメリカ不動産 コイン コラム

不動産は売り時 シルバーは最後の買い時か

コロナの影響などで、アメリカ経済はヤバイ・・・ だから不動産価格は下落する・・・   そんな話を聞いていたのですが、現状はまだまだ下落局面というよりは現状維持か都市によってはやや上昇しているとのこと。     この状況でなぜ・・・? と思いますが、およそ10年前に起こったリーマンショックと同じ構造です。     つまり、本来 住宅ローンの審査を通してはいけない人にも割と緩い審査で通しているようで、無職なのに審査が通ったという話も聞いています。   ...

アメリカ不動産 物件情報(US)

ミシガン州デトロイト 1927年築 投資の入り口物件としてぴったり!

  初めて不動産投資をする人にとって素晴らしい投資物件になり得ます。 少ししっかりめの修繕・修理が必要ですが、それでも4年以内に投資元本を上回る家賃収入を得られると考えられます。   こちらもご覧ください ▶︎デトロイト ミシガン州 3ベッドルーム $15,000の物件   物件情報   物件の管理番号 2200091629 物件住所 Detroit, Michigan 48227-3240 物件価格 $15,000 固定資産税 $1,115 タイプ ...

アメリカ不動産 物件情報(US)

ミシガン州インクスター 利回り想定16%超 レンガ造りの3ベッドルーム物件

  購入後、買い手投資家の資金繰りがうまくいかず、再び売りに出されることになった物件。 元の売り手や物件に問題があったわけではありません。   角地のレンガ造りのランチです。 大きなガレージがあり、敷地は完全にフェンスで囲まれています。   想定家賃は$850/月。   物件情報   物件の管理番号 2200021498 物件住所 BARRINGTON, Inkster, Michigan 48141 物件価格 $62,500 固定資産税 $1271 タイ ...

人気コラムTOP5

-アメリカ不動産, コラム

© 2020 ミライズ(未来図) Powered by AFFINGER5