コラム

抗体検査キットの仕入れ資金を貸し付けて利回り7〜8%

来週早々にも日本国全体としての緊急事態宣言は解除される見込みです。

 

これで一気にもとの生活、もとの経済状態に戻るわけではありませんし、繁華街や観光地が混み合うなんてことはありませんし、まして、まだまだ世界中でウイルスの感染拡大は続いていますので、インバウンドが一気にやってきて賑わうというようなことはないですよね。

 

まるで、足首の骨折からようやく骨がつながって、恐る恐る歩き出すような感じでしょうか。

 

抗体検査に注目が集まる

新型コロナウイルスに対して、免疫があるかどうかを調べる抗体検査に注目が集まっています。

 

抗体検査とは、被検者の血液や体液中に細菌やウイルスなどに対して反応する抗体(IgGやIgMなど)があるかどうかを調べる検査です。

 

血液一滴、所要時間も5~10分で検査でき、飛沫感染のリスクが低いため小規模なクリニックでも取り扱いが容易で検査しやすく精度も高いと言われている検査です。

 

この「抗体検査キット」を必要としているクリニックへ届けるために、仕入れ資金を募っている会社があります。

 

先日の記事で書かせていただいた事業者さんが取り扱う「抗体検査キット」を、最近TVなどでもよくみるクリニックの先生が首都圏にもつネットワークで使い始めたところ、その検査精度の高さと取り扱いの容易さから、他の医療機関からも問い合わせが多くなり、発注・購入へとつながっています。

 

ー先日の記事ー

仕入れ資金を貸し付けて約40日で7〜8%のリターン

続きを見る

 

急遽 発注 発送へ

そこで、その抗体検査キットの製造元に確認したところ、世界から多くの発注がある中、急遽来週早々の出荷分で追加発送してもらえるようになったとのこと。

 

今回、その仕入れ資金を事業者に提供しリターンを得る機会がありますので、具体的な内容を社員権をお持ちの方に情報共有させて頂いています。

 

ざっくりとしたその内容は、

・資金提供期間は約40日

・提供資金に7〜8%を付利して返還

といったものです。

 

ご興味のある方は以下の内容をご確認いただいて、ぜひご参加ください。

 

ー社員権とはー
社員がもつ社員権とは

続きを見る

 

 

 

アメリカ不動産 コラム

成功するアメリカ不動産投資 そのためにやっておくべきこと

日本では中古不動産物件の値上がりや貸し出す家賃の値上げも厳しい状態です。   でも、アメリカの中古不動産はまだまだ値上がりの期待が持てます。   とは言っても、今は 下落局面です。     日本とアメリカの不動産投資事情の違いは、 アメリカはインカムゲインとキャピタルゲイン 両方を期待できる 日本はキャピタルゲインはほとんど期待できない ことにあります。     「安い時に買って高い時に売る」というのが投資の鉄則ですが、もちろん不動産投資にも当て ...

アメリカ不動産 コラム

これぞアメリカ不動産の醍醐味!

当サイト ミライズでは、社員の皆様に対して一般にはなかなか出回ることのない投資に関する情報を共有し、それらを活用して楽しく豊かな人生を歩むことの一助になればという思いを持っています。   社員とは   2020年、世界は未知なる出来事で混乱を極めました。 そして、その本領はこれからで、特に経済の面においては多くの危機と混乱が起こるとも言われています。   ただ、裏を返せば「人生で最大のチャンス」が到来したとも言えます。     もくじ  アメリカ不動産の醍 ...

アメリカ不動産 コラム

25年で家賃が3倍? 不動産投資の魅力はアメリカで味わえます

ミライズの社員メンバーの方に聞いた話。 (▶︎ 社員とは )     学生のとき留学していたアメリカ・シアトルで借りていたアパートの賃料が、なんと3倍近く上がってるんです! と・・・!   (住まわれていた物件はこちら ▶︎ https://knockrentals.com/community/3dv4JXJ27Y6oPAA9/apartment/rental/seattle )     私と同年代の方なので、留学されていたのは ...

アメリカ不動産 コラム

中長期目線で今からやっておくべき準備 

日本に比べるとアメリカの中古不動産市場は、価格の上下に幅があります。   時に、「暴落」とも感じるような下落も周期的に起こっています。   予め、それを見込んだ投資を行なっておくべきなんですね。     今、アメリカ(だけでなく世界)は、経済の下落局面に差し掛かっています。   そのために、欧米各国も大規模な金融緩和で市場に資金を供給しています。     アメリカの人は日本人と比べると、住宅ローンを含む借金に対して寛容というか、抵抗が少 ...

アメリカ不動産 コラム

キャピタルゲインはあまり期待できないものの表利回り35%の物件はどうでしょう

キャピタルゲインはあまり大きく期待できないかもしれませんが、こんな物件、どうですか?   そう言って勧められたのは、表利回り35.5%のフォークロージャー(差し押さえ)物件。     すでに入居者も内定しているそうで、家賃は 800ドル/月。     この記事では画像をたくさん掲載することは控えますが、快適に住んでいただくためには修繕を入れる必要があります。   物件取得価格は、修繕費込みで27,000ドル。 今のレートでいうと、290万円をちょ ...

-コラム

© 2020 ミライズ(未来図) Powered by AFFINGER5