コラム

社員権は老後の不安を和らげる情報を共有するためのもの

日本中がざわざわした「年金だけでは2000万円足りない」という金融庁が公表したレポート。

 

  • 麻生財務大臣が「受け取らない」と言ったものだから結局なかったことになっていますが、年金生活に入ると、
  • 年金だけだと標準的なライフスタイルでも毎月5万円不足する
  • つまり、年間60万円の赤字になる
  • 人生100年と言われる時代、年金生活30年だとするとおおよそ2000万円足りなくなる
  • だから、現役のうちに2000万円の預貯金が必要

ということを世に知らしめてくれた、ある意味 現実的な素晴らしいレポートだったと言えると思います。

 

預貯金があっても必ず不安になるその理由

今、あなたにどれほどの貯金があるかは知りませんが、 たとえ「今、もうすでに準備しているから大丈夫」という方でも実際にその預貯金を取り崩しながら生活していくことになると、とても残酷で不安な気持ちを抱えて生活しなければならなくなるんじゃないかと思っています。

想像してみてください。

 

今ある 2000万円が来年は1940万円に

その翌年は、1880万円に

さらにその翌年は、1820万円に

5年後には1700万円に

さらに5年後には1500万を切っていて、年金生活17年目には1000万を切ることなります。

・・・

 

つまり、ずっと減り続けるということです。

 

 

毎月5万円ずつ、年間60万円を引き出していくたびに・・・

減っていく様子が通常に記帳されて現実となるたびに・・・

減り続けるという現実に不安が掻き立てられるはずです。

 

なぜなら、入ってこないのに減っていく一方だからです。

 

「死ぬまでにこれが持つだろうか・・・」

「これが尽きた時、もし生きていたら・・・」

 

そんな不安を抱えてしまう人も、いるかもしれません。

 

しかも、計画通りに毎年60万円減っていくだけならマシですが、年をとると病気や怪我のリスクは高まりますから、急な出費も必要になるでしょう。

 

もしかしたら、住まいの老朽化やその他事情で大きな出費が必要になる可能性だって、ありますよね。

 

ポイント

減る一方だと、余計に不安は掻き立てられます

 

不安を解消する一つの方法

未来に対して、不安を完全になくすということは不可能です。

それでも、不安をすこしでも小さくしたいと誰もが思うはず。

 

その方法の一つが、「資産に投資する」ということです。

 

もちろん投資にはリスクが伴いますが、リスクはある程度自分でコントロールできるもの。

そのために重要になるのが、「情報」です。

 

 

情報を取得できる立場に身を置くこと

老後のために貯めている資金の一部を使って「資産に投資する」というのは、老後の不安を軽減するためにとても有効な手段の一つです。

 

毎月5万円、年間60万円の貯金を取り崩しながら暮らしても、毎月2万でも3万でも収入があれば貯金が減っていくスピードをかなり抑えることができますし、減っていく一方ではないので不安も軽減しますよね。

 

そこで重要になってくるのが、「何に投資をするか」で「投資したものが本当に利益を生むか」です。

そのためには、「何に投資をするか・・・」よりもよりよい情報が手に入る環境に身を置いて学び、判断する力をつけることが実はとても大切なのです。

社員権を持つと共有される情報

よりよい情報が手に入る環境づくりをするために、合同会社ミライズでは「社員権」を購入いただいた方に様々な情報を共有しています。

 

例えば本の一例をあげると・・・

 

  • 二割三割安い不動産を業者でない個人が購入する方法
  • 不動産に関する投資で2ヶ月で100%の利回りを実現した方法
  • 装置産業と言われるホテルをほとんどお金を掛けずに作ったり、そんなホテル事業に一個人が法令に違反する事なく参加する方法
  • 稼働率がほとんどないガラガラの地方アパートを、利回り10%の高収益物件に変えるノウハウ
  • 銀行融資がなくても売れる不動産ビジネス
  • 不動産営業マンが、社長になって業者以上の報酬を得る方法
  • 高齢者向けの新しい商品、少子化で空室率が増える時代に不動産会社が伸びる新しい不動産ビジネスなど、業者が法人として役員参加可能な合同会社ノウハウ

などです。

 

そして、コミュニティではなく合同会社であるメリットとして、「よし、投資を始めよう」と思ったらすぐに参加できる環境も整えていきます。

 

コミュニティではダメな理由

実は、コミュニティでは投資案件の情報を告知することは、法律違反になってしまうことがあります。

コミュニティではなく社員権を持っていただく理由

なぜ社員権? 合同会社を作る意味とコミュニティではダメな理由

続きを見る

 

豊かな人生を送るために必要なことものを提供したい

社員権を購入して情報を共有する人は、少なくとも投資に興味があったり、投資を活用して豊かな人生を歩みたいという人です。

 

たとえ、共有される情報を元にその案件に投資参加しなくても、そういった人たちのそばに身を置くだけでも人生にいい影響はあるのではないかと思います。

 

合同会社ミライズの社員権をお持ちいただいた方には、貯金や資産が大きくなることよりも「豊かな人生だった」と言っていただきたいと思っています。

 

豊かな人生を送るために必要なこと・・・

それは、「共通した志しをもち、前向きに生きる仲間とちょっとのお金」です。

社員権をお持ちの方には、「豊かな人生を送るために必要なものを贈りたい」と思っています。

社員権を購入することで未来が変わったり、不安が軽減されたりしたら、ちょっといいですよね。

社員権購入方法

続きを見る

アメリカ不動産関連記事

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産投資の要は修理業者

不動産投資というといかにして優良な物件を仕入れ、優良な入居者に出会うかを重視しそこに重点をおいてしまいがちえす。   もちろんそれらはとても重要で軽視していいものではないですが、それと同等以上に重視すべきことがあります。     それは、修理・修繕をやってくれる会社(業者)の選定と付き合いです。   不動産投資において物件選びは非常に重要ですが、それと同等以上に修理業者の存在は重要です。投資成否を左右するのは修理業者であると言っても過言ではありません。   ...

アメリカ不動産 コラム

国民性を理解することは不動産投資の基本

アメリカ不動産に取り組むのは、インカムゲインでの利回りに偏りがちな日本と比べてキャピタルゲインもしっかり期待できるアメリカの方が、投資として魅力的と感じるからです。   ただ、日本の不動産賃貸経営とアメリカのそれを単純に比較すると、日本人として納得できないことや信じられなことが起こるのも実際のところ。     退去時に起こること 日本で主に日本人ばかりを相手にしている賃貸経営だとなかなか理解しづらいですが、アメリカでは何かをきっかけに家賃の支払いをやめてしまう入居者が、少なく ...

アメリカ不動産 コイン コラム

不動産は売り時 シルバーは最後の買い時か

コロナの影響などで、アメリカ経済はヤバイ・・・ だから不動産価格は下落する・・・   そんな話を聞いていたのですが、現状はまだまだ下落局面というよりは現状維持か都市によってはやや上昇しているとのこと。     この状況でなぜ・・・? と思いますが、およそ10年前に起こったリーマンショックと同じ構造です。     つまり、本来 住宅ローンの審査を通してはいけない人にも割と緩い審査で通しているようで、無職なのに審査が通ったという話も聞いています。   ...

アメリカ不動産 物件情報(US)

ミシガン州デトロイト 1927年築 投資の入り口物件としてぴったり!

  初めて不動産投資をする人にとって素晴らしい投資物件になり得ます。 少ししっかりめの修繕・修理が必要ですが、それでも4年以内に投資元本を上回る家賃収入を得られると考えられます。   こちらもご覧ください ▶︎デトロイト ミシガン州 3ベッドルーム $15,000の物件   物件情報   物件の管理番号 2200091629 物件住所 Detroit, Michigan 48227-3240 物件価格 $15,000 固定資産税 $1,115 タイプ ...

アメリカ不動産 物件情報(US)

ミシガン州インクスター 利回り想定16%超 レンガ造りの3ベッドルーム物件

  購入後、買い手投資家の資金繰りがうまくいかず、再び売りに出されることになった物件。 元の売り手や物件に問題があったわけではありません。   角地のレンガ造りのランチです。 大きなガレージがあり、敷地は完全にフェンスで囲まれています。   想定家賃は$850/月。   物件情報   物件の管理番号 2200021498 物件住所 BARRINGTON, Inkster, Michigan 48141 物件価格 $62,500 固定資産税 $1271 タイ ...

人気コラムTOP5

-コラム

© 2020 ミライズ(未来図) Powered by AFFINGER5