コラム

不動産をサスティナブルに活用するWin-Win-Winを築ける場所作り

更新日:

今はもう雑草だらけだけど、かつて夏にはゴムのプールで水遊びした庭があり、日当たりのいい縁側もある。

お正月にはおじいちゃんが餅つきをしてくれた土間があって、おばあちゃんがおやきを焼いてくれた囲炉裏もある。

 

でも、すでに長らく空き家になっていて、空き家になっていてもう使い物にならない。

 

 

かつて、いつかはここに移住して・・・ と夢見て買った自然あふれるリゾート地のマンション。

しかも、温泉利用権付き。

 

景色のいい場所に不動産を購入したけど、そういう状況でもなくなった・・・
 

リフォーム、リノベーションしないと住むことはできないし、取り壊して建て直すにも、道路に面していない奥まったところにあるので、再建築不可。
 

税金や管理費ばかりかかってしまい、売りたいと思ってもそういう事情だから不動産屋さんもなかなか取り扱ってくれない・・・
 

「今は、お金を出して引き取ってもらう時代ですよ!」なんて言われるリゾート地の物件も数多く・・・
 

売りたくても売れない
 
空き家が1000万戸、空き家率 14%に迫ろうという日本には、そういった事情を抱えたところも多くあります。
 
かつては誰かが思い入れをもって購入し、所有したけど、今は不要になった不動産。
 
一見、もう朽ちていくしかないのかと思えるような物件でも、別の誰かにとってとても魅力ある、利用価値が高い物になる可能性も秘めています。
しかも、そんな物件ほど利用価値が高いという外国人の方もいるそうです。
 

資源である不動産をサスティナブルに活用する方法

手放したい人が物件情報を提供し、買いたい人・利用したい人にその情報を届ける。
 
手放したい人が出してくれる情報をどこに集約し、どのように届けるかを工夫すればそのマッチング率は格段に上がります。
 
買いたい人・利用したい人にとっても「あまりお化粧していない価格」の物件情報を手に入れることができるので、その場所に所属するメリットがあります。
 
使われていない不動産を活用することで、定住人口だけでなく関係人口が増えたりして街の活性化にも繋がるんですね。
 
そんな Win-Win-Win を生み出す場所を作るために、今 準備を進めています。

 

あなたも参加しませんか?

 

不動産の情報を集約する場所に参加する方法

 

関連コンテンツ

コラム

合同会社ミライズの社員になるとは? 投資は難しいという人ほど必要な社員権

合同会社ミライズは、会社法に則った形で正式な登記をした「会社」です。 そこの「社員になる」とはどういうことか。   就労の義務などはありません 社員になると言っても就労の義務などはなく、出社する必要も定期的な連絡や報告を求められることもありません。 ちなみに、合同会社の「就労義務の無い社員」には執行役員と合わせて合計で499名までがなれます。 社員になる際に社員権というものを購入する形で、一口以上 出資していただきます。 「出資して参加する」ことで社員は「内部の人」になることができ、それにより合 ...

ReadMore

コラム

コミュニティではダメなの? 情報を共有するためにわざわざ合同会社を設立した理由

合同会社ミライズでは、社員の方が不動産投資を有利に進められるような情報や小さな資本・投資から参加いただけるような不動産投資案件の情報を共有します。   ただそれだと、   他にも似たようなコミュニティがあるけど何が違うの? わざわざ合同会社にする意味は?   といった疑問がありますよね?   インターネット上でつながりを持ったり特定の情報を共有したりすることは容易く、しかも金銭的コストも低いのに、わざわざ登記費用や今後の税金(法人税・地方税など)がかかる合同会社にす ...

ReadMore

コラム

未利用の不動産を活用して描く投資とリターンの未来図

最近読んだ本で、 光本勇介 氏の「実験思考」という本があります。   光本氏ならではのアイデアが満載の本ですが、その中に「エンタメを提供する人が強くなる」という一文があります。 「これからの時代、可処分時間の奪い合いから、可処分精神の奪い合いになる。心の奪い合いに変わっていく」というSHOWROOM株式会社代表の前田裕二氏の言葉を引用したものですが、この一文を見て、未利用になっている不動産でこんなことができるかも・・・ と思いましたので、未来図(未来のビジョン)の一つとして書いてみます。 &nb ...

ReadMore

コラム

社員権は老後の不安を和らげる情報を共有するためのもの

日本中がざわざわした「年金だけでは2000万円足りない」という金融庁が公表したレポート。   麻生財務大臣が「受け取らない」と言ったものだから結局なかったことになっていますが、年金生活に入ると、 年金だけだと標準的なライフスタイルでも毎月5万円不足する つまり、年間60万円の赤字になる 人生100年と言われる時代、年金生活30年だとするとおおよそ2000万円足りなくなる だから、現役のうちに2000万円の預貯金が必要 ということを世に知らしめてくれた、ある意味 現実的な素晴らしいレポートだったと ...

ReadMore

コラム

保養所を活用した不動産投資

かつては、従業員の福利厚生の一環として建設、または既存の施設と契約されていた会社の保養所。 箱根や軽井沢、蓼科など、首都圏からそう遠くなく有名なリゾート地、観光地にあることが多いのですが、年々利用率が下がり維持管理費もかかるため、できれば早急に手放したいという企業も多い現代。   ある調査によると、会社になくてもいい福利厚生の第2位が「保養所」だそう。 (1位は社員旅行、3位は財形や持ち株制度)   私も以前勤めていた会社が熱海や伊豆に保養所があったので利用したことはありますが、保養所 ...

ReadMore

-コラム

Copyright© 不動産で面白いミライズを描く , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.