アメリカ不動産 コラム

不動産の差し押さえが増えるとどうなる?

コロナウイルスが経済状態に与える影響が、今後 より顕在化していきます。

 

 

日本もそうですが、アメリカはもっとわかりやすい状況になっています。

 

アメリカの不動産事情。

 

日本と違い比較的簡単に失業してしまうアメリカは、経済の後退局面に入るとすぐにローンの支払いができなくなってしまう人が、大量に出てきます。

 

 

すると、所有している自宅をはじめとする不動産が、差し押さえられることになります。

 

 

 

また、カリフォルニアやテキサス、オレゴン州など、一部の州で住宅ローンのルールとしてノンリコースが取り入れられているところでは、不動産価値がローン残高を下回ってしまった場合、意図的にローンの支払いをやめてしまうことも多いのだとか。

 

 

そうなると、不動産市場に金融機関が差し押さえた不動産が溢れ、不動産価格はさらに下落することになります。

 

 

この、差し押さえられた不動産を購入することは、投資家にとって価格の面で大きなメリットとなります。

 

 

 

ただ、もちろんデメリットもあり、よく知らないとあとから「そんなつもりでは・・・」「知らなかった・・・」ということが起こります。

 

とは言っても、不動産の初期投資額として大きなメリットとなる差し押さえ不動産の購入は、後々の大きなリターンを生むのも事実。

 

 

今後、アメリカ不動産についても学びを深めるとともに、情報をお伝えしていきたいと思っています。

 

今後も人口が増え、経済成長や発展が見込まれるアメリカ。

 

そのアメリカの不動産は日本のそれと比べて、インカムゲインはもちろん古くなってもキャピタルゲインを見込めます。

 

ブログには書けないアメリカ不動産についての情報をお届けするメルマガへのご登録はこちらから ▶︎ https://mail.os7.biz/add/4cdz

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産で最も重要な管理会社との付き合い方

アメリカ不動産投資において一番重要な要素と言ってもいいのが、あなたの不動産を管理してくれる管理会社です。   管理会社の質によって、不動産投資の難易度も利益も変わってきます。     改めて管理会社がやってくれる代表的な仕事を上げておくと、 入居者を見つけてくれる 家賃を回収してくれる トラブルを解決に導いてくれる 必要な修理・修繕のアドバイスをくれる   などです。   特に、入居者とのトラブルが起こったときには、心強い存在です。   &nbs ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産投資でよく陥る要注意ポイント

アメリカの不動産売買では、クライアントにメリットが大きいように売り手側と書いて側それぞれにエージェントが付き、交渉する場合がほとんどです。   エージェントのタイプや得意とするところ、経験や人柄によって、その成果は全く異なったものとなります。     よくある誤解 不動産投資物件を購入するにあたりエージェントをつけることは普通のことですが、エージェントが不動産に精通したプロであるかどうかは、わかりません。   確かにエージェントとしてやるべきことの知識はありますが、 ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産投資の成否を分ける要素

アメリカの不動産を活用した投資でうまくいくタイプを、下の記事で書かせていただきました。   投資においてだけでなくなんでもそうだと思いますが、大切なのは自分自身の「あり方」であり言い換えれば「器」だと思います。     それを踏まえた上で、 ここではアメリカ不動産投資において「うまくいくための要素」について、書きたいと思います。     物件の購入価格 当たり前すぎることですが、物件の購入価格は重要な要素です。   ですが、残念なことに現地ではそ ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産投資でうまくいく人

アメリカ不動産を活用した投資でうまくいくコツは、適切な時期に適切な不動産を購入し、適切な時期に売ることです。   まさに「安く買って高く売る」ことですが、もっと大切なことがあります。   それは、「マインド」とか「考え方」という、一見すると非論理的、非科学的で極めて感情的なものですが、そのうちのいくつかをご紹介します。     ストレスを溜め込みやすい人は注意 購入した不動産への入居者を募る場合、特に経済が低迷している時は「属性のいい人」を見つけるのが大変な場合があ ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産で資産を構築する方法の一例

学生のとき留学していたアメリカ・シアトルで借りていたアパートの賃料が、なんと3倍近く上がってるんです!   という話を、ミライズの社員メンバーから聞きました。   日本では30年と比較して家賃が3倍にもなる物件は、ほとんどないと思います。     アメリカ不動産の特徴とメリット 30年で家賃が3倍になる例は、アメリカではそんなに珍しいことではありません。   なぜなら、アメリカは人口、若者も増えており、経済的にも成長を続けています。   また、F ...

-アメリカ不動産, コラム

© 2020 ミライズ(未来図) Powered by AFFINGER5