コラム

コラム

入居者とのトラブルを防ぐ方法の一つ

不動産投資用に物件を取得した場合、修理・修繕をどの程度やるか・・・   コストを抑えるために「修理・修繕代を最小限に」というのは、投資家に取って当然のこと。   自分で住むわけじゃ ...

アメリカ不動産 コラム

中長期目線で今からやっておくべき準備 

日本に比べるとアメリカの中古不動産市場は、価格の上下に幅があります。   時に、「暴落」とも感じるような下落も周期的に起こっています。   予め、それを見込んだ投資を行なっておくべ ...

コラム

不動産投資なんてやらない まして アメリカ不動産なんて・・・

実は、ほんの1〜2年前までアメリカはおろか、日本国内でも「不動産投資はやらない」と思っていました。   投資に興味がある方のほとんどが読んでいるであろう ロバート・キヨサキ氏の「金持ち父さん ...

アメリカ不動産 コラム

キャピタルゲインはあまり期待できないものの表利回り35%の物件はどうでしょう

キャピタルゲインはあまり大きく期待できないかもしれませんが、こんな物件、どうですか?   そう言って勧められたのは、表利回り35.5%のフォークロージャー(差し押さえ)物件。   ...

コラム

不動産  分散保有についての考え方

「卵を一つのカゴに盛るな」 といった感じの言葉で、分散投資の大切さを説かれることがあります。   きっと多くの人が、そうだよな!と納得しているでしょう。     でも逆に ...

アメリカ不動産 コラム

なぜアメリカ不動産の学びを始めたか

アメリカの不動産投資に取り組もうと思って学びを始めたきっかけは、   ・日本の不動産と比較して利回りが取りやすい ・長期保有後も売却益が出やすい ・米ドルの資産が作れる   といっ ...

アメリカ不動産 コラム

バルクディールを活用して長短両方の投資に活用できるアメリカの不動産投資

アメリカの不動産を購入する方法の一つとして、「バルクディール」と言われる手法があります。     これは、金融機関が差し押さえた物件「フォークロージャー(Foreclosure)」 ...

アメリカ不動産 コラム

デメリットさえうまく克服できればメリットの大きいフォークロージャーの活用

アメリカの不動産投資でしばしば聞く言葉に、 「フォークロージャー(Foreclosure)をうまく活かせばいい投資になる 」 というものがあります。   フォークロージャーとは、ローンが払え ...

アメリカ不動産 コラム

物件を持たないでもアメリカ不動産を活用した資産形成が可能

不動産投資の中で、 「バルクで買う」などと聞くことがあると思います。     わかりやすく言えば 金融機関が差し押さえたものなど複数の不動産をひとまとめにして売買することで、採算性 ...

アメリカ不動産 コラム

大都市から地方への流れはアメリカ不動産にどう影響するか

アメリカでは少し前から、ニューヨークやサンフランシスコなどの大都市から、郊外や地方都市への人口流出が顕著になっていました。     その流れがコロナ以降、より激しくなっているようで ...

© 2020 ミライズ(未来図) Powered by AFFINGER5