コラム

未利用の不動産を活用して描く投資とリターンの未来図

投稿日:

最近読んだ本で、

光本勇介 氏の「実験思考」という本があります。

 

光本氏ならではのアイデアが満載の本ですが、その中に「エンタメを提供する人が強くなる」という一文があります。

「これからの時代、可処分時間の奪い合いから、可処分精神の奪い合いになる。心の奪い合いに変わっていく」というSHOWROOM株式会社代表の前田裕二氏の言葉を引用したものですが、この一文を見て、未利用になっている不動産でこんなことができるかも・・・ と思いましたので、未来図(未来のビジョン)の一つとして書いてみます。

 

未利用の不動産の活用法

日本には、活用されないまま眠っている不動産がたくさんあります。

 

例えば、バブル期に造られたリゾートマンションも売るに売れないものがあったり、福利厚生施設としてかつて人気だった企業の保養所も今は十分に活用されているとは言えず、経営の合理化を図りたい企業にとっては早く手放したい不動産です。

 

そういった不動産を「宿泊施設」として活用するアイデアや情報、そこへ投資するための案件などが社員権を持っている人の間で共有されるということを、書きました。

保養所を活用した不動産投資

続きを見る

 

また、廃校になった学校なども含む税金など公的なお金で作った「ハコモノ」も、十分な活用をされないまま残されているところもたくさんありそうですよね。

 

アート活動を準備する場所として未利用の不動産を活用

エンタメを提供する人が強くなるなら、そこに投資するのは、投資家としてありだと思います。

 

アートやエンターテイメントに携わる方の話を伺うと、

「作品を発表する場所はそれなりにあるけれど、それらを創作するための場所が少なすぎる。特に大学や組織に属さない一般的な社会人やアマチュア活動の方々にとっては、特にそう。公共のそういったスペースは年間募集の審査制であったり、料金が高すぎたりして、正直なところ使える場所がない。」

とのこと。

 

そんな課題を解消していく一つのアイデアとして、使われなくなった保養所などの不動産を活用できるのではないかと思います。

 

花を咲かせるための畑を作る

日本ではまだまだアート、エンターテイメントの分野で収益をあげることは、一部の人を除いて困難です。

 

でも、冒頭の前田氏や光本氏のいうことが方向性として間違っていないなら、アートやエンターテイメントの分野が伸びてくることは十分考えられること。

 

ミライズの社員権を持った人は、投資家です。

投資家は、出資したものに対して当然リターンを求めますし、求めて当然です。

 

すでにきれいに咲いている花からリターンを得るのもいいですし、きれいな花が咲くように畑を作り、そこからリターンを得るのも投資の醍醐味とも言えます。

 

もちろん、きちんとしたデューデリジェンスが行われ、投資したとしたらリターンが見込めると判断されたら・・・ の話であり、さらに「そういったものに投資してリターンが得られたらいいかも」と思う人だけが参加すればいいことです。

 

合同会社ミライズの理念として「豊かな未来を創造する」というものがありますが、豊かさとは単にお金の量のことではありません。

 

社員権を購入された方々には、きれいに咲いた花からリターンを得るための情報も、これから花を咲かせるための畑への投資情報も提供していくつもりです。

そこでどう動き、どう判断するのかは、社員権を持つ投資家次第。

 

そういった判断基準(リテラシー)を向上するためのコンテンツも準備しています。

 

社員権購入方法

続きを見る

関連コンテンツ

コラム

コミュニティではダメなの? 情報を共有するためにわざわざ合同会社を設立した理由

合同会社ミライズでは、社員の方が不動産投資を有利に進められるような情報や小さな資本・投資から参加いただけるような不動産投資案件の情報を共有します。   ただそれだと、   他にも似たようなコミュニティがあるけど何が違うの? わざわざ合同会社にする意味は?   といった疑問がありますよね?   インターネット上でつながりを持ったり特定の情報を共有したりすることは容易く、しかも金銭的コストも低いのに、わざわざ登記費用や今後の税金(法人税・地方税など)がかかる合同会社にす ...

ReadMore

コラム

未利用の不動産を活用して描く投資とリターンの未来図

最近読んだ本で、 光本勇介 氏の「実験思考」という本があります。   光本氏ならではのアイデアが満載の本ですが、その中に「エンタメを提供する人が強くなる」という一文があります。 「これからの時代、可処分時間の奪い合いから、可処分精神の奪い合いになる。心の奪い合いに変わっていく」というSHOWROOM株式会社代表の前田裕二氏の言葉を引用したものですが、この一文を見て、未利用になっている不動産でこんなことができるかも・・・ と思いましたので、未来図(未来のビジョン)の一つとして書いてみます。 &nb ...

ReadMore

コラム

社員権は老後の不安を和らげる情報を共有するためのもの

日本中がざわざわした「年金だけでは2000万円足りない」という金融庁が公表したレポート。   麻生財務大臣が「受け取らない」と言ったものだから結局なかったことになっていますが、年金生活に入ると、 年金だけだと標準的なライフスタイルでも毎月5万円不足する つまり、年間60万円の赤字になる 人生100年と言われる時代、年金生活30年だとするとおおよそ2000万円足りなくなる だから、現役のうちに2000万円の預貯金が必要 ということを世に知らしめてくれた、ある意味 現実的な素晴らしいレポートだったと ...

ReadMore

コラム

保養所を活用した不動産投資

かつては、従業員の福利厚生の一環として建設、または既存の施設と契約されていた会社の保養所。 箱根や軽井沢、蓼科など、首都圏からそう遠くなく有名なリゾート地、観光地にあることが多いのですが、年々利用率が下がり維持管理費もかかるため、できれば早急に手放したいという企業も多い現代。   ある調査によると、会社になくてもいい福利厚生の第2位が「保養所」だそう。 (1位は社員旅行、3位は財形や持ち株制度)   私も以前勤めていた会社が熱海や伊豆に保養所があったので利用したことはありますが、保養所 ...

ReadMore

コラム

新しい不動産投資スタイル 所有しながら利用する

最近、「旅するように暮らす」として定額制の住み放題が注目を集めています。   一定額を払うことで全国(または世界の)空き家、空室、ゲストハウスなどを利用して場所を変えて住んでみたり仕事をしてみたりしながら、その場所・地域を体験・体感しながら暮らしていく。   場所にとらわれない仕事スタイルが増えてきたことも、人気に拍車をかけています。   利用する方にとっては、「生活をする」ことで旅行では得難い地域住民との交流や、文化・生活をより深く体験できること。 本格的に転居・移住する前 ...

ReadMore

-コラム

Copyright© 不動産で面白いミライズを描く , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.