コラム

社員権は老後の不安を和らげる情報を共有するためのもの

日本中がざわざわした「年金だけでは2000万円足りない」という金融庁が公表したレポート。

 

  • 麻生財務大臣が「受け取らない」と言ったものだから結局なかったことになっていますが、年金生活に入ると、
  • 年金だけだと標準的なライフスタイルでも毎月5万円不足する
  • つまり、年間60万円の赤字になる
  • 人生100年と言われる時代、年金生活30年だとするとおおよそ2000万円足りなくなる
  • だから、現役のうちに2000万円の預貯金が必要

ということを世に知らしめてくれた、ある意味 現実的な素晴らしいレポートだったと言えると思います。

 

預貯金があっても必ず不安になるその理由

今、あなたにどれほどの貯金があるかは知りませんが、 たとえ「今、もうすでに準備しているから大丈夫」という方でも実際にその預貯金を取り崩しながら生活していくことになると、とても残酷で不安な気持ちを抱えて生活しなければならなくなるんじゃないかと思っています。

想像してみてください。

 

今ある 2000万円が来年は1940万円に

その翌年は、1880万円に

さらにその翌年は、1820万円に

5年後には1700万円に

さらに5年後には1500万を切っていて、年金生活17年目には1000万を切ることなります。

・・・

 

つまり、ずっと減り続けるということです。

 

 

毎月5万円ずつ、年間60万円を引き出していくたびに・・・

減っていく様子が通常に記帳されて現実となるたびに・・・

減り続けるという現実に不安が掻き立てられるはずです。

 

なぜなら、入ってこないのに減っていく一方だからです。

 

「死ぬまでにこれが持つだろうか・・・」

「これが尽きた時、もし生きていたら・・・」

 

そんな不安を抱えてしまう人も、いるかもしれません。

 

しかも、計画通りに毎年60万円減っていくだけならマシですが、年をとると病気や怪我のリスクは高まりますから、急な出費も必要になるでしょう。

 

もしかしたら、住まいの老朽化やその他事情で大きな出費が必要になる可能性だって、ありますよね。

 

ポイント

減る一方だと、余計に不安は掻き立てられます

 

不安を解消する一つの方法

未来に対して、不安を完全になくすということは不可能です。

それでも、不安をすこしでも小さくしたいと誰もが思うはず。

 

その方法の一つが、「資産に投資する」ということです。

 

もちろん投資にはリスクが伴いますが、リスクはある程度自分でコントロールできるもの。

そのために重要になるのが、「情報」です。

 

 

情報を取得できる立場に身を置くこと

老後のために貯めている資金の一部を使って「資産に投資する」というのは、老後の不安を軽減するためにとても有効な手段の一つです。

 

毎月5万円、年間60万円の貯金を取り崩しながら暮らしても、毎月2万でも3万でも収入があれば貯金が減っていくスピードをかなり抑えることができますし、減っていく一方ではないので不安も軽減しますよね。

 

そこで重要になってくるのが、「何に投資をするか」で「投資したものが本当に利益を生むか」です。

そのためには、「何に投資をするか・・・」よりもよりよい情報が手に入る環境に身を置いて学び、判断する力をつけることが実はとても大切なのです。

社員権を持つと共有される情報

よりよい情報が手に入る環境づくりをするために、合同会社ミライズでは「社員権」を購入いただいた方に様々な情報を共有しています。

 

例えば本の一例をあげると・・・

 

  • 二割三割安い不動産を業者でない個人が購入する方法
  • 不動産に関する投資で2ヶ月で100%の利回りを実現した方法
  • 装置産業と言われるホテルをほとんどお金を掛けずに作ったり、そんなホテル事業に一個人が法令に違反する事なく参加する方法
  • 稼働率がほとんどないガラガラの地方アパートを、利回り10%の高収益物件に変えるノウハウ
  • 銀行融資がなくても売れる不動産ビジネス
  • 不動産営業マンが、社長になって業者以上の報酬を得る方法
  • 高齢者向けの新しい商品、少子化で空室率が増える時代に不動産会社が伸びる新しい不動産ビジネスなど、業者が法人として役員参加可能な合同会社ノウハウ

などです。

 

そして、コミュニティではなく合同会社であるメリットとして、「よし、投資を始めよう」と思ったらすぐに参加できる環境も整えていきます。

 

コミュニティではダメな理由

実は、コミュニティでは投資案件の情報を告知することは、法律違反になってしまうことがあります。

コミュニティではなく社員権を持っていただく理由

なぜ社員権? 合同会社を作る意味とコミュニティではダメな理由

続きを見る

 

豊かな人生を送るために必要なことものを提供したい

社員権を購入して情報を共有する人は、少なくとも投資に興味があったり、投資を活用して豊かな人生を歩みたいという人です。

 

たとえ、共有される情報を元にその案件に投資参加しなくても、そういった人たちのそばに身を置くだけでも人生にいい影響はあるのではないかと思います。

 

合同会社ミライズの社員権をお持ちいただいた方には、貯金や資産が大きくなることよりも「豊かな人生だった」と言っていただきたいと思っています。

 

豊かな人生を送るために必要なこと・・・

それは、「共通した志しをもち、前向きに生きる仲間とちょっとのお金」です。

社員権をお持ちの方には、「豊かな人生を送るために必要なものを贈りたい」と思っています。

社員権を購入することで未来が変わったり、不安が軽減されたりしたら、ちょっといいですよね。

社員権購入方法

続きを見る

Follow me!

アメリカ不動産関連記事

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産は高い 投資効率が悪いからやめておいた方がいいらしい

投資に興味を持ってよく調べ、学ばれている方ほど、   「米国はバブル。そんな中 すっかり高くなっている不動産を買うのはどうなの・・・?」   といったことを言われます。     バブルかどうかはともかく、 米国の株式、不動産、それだけでなく普段の生活コストも上がっているのは確かです。   実際、年収1200万円相当レベルでも普通かむしろ貧困層だという話を聞いたり、朝食のコーヒーとサンドウィッチが普通に2000円超えるレベル・・・ という話も聞きます。 &n ...

アメリカ不動産 コラム

差し押さえ物件をオークション出品前に購入して短期で売却する投資法

税金滞納などで差し押さえられた不動産を、市がオークションに出す前に購入できる機会。   約130軒の中から選んで買うことができます。   その具体的な方法は先日の勉強会でお伝えしました。     ざっくりまとめると、 対象の市は ミシガン州のデトロイト大都市圏を構成する街。   その市は人口約2万人。 白人が7割超で住民平均年齢は30代後半。   世帯年収は平均約8万ドルとのことなので、ミシガン州の中では標準あるいは少し上といった感じ。 &nbs ...

アメリカ不動産 コラム 勉強会

アメリカ不動産の醍醐味を味わう2021年最初のチャンス

もう募集は終わりましたが、 3月20日<大阪>・3月21日<東京>で、アメリカ不動産を有利に買う方法と比較的少資金でもそこそこのキャピタルゲインを得ることができる方法をお伝えする勉強会を実施知るのですが。。。   ▶︎ アメリカ不動産投資勉強情報共有会   冒頭、募集は終わったと書きましたが、ご興味ある方は 私のfacebook か 問い合わせフォーム からご連絡ください。   やっぱりアメリカ合衆国を基本に 早ければ 2026年にも GDPでアメリカを抜いて文 ...

アメリカ不動産 コラム 勉強会

アメリカ不動産投資成功の秘訣!差し押さえ物件を安く買う情報共有勉強会(3月20日・21日)

時々 勉強会を開催しています。   今回は、税金滞納などで市役所が差し押さえた物件を安く買える機会が得られるので、その情報やノウハウをお伝えする勉強会です。   3月20日(土):大阪 西梅田駅から徒歩5〜6分 3月21日(日):東京 新宿3丁目駅から徒歩2〜3分   のところで、いずれも13:30ごろから16:00ごろにかけて行います。   詳しくは こちら ▶︎ もっとも有利な物件購入方法をお伝えするアメリカ不動産投資情報共有勉強会    ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産投資をするなら知っておくべき家賃を滞納する人の対処方法

アメリカ不動産投資、賃貸業をやっていると必ずといっていいほど起こる問題に、家賃滞納があります。   入居者が家賃を払わなくなる理由はさまざまで、正直「なにそれ・・・?」というものをあります。   例えば、修理したところに対して 「オレならここはこう修理する。直してくれるまで家賃は払わない」 といったこともあります。   そんな言い訳が通るわけがない、入居者が間違っている・・・と言っても家賃滞納の口実を与えて終わないよう、管理会社などと協力してきちんと対処する必要があります。 ...

人気コラムTOP5

-コラム

PAGE TOP

© since2020 LLC MIRAIS