コラム

不動産をサスティナブルに活用するWin-Win-Winを築ける場所作り

2019年10月4日

今はもう雑草だらけだけど、かつて夏にはゴムのプールで水遊びした庭があり、日当たりのいい縁側もある。

お正月にはおじいちゃんが餅つきをしてくれた土間があって、おばあちゃんがおやきを焼いてくれた囲炉裏もある。

 

でも、すでに長らく空き家になっていて、空き家になっていてもう使い物にならない。

 

 

かつて、いつかはここに移住して・・・ と夢見て買った自然あふれるリゾート地のマンション。

しかも、温泉利用権付き。

 

景色のいい場所に不動産を購入したけど、そういう状況でもなくなった・・・
 

リフォーム、リノベーションしないと住むことはできないし、取り壊して建て直すにも、道路に面していない奥まったところにあるので、再建築不可。
 

税金や管理費ばかりかかってしまい、売りたいと思ってもそういう事情だから不動産屋さんもなかなか取り扱ってくれない・・・
 

「今は、お金を出して引き取ってもらう時代ですよ!」なんて言われるリゾート地の物件も数多く・・・
 

売りたくても売れない
 
空き家が1000万戸、空き家率 14%に迫ろうという日本には、そういった事情を抱えたところも多くあります。
 
かつては誰かが思い入れをもって購入し、所有したけど、今は不要になった不動産。
 
一見、もう朽ちていくしかないのかと思えるような物件でも、別の誰かにとってとても魅力ある、利用価値が高い物になる可能性も秘めています。
しかも、そんな物件ほど利用価値が高いという外国人の方もいるそうです。
 

資源である不動産をサスティナブルに活用する方法

手放したい人が物件情報を提供し、買いたい人・利用したい人にその情報を届ける。
 
手放したい人が出してくれる情報をどこに集約し、どのように届けるかを工夫すればそのマッチング率は格段に上がります。
 
買いたい人・利用したい人にとっても「あまりお化粧していない価格」の物件情報を手に入れることができるので、その場所に所属するメリットがあります。
 
使われていない不動産を活用することで、定住人口だけでなく関係人口が増えたりして街の活性化にも繋がるんですね。
 
そんな Win-Win-Win を生み出す場所を作るために、今 準備を進めています。

 

あなたも参加しませんか?

 

不動産の情報を集約する場所に参加する方法

 

アメリカ不動産関連記事

アメリカ不動産 コラム

市役所の差し押さえ物件を活かしてアメリカ不動産投資物件を安く購入する

アメリカ不動産について、市役所が税金滞納などにより差し押さえた不動産をオークション出品前に安く買うことができる機会を持つことができそうです。   不動産投資は結局のところ、物件をいかに安く買うかでその結果が決まります。   「差し押さえ」と言われるとなんだかイメージがよくないかも知れませんが、物件を安く買うにはとてもよい方法です。   とは言っても、 しっかりと情報、ノウハウをお伝えした方が良いと思いますので、勉強会を設けました。     ▶ ...

アメリカ不動産 物件情報(US)

デトロイトのウエストサイド レンガ造り 地下室付きの一戸建て 3ベッドルームの物件

  デトロイトのウエストサイドにある3ベッドルーム、レンガ造り、地下室付きの一戸建て物件です。   物件情報 (最終の情報更新日:2020年12月20日) 物件の管理番号 2200101009 物件住所 WARWICK StreetDetroit, Michigan 48223-3410 物件価格 $25,000 固定資産税 $1,241 タイプ Residential 建物敷地面積 0.10 Acres(404.69m2) 延べ床面積 1,296 Finished Sqft(117. ...

アメリカ不動産 コラム

不動産投資の成否を握る物件修理のパートナー

アメリカ不動産投資にも必ず「取得物件を修理する」必要が出てきます。   どんな物件を購入したとしても必ず修理が必要となりますが、修理を信頼して任せられる業者との出会いが、アメリカ不動産投資の成否を握ると言っても言い過ぎではありません。     ただ、「仕事の品質」を見るときは、何回か依頼してみないとわかりません。     だから、よくグーグル広告などに出てくる「アメリカ不動産投資業者」を通じて 物件、修理、申請、その他もろもろがパッケージになったものを買う ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産投資の要は修理業者

不動産投資というといかにして優良な物件を仕入れ、優良な入居者に出会うかを重視しそこに重点をおいてしまいがちえす。   もちろんそれらはとても重要で軽視していいものではないですが、それと同等以上に重視すべきことがあります。     それは、修理・修繕をやってくれる会社(業者)の選定と付き合いです。   不動産投資において物件選びは非常に重要ですが、それと同等以上に修理業者の存在は重要です。投資成否を左右するのは修理業者であると言っても過言ではありません。   ...

アメリカ不動産 コラム

国民性を理解することは不動産投資の基本

アメリカ不動産に取り組むのは、インカムゲインでの利回りに偏りがちな日本と比べてキャピタルゲインもしっかり期待できるアメリカの方が、投資として魅力的と感じるからです。   ただ、日本の不動産賃貸経営とアメリカのそれを単純に比較すると、日本人として納得できないことや信じられなことが起こるのも実際のところ。     退去時に起こること 日本で主に日本人ばかりを相手にしている賃貸経営だとなかなか理解しづらいですが、アメリカでは何かをきっかけに家賃の支払いをやめてしまう入居者が、少なく ...

人気コラムTOP5

まだデータがありません。

-コラム

© since2020 LLC MIRAIS