コラム

コミュニティではダメなの? 情報を共有するためにわざわざ合同会社を設立した理由

合同会社ミライズでは、社員の方が不動産投資を有利に進められるような情報や小さな資本・投資から参加いただけるような不動産投資案件の情報を共有します。

 

ただそれだと、

 

他にも似たようなコミュニティがあるけど何が違うの?

わざわざ合同会社にする意味は?

 

といった疑問がありますよね?

 

インターネット上でつながりを持ったり特定の情報を共有したりすることは容易く、しかも金銭的コストも低いのに、わざわざ登記費用や今後の税金(法人税・地方税など)がかかる合同会社にする意味について書いてみたいと思います。

 

 

合同会社を創った理由

おそらくみなさんもツイッターやインスタグラム、FacebookなどのSNSやYoutubeなどで様々な情報のやりとりしていると思います。

 

その中で志向や趣味、興味が同じ人が集まったコミュニティに属している人も多いのではないでしょうか?

 

Youtubeの「チャンネル登録」も双方向性は弱いですが、好みの配信者やコンテンツに集まるコミュニティ形成みたいなものと言えます。

 

オンラインコミュニティとは

オンラインサロンと言われることもありますが、オンラインコミュニティとは簡単に言えば、

共通の認識や志しなどを持った人々が集うインターネット上のコミュニティ」です。

 

 

合同会社ミライズは、「不動産を活用して投資や資産形成を有利に行なったりそれらの情報を欲する人々が集う場」と言えるので、会コミュニティであると言えます。

 

優良なコミュニティは入会費や月額、年額での会費を必要とするところも多いですが、社員権は有価証券と同じ規制を受ける「みなし有価証券」であり、その購入費用(出資)はコミュニティへの参加費の役割もあると言えます。

 

多くのオンラインコミュニティが月額・年額などのサブスクリプション形式になっていますが、合同会社ミライズの社員権は一度購入(出資)すればそれ以降は費用はかかりません

 

オンラインコミュニティではなく合同会社である理由

合同会社ミライズの社員権を購入して社員になった場合、不動産を格安で手に入れる方法などの情報だけでなく、不動産を対象とするファンドや金融商品への出資・投資情報や案件の共有も行います。

 

ここにコミュニティではなく、会社法に基づく「合同会社」である必要があります。

 

あまり知られていないことですが、投資や金融商品の情報共有(勧誘)は法令・法律の制限が設けられており、コミュニティではできないことが多く、参加いただいている方々をリーガルリスクにさらしてしまうことになります。

 

よりよい情報と案件の共有と参加されている方の安全(法令遵守)の観点から、ミライズがやりたいことはオンラインコミュニティではなく合同会社にする必要があったのです。

 

ポイント

オンラインコミュニティではできないことも、会社法に基づいた合同会社ならできる。合同会社ミライズが社員の皆さんに提供したいものは単なる情報ではなく、一般の人が見聞きすることがない不動産に関する情報を活用して人生の未来図を実現する機会。

 

まとめ

コミュニティではなく合同会社である理由は?

ミライズが合同会社である理由は、法令・法律を遵守し、社員権をもって社員となった方々に機会を提供するためです。

 

投資は難しい・・・

リスクがある・・・

 

そんな風に避けて、見てみないふりをすることはできない社会になりました。

 

不動産投資は難しい、リスクが高いと思う方も、共有される情報をみれば「不動産ってそういう活かし方があるんだ!」とか、「こんなに少資金から投資ができるんだ!」といったように、ある意味 常識が外れます。

ぜひ社員権の購入をご検討ください!

そうすれば、自分自身が思い描く理想の未来図の実現に大きな一歩となるはずです。

社員権について詳しくはコチラ

アメリカ不動産関連記事

アメリカ不動産 コラム

市役所の差し押さえ物件を活かしてアメリカ不動産投資物件を安く購入する

アメリカ不動産について、市役所が税金滞納などにより差し押さえた不動産をオークション出品前に安く買うことができる機会を持つことができそうです。   不動産投資は結局のところ、物件をいかに安く買うかでその結果が決まります。   「差し押さえ」と言われるとなんだかイメージがよくないかも知れませんが、物件を安く買うにはとてもよい方法です。   とは言っても、 しっかりと情報、ノウハウをお伝えした方が良いと思いますので、勉強会を設けました。     ▶ ...

アメリカ不動産 物件情報(US)

デトロイトのウエストサイド レンガ造り 地下室付きの一戸建て 3ベッドルームの物件

  デトロイトのウエストサイドにある3ベッドルーム、レンガ造り、地下室付きの一戸建て物件です。   物件情報 (最終の情報更新日:2020年12月20日) 物件の管理番号 2200101009 物件住所 WARWICK StreetDetroit, Michigan 48223-3410 物件価格 $25,000 固定資産税 $1,241 タイプ Residential 建物敷地面積 0.10 Acres(404.69m2) 延べ床面積 1,296 Finished Sqft(117. ...

アメリカ不動産 コラム

不動産投資の成否を握る物件修理のパートナー

アメリカ不動産投資にも必ず「取得物件を修理する」必要が出てきます。   どんな物件を購入したとしても必ず修理が必要となりますが、修理を信頼して任せられる業者との出会いが、アメリカ不動産投資の成否を握ると言っても言い過ぎではありません。     ただ、「仕事の品質」を見るときは、何回か依頼してみないとわかりません。     だから、よくグーグル広告などに出てくる「アメリカ不動産投資業者」を通じて 物件、修理、申請、その他もろもろがパッケージになったものを買う ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産投資の要は修理業者

不動産投資というといかにして優良な物件を仕入れ、優良な入居者に出会うかを重視しそこに重点をおいてしまいがちえす。   もちろんそれらはとても重要で軽視していいものではないですが、それと同等以上に重視すべきことがあります。     それは、修理・修繕をやってくれる会社(業者)の選定と付き合いです。   不動産投資において物件選びは非常に重要ですが、それと同等以上に修理業者の存在は重要です。投資成否を左右するのは修理業者であると言っても過言ではありません。   ...

アメリカ不動産 コラム

国民性を理解することは不動産投資の基本

アメリカ不動産に取り組むのは、インカムゲインでの利回りに偏りがちな日本と比べてキャピタルゲインもしっかり期待できるアメリカの方が、投資として魅力的と感じるからです。   ただ、日本の不動産賃貸経営とアメリカのそれを単純に比較すると、日本人として納得できないことや信じられなことが起こるのも実際のところ。     退去時に起こること 日本で主に日本人ばかりを相手にしている賃貸経営だとなかなか理解しづらいですが、アメリカでは何かをきっかけに家賃の支払いをやめてしまう入居者が、少なく ...

人気コラムTOP5

-コラム

© since2020 LLC MIRAIS