コラム

シルバーやゴールドのコインと鉱山株を使った資産保全戦略

私自身、投資とは

 

  • 資産を増やすこと
  • 資産を守ること

 

だと考えています。

 

 

考え方の一つで私自身の意見でしかありませんが、今、金(ゴールド)や銀(シルバー)を買うのは、資産を増やすための投資ではありません。

 

資産を守るために金や銀を持つことが必要で、いわば「資産の保全」です。

 

弱くなっていく米ドル

現時点(2020.12.31  2:13)でドル円レートは、1ドル103.35円前後です。

 

2、3か月前は107~108円台だったので、ここ数か月で5円ほど円高に、つまりドル安になりました。

 

 

2021年のいつになるかははっきりわかりませんが、1ドル100円をたとえ一時的にでも切るのは間違いないだろうと思います。

 

ドルが弱くなっているのは、円に対してだけではありません。

そして、円とドルを比較して高くなった、安くなったといっても所詮「対通貨」での話です。

 

 

見るべきは、金や銀をはじめ、その他のコモディティやビットコインなどに対してドルはどうか・・・ という点で、金やビットコイン価格の上昇を見れば一目瞭然のこと。

 

米ドルが弱くなっている傾向にあります。

 

弱くなっていくものを強くなっていくもの、これから価値が下がっていくであろうものから今後価値が上がっていくだろうものへ交換しておくに替えておくというのは資産保全の原則とも言えますし、替えておくなら古来からゆるぎない価値を持ち続けている金や銀は、常套です。

 

 

 

仮に、一方の価値が変わらなくても(つまり金や銀の価値が変わらないとしても)一方が下がっていけば、 変わらない方が上がったのと同じことです。

 

 

今後、数年以内に米ドルが基軸通貨を外れ、ハイパーインフレになると予測する人も少なくありません。

 

また、現在は30〜40ドルで買える1オンス(31.1g)のシルバーが、300ドルになってもおかしくないという人も多数います。

 

 

予算に余裕がある人は、ゴールドとシルバーの「現物」を買っておくこと。

 

現物と言っても必ずしも「地金」「インゴット」である必要はなく、純度の高いコイン・・・ 例えばカナダ造幣局が発行するメイプルリーフコインでもOKです。

 

 

特に、シルバーコインは(今は)30〜40ドル程度で買えるので、もうすでに随分と値上がりした感のある金よりもおすすめです。

 

メイプルリーフ銀貨がお買い得!

 

 株が好きな人は金鉱山株もいいですね

金や銀の現物・コインはそれなりにかさばるので、ETFを買いたくなるかもしれません。

 

でも、理由はここでは書きませんが、やめておいたほうがいいと思います。

 

 

どうしても株がいいという人は、鉱山株を買って、しばらく放置しておくことです。

 

 

ちなみにわたしは米国株の、

  • アグニコ・イーグルマインズ(AEM)
  • ファーストマジェスティックシルバー(AG)
  • バリックゴールド(GOLD)

 

を持って、数年程度放置しようと思っています。

 

 

一般に、その金属の取引レートが3倍になるとき、金鉱山株はその3倍、つまり9倍になると言われていますので、ちょっと期待しつつ保有し、適宜買い増ししていくつもりです。

 

 

経済対策、金融緩和を言い訳に裏付けのない通貨(紙幣)乱発で、通貨に対する信用が低下するなか、かつての金本位制に戻そうとする動きや通貨の切り下げが「既定路線」とも言われます。

 

 

金や銀へ資産価値を移動しておくことは、将来 きっと良い結果を得るのではないかと、私自身は信じています。

 

 

もちろん、短期的ではなく、長期的な展望に立ったある時期に劇的な変化があるのを、少し不安が混じった期待を持ちつつ長期目線で保有します。

 

 

値動きに一喜一憂することなく長期保有が大切です。

アメリカ不動産関連記事

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産は高い 投資効率が悪いからやめておいた方がいいらしい

投資に興味を持ってよく調べ、学ばれている方ほど、   「米国はバブル。そんな中 すっかり高くなっている不動産を買うのはどうなの・・・?」   といったことを言われます。     バブルかどうかはともかく、 米国の株式、不動産、それだけでなく普段の生活コストも上がっているのは確かです。   実際、年収1200万円相当レベルでも普通かむしろ貧困層だという話を聞いたり、朝食のコーヒーとサンドウィッチが普通に2000円超えるレベル・・・ という話も聞きます。 &n ...

アメリカ不動産 コラム

差し押さえ物件をオークション出品前に購入して短期で売却する投資法

税金滞納などで差し押さえられた不動産を、市がオークションに出す前に購入できる機会。   約130軒の中から選んで買うことができます。   その具体的な方法は先日の勉強会でお伝えしました。     ざっくりまとめると、 対象の市は ミシガン州のデトロイト大都市圏を構成する街。   その市は人口約2万人。 白人が7割超で住民平均年齢は30代後半。   世帯年収は平均約8万ドルとのことなので、ミシガン州の中では標準あるいは少し上といった感じ。 &nbs ...

アメリカ不動産 コラム 勉強会

アメリカ不動産の醍醐味を味わう2021年最初のチャンス

もう募集は終わりましたが、 3月20日<大阪>・3月21日<東京>で、アメリカ不動産を有利に買う方法と比較的少資金でもそこそこのキャピタルゲインを得ることができる方法をお伝えする勉強会を実施知るのですが。。。   ▶︎ アメリカ不動産投資勉強情報共有会   冒頭、募集は終わったと書きましたが、ご興味ある方は 私のfacebook か 問い合わせフォーム からご連絡ください。   もくじ やっぱりアメリカ合衆国を基本に2021年最初のチャンス情報をもとに試算してみ ...

アメリカ不動産 コラム 勉強会

アメリカ不動産投資成功の秘訣!差し押さえ物件を安く買う情報共有勉強会(3月20日・21日)

時々 勉強会を開催しています。   今回は、税金滞納などで市役所が差し押さえた物件を安く買える機会が得られるので、その情報やノウハウをお伝えする勉強会です。   3月20日(土):大阪 西梅田駅から徒歩5〜6分 3月21日(日):東京 新宿3丁目駅から徒歩2〜3分   のところで、いずれも13:30ごろから16:00ごろにかけて行います。   詳しくは こちら ▶︎ もっとも有利な物件購入方法をお伝えするアメリカ不動産投資情報共有勉強会    ...

アメリカ不動産 コラム

アメリカ不動産投資をするなら知っておくべき家賃を滞納する人の対処方法

アメリカ不動産投資、賃貸業をやっていると必ずといっていいほど起こる問題に、家賃滞納があります。   入居者が家賃を払わなくなる理由はさまざまで、正直「なにそれ・・・?」というものをあります。   例えば、修理したところに対して 「オレならここはこう修理する。直してくれるまで家賃は払わない」 といったこともあります。   そんな言い訳が通るわけがない、入居者が間違っている・・・と言っても家賃滞納の口実を与えて終わないよう、管理会社などと協力してきちんと対処する必要があります。 ...

人気コラムTOP5

-コラム

© since2020 LLC MIRAIS