アメリカ不動産 コラム

不動産の差し押さえが増えるとどうなる?

2020年8月17日

コロナウイルスが経済状態に与える影響が、今後 より顕在化していきます。

 

 

日本もそうですが、アメリカはもっとわかりやすい状況になっています。

 

アメリカの不動産事情。

 

日本と違い比較的簡単に失業してしまうアメリカは、経済の後退局面に入るとすぐにローンの支払いができなくなってしまう人が、大量に出てきます。

 

 

すると、所有している自宅をはじめとする不動産が、差し押さえられることになります。

 

 

 

また、カリフォルニアやテキサス、オレゴン州など、一部の州で住宅ローンのルールとしてノンリコースが取り入れられているところでは、不動産価値がローン残高を下回ってしまった場合、意図的にローンの支払いをやめてしまうことも多いのだとか。

 

 

そうなると、不動産市場に金融機関が差し押さえた不動産が溢れ、不動産価格はさらに下落することになります。

 

 

この、差し押さえられた不動産を購入することは、投資家にとって価格の面で大きなメリットとなります。

 

 

 

ただ、もちろんデメリットもあり、よく知らないとあとから「そんなつもりでは・・・」「知らなかった・・・」ということが起こります。

 

とは言っても、不動産の初期投資額として大きなメリットとなる差し押さえ不動産の購入は、後々の大きなリターンを生むのも事実。

 

 

今後、アメリカ不動産についても学びを深めるとともに、情報をお伝えしていきたいと思っています。

 

今後も人口が増え、経済成長や発展が見込まれるアメリカ。

 

そのアメリカの不動産は日本のそれと比べて、インカムゲインはもちろん古くなってもキャピタルゲインを見込めます。

 

ブログには書けないアメリカ不動産についての情報をお届けするメルマガへのご登録はこちらから ▶︎ https://mail.os7.biz/add/4cdz

アメリカ不動産関連記事

アメリカ不動産 コラム

市役所の差し押さえ物件を活かしてアメリカ不動産投資物件を安く購入する

アメリカ不動産について、市役所が税金滞納などにより差し押さえた不動産をオークション出品前に安く買うことができる機会を持つことができそうです。   不動産投資は結局のところ、物件をいかに安く買うかでその結果が決まります。   「差し押さえ」と言われるとなんだかイメージがよくないかも知れませんが、物件を安く買うにはとてもよい方法です。   とは言っても、 しっかりと情報、ノウハウをお伝えした方が良いと思いますので、勉強会を設けました。     ▶ ...

アメリカ不動産 物件情報(US)

デトロイトのウエストサイド レンガ造り 地下室付きの一戸建て 3ベッドルームの物件

  デトロイトのウエストサイドにある3ベッドルーム、レンガ造り、地下室付きの一戸建て物件です。   物件情報 (最終の情報更新日:2020年12月20日) 物件の管理番号 2200101009 物件住所 WARWICK StreetDetroit, Michigan 48223-3410 物件価格 $25,000 固定資産税 $1,241 タイプ Residential 建物敷地面積 0.10 Acres(404.69m2) 延べ床面積 1,296 Finished Sqft(117. ...

アメリカ不動産 コラム

不動産投資の成否を握る物件修理のパートナー

アメリカ不動産投資にも必ず「取得物件を修理する」必要が出てきます。   どんな物件を購入したとしても必ず修理が必要となりますが、修理を信頼して任せられる業者との出会いが、アメリカ不動産投資の成否を握ると言っても言い過ぎではありません。     ただ、「仕事の品質」を見るときは、何回か依頼してみないとわかりません。     だから、よくグーグル広告などに出てくる「アメリカ不動産投資業者」を通じて 物件、修理、申請、その他もろもろがパッケージになったものを買う ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産投資の要は修理業者

不動産投資というといかにして優良な物件を仕入れ、優良な入居者に出会うかを重視しそこに重点をおいてしまいがちえす。   もちろんそれらはとても重要で軽視していいものではないですが、それと同等以上に重視すべきことがあります。     それは、修理・修繕をやってくれる会社(業者)の選定と付き合いです。   不動産投資において物件選びは非常に重要ですが、それと同等以上に修理業者の存在は重要です。投資成否を左右するのは修理業者であると言っても過言ではありません。   ...

アメリカ不動産 コラム

国民性を理解することは不動産投資の基本

アメリカ不動産に取り組むのは、インカムゲインでの利回りに偏りがちな日本と比べてキャピタルゲインもしっかり期待できるアメリカの方が、投資として魅力的と感じるからです。   ただ、日本の不動産賃貸経営とアメリカのそれを単純に比較すると、日本人として納得できないことや信じられなことが起こるのも実際のところ。     退去時に起こること 日本で主に日本人ばかりを相手にしている賃貸経営だとなかなか理解しづらいですが、アメリカでは何かをきっかけに家賃の支払いをやめてしまう入居者が、少なく ...

人気コラムTOP5

-アメリカ不動産, コラム

© since2020 LLC MIRAIS