アメリカ不動産 コラム

大都市から地方への流れがより顕著に アメリカ不動産価格への影響

2021年1月2日

アメリカでは少し前から、ニューヨークやサンフランシスコなどの大都市から、郊外や地方都市への人口流出が顕著になっていました。

 

 

その流れがコロナウイルスの影響で、より激しくなっているようです。

 

大都市から地方へ人が流れる理由

 

  • コロナ感染のリスクが高い
  • 高い生活コスト(主に家賃)
  • 治安の悪化

 

などを主な理由として、大都市から地方へと人の移動が起こっています。

 

 

また、アメリカは州ごとに税制が大きく異なり、大都市ほど高い税金がかかりますので、今後の増税を見越して住むところを変えています。

 

 

実際、カリフォルニア州では特に富裕層に対し増税を検討しており、それもサンフランシスコやロサンゼルスなど大都市からの人口流出に拍車をかけていると言われています。

 

人の移動で不動産価格はどうなる?

大都市から地方へ移動していく人は、どちらかと言えば収入が高く、資産、資金があり学歴も高い人たちです。

 

そして、子どもにも生活・教育にいい環境を与えたいと思う人が、都市から郊外・地方へ移っていく人たちには多いとのこと。

 

 

また、このコロナでリモートワークの環境が一気に進んだことも、その流れを後押ししているようです。

 

 

自宅で仕事をするわけにはいかない「ワーカー」や、所得が低く移動する資金がない人たちが都市部に取り残され、そのことがより一層治安の悪化を招くのではという懸念もあるようです。

 

 

郊外には自然が豊かで治安が良く、良い学校があり、税金が安い場所があります。

 

仕事も、自宅で事足りる場面が多くなりました。

 

 

そう言ったことから、わざわざ都市部に住むメリットが少なくなり、人々が移り住む大きな流れができつつあると言われています。

 

 

つまり、

 

  • 都市部の不動産は下落傾向
  • 郊外の環境のよい場所にある不動産は上昇傾向

 

と言えます。

 

 

ただ懸念は、コロナ収束後もこの流れは続くのか・・・ です。

 

米国不動産の醍醐味

こちらもCHECK

no image
アメリカ不動産の醍醐味!フォークロージャーを活用したバルクディールとは

続きを見る

 

日本にいると、

「不動産は長期保有してインカムゲインを得ていくものだ。。(キャピタルゲインは取れない)」という思考になりがちですが、アメリカ不動産は事情が異なります。

 

価値の下がった大都市の不動産を購入し、短期のうちに売りに出したり・・・(仮に地方に流出した人がコロナ後に戻ってきたら、大きな収益になる可能性も)

 

 

継続的に価値上昇が見込める郊外の不動産を、家賃を得つつ売却のタイミングを中長期の目線で模索したり・・・

 

 

どのような変化をしていくのかは後になってからしかわかりませんが、価値が落ちにくいアメリカ不動産は、長期的にも短期的にも資産の構築や形成に有意な材料だといえます。

 

 

今後も人口が増え、経済成長や発展が見込まれるアメリカ。

 

そのアメリカの不動産は日本のそれと比べて、インカムゲインはもちろん古くなってもキャピタルゲインを見込めます。

 

ブログには書けないアメリカ不動産についての情報をお届けするメルマガへのご登録はこちらから ▶︎ https://mail.os7.biz/add/4cdz

Follow me!

アメリカ不動産関連記事

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産は高い 投資効率が悪いからやめておいた方がいいらしい

投資に興味を持ってよく調べ、学ばれている方ほど、   「米国はバブル。そんな中 すっかり高くなっている不動産を買うのはどうなの・・・?」   といったことを言われます。     バブルかどうかはともかく、 米国の株式、不動産、それだけでなく普段の生活コストも上がっているのは確かです。   実際、年収1200万円相当レベルでも普通かむしろ貧困層だという話を聞いたり、朝食のコーヒーとサンドウィッチが普通に2000円超えるレベル・・・ という話も聞きます。 &n ...

アメリカ不動産 コラム

差し押さえ物件をオークション出品前に購入して短期で売却する投資法

税金滞納などで差し押さえられた不動産を、市がオークションに出す前に購入できる機会。   約130軒の中から選んで買うことができます。   その具体的な方法は先日の勉強会でお伝えしました。     ざっくりまとめると、 対象の市は ミシガン州のデトロイト大都市圏を構成する街。   その市は人口約2万人。 白人が7割超で住民平均年齢は30代後半。   世帯年収は平均約8万ドルとのことなので、ミシガン州の中では標準あるいは少し上といった感じ。 &nbs ...

アメリカ不動産 コラム 勉強会

アメリカ不動産の醍醐味を味わう2021年最初のチャンス

もう募集は終わりましたが、 3月20日<大阪>・3月21日<東京>で、アメリカ不動産を有利に買う方法と比較的少資金でもそこそこのキャピタルゲインを得ることができる方法をお伝えする勉強会を実施知るのですが。。。   ▶︎ アメリカ不動産投資勉強情報共有会   冒頭、募集は終わったと書きましたが、ご興味ある方は 私のfacebook か 問い合わせフォーム からご連絡ください。   やっぱりアメリカ合衆国を基本に 早ければ 2026年にも GDPでアメリカを抜いて文 ...

アメリカ不動産 コラム 勉強会

アメリカ不動産投資成功の秘訣!差し押さえ物件を安く買う情報共有勉強会(3月20日・21日)

時々 勉強会を開催しています。   今回は、税金滞納などで市役所が差し押さえた物件を安く買える機会が得られるので、その情報やノウハウをお伝えする勉強会です。   3月20日(土):大阪 西梅田駅から徒歩5〜6分 3月21日(日):東京 新宿3丁目駅から徒歩2〜3分   のところで、いずれも13:30ごろから16:00ごろにかけて行います。   詳しくは こちら ▶︎ もっとも有利な物件購入方法をお伝えするアメリカ不動産投資情報共有勉強会    ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産投資をするなら知っておくべき家賃を滞納する人の対処方法

アメリカ不動産投資、賃貸業をやっていると必ずといっていいほど起こる問題に、家賃滞納があります。   入居者が家賃を払わなくなる理由はさまざまで、正直「なにそれ・・・?」というものをあります。   例えば、修理したところに対して 「オレならここはこう修理する。直してくれるまで家賃は払わない」 といったこともあります。   そんな言い訳が通るわけがない、入居者が間違っている・・・と言っても家賃滞納の口実を与えて終わないよう、管理会社などと協力してきちんと対処する必要があります。 ...

人気コラムTOP5

まだデータがありません。

-アメリカ不動産, コラム

PAGE TOP

© since2020 LLC MIRAIS