コラム

投資とは未来からのお返しをいただくこと

「投資」という言葉の定義に、まだまだ

 

「お金でお金を増やすマネーゲーム」

「ギャンブル」

「不労所得を得ようとする汚い行為」

 

などとする方がいるのも事実。

 

特に不動産投資というと、何となくよくわからないまま「怖い」「汚い」といった印象を持つ人もいます。

 

 

投資とは未来からお返しをいただくこと

ひふみ投信の藤野秀人氏の投資に対する考え方が好きで、氏の言葉を借りれば投資とは、
エネルギーを投入して未来からお返しをいただくこと

 

です。

 

例えば、多くの人が夢や希望を持ち所有したリゾート地のマンションや別荘があります。

また、社員に有意義な休日を過ごしてもらおうと企業がこぞって建てた保養所があります。

 

それらの中には、残念ながら今はほとんど使われることなく荒廃がすすむものがあります。

 

使われない理由は、ライフスタイルや考え方に変化が生じ時代に合わなくなった、所有者の経済状況が変わったなど様々ですが、まだまだ耐用年数内でもあり、少し手を加えれば十分活用できるものは、たくさんあります。

 

そこに、

  • 新たな投資家とのマッチング
  • 新たな活用方法を提案

などの方法で新たなエネルギーを投入することを行うのが合同会社ミライズで、社員の皆さんには「投入したエネルギーから生まれるお返し」を受け取っていただけるようなこともあります。

 

また、「投資額によっては買取り、所有したい」という方向けに一般の不動産業者ではなかなか提示できないような、相場よりも2〜3割も安い価格でお譲りすることもある「不動産情報」を社員の方向けに情報共有する仕組みも備えています。

 

お金は投資のリターンの一つにすぎない

「割れ窓理論」というものがあります。

 

簡単にいうと「荒廃はさらなる荒廃を呼ぶ」といった感じですが、未活用の不動産が多い地域は人が寄り付かなくなり、治安も悪化、当然その地域の価値(地価)も下がっていきます。

 

そこに、様々な活用の仕方を見つけ、活性化していく。

まさに、エネルギーを投入して未来を切り開き、そこからお返しを受け取る。

 

そのお返しの中にはお金も含まれますが、それは多くのお返しの中のほんの一部にすぎません。

むしろ、お金やモノといった目に見えるお返しよりも、その街や地域が賑わいを取り戻し、そこに集う人が幸せを感じて人生を楽しめること、その様子を見て、投資した人も幸せを感じることが未来から得たいリターンです。

 

自分の資産構築と共にその街や地域の活性化、そこに集う人の幸せを創造し増幅するミライズ活動に、社員として参加してみてください。

 

社員権購入方法

続きを見る

 

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産投資でよく陥る要注意ポイント

アメリカの不動産売買では、クライアントにメリットが大きいように売り手側と書いて側それぞれにエージェントが付き、交渉する場合がほとんどです。   エージェントのタイプや得意とするところ、経験や人柄によって、その成果は全く異なったものとなります。     よくある誤解 不動産投資物件を購入するにあたりエージェントをつけることは普通のことですが、エージェントが不動産に精通したプロであるかどうかは、わかりません。   確かにエージェントとしてやるべきことの知識はありますが、 ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産投資の成否を分ける要素

アメリカの不動産を活用した投資でうまくいくタイプを、下の記事で書かせていただきました。   投資においてだけでなくなんでもそうだと思いますが、大切なのは自分自身の「あり方」であり言い換えれば「器」だと思います。     それを踏まえた上で、 ここではアメリカ不動産投資において「うまくいくための要素」について、書きたいと思います。     物件の購入価格 当たり前すぎることですが、物件の購入価格は重要な要素です。   ですが、残念なことに現地ではそ ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産投資でうまくいく人

アメリカ不動産を活用した投資でうまくいくコツは、適切な時期に適切な不動産を購入し、適切な時期に売ることです。   まさに「安く買って高く売る」ことですが、もっと大切なことがあります。   それは、「マインド」とか「考え方」という、一見すると非論理的、非科学的で極めて感情的なものですが、そのうちのいくつかをご紹介します。     ストレスを溜め込みやすい人は注意 購入した不動産への入居者を募る場合、特に経済が低迷している時は「属性のいい人」を見つけるのが大変な場合があ ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産で資産を構築する方法の一例

学生のとき留学していたアメリカ・シアトルで借りていたアパートの賃料が、なんと3倍近く上がってるんです!   という話を、ミライズの社員メンバーから聞きました。   日本では30年と比較して家賃が3倍にもなる物件は、ほとんどないと思います。     アメリカ不動産の特徴とメリット 30年で家賃が3倍になる例は、アメリカではそんなに珍しいことではありません。   なぜなら、アメリカは人口、若者も増えており、経済的にも成長を続けています。   また、F ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産投資を始める人にとって一番やりやすい方法

新型コロナウイルス蔓延のせいもあり、アメリカも経済危機に瀕しています。   今も失業や倒産は出ていますが、これからますます増えその影響はより顕在化していくでしょう。     でもその反面、アメリカ不動産は価格が下がり、まさにバーゲンセールが始まろうとしてます。   稀に見る アメリカ不動産投資に参入するチャンスなわけで、長期目線で取り組める人であればかなりの高確率で将来の経済的な安定と自由のための資産構築ができるのではないかと思います。     ...

-コラム

© 2020 ミライズ(未来図) Powered by AFFINGER5