バルクディールとは

バルクディールとは

バルクディールとは直訳すれば、「一括取引」

 

金融機関が差し押さえたフォークロージャー(差し押さえ)をまとめて買う投資のことです。

 

 

経済危機が深刻化しフォークロージャーの数が多くなりすぎると、金融機関は不良債権化した不動産を早く現金化するため、まとめて処分しようとします。

 

こうなると一軒一軒の資産価値を判断して売ることをやめ、まとめて機関投資家に売却します。

つまりという不動産一軒一軒の売却というよりは、「取引」になります。

 

 

よくある例としては

「今月は10軒のフォークロージャーがあるからまとめて買ってほしい。一軒当たりの値段は2万ドルだ」という感じの取引。

 

そしてこの手の取引は、不動産をよくわかっていて、しかも資金力のある投資家のところに紹介され市場に出回ることはありません。

 

 

エリアや条件にもよりますが、安い場合ですと、一軒当たりの価格が1万ドルを切る場合も特別珍しいことではありません。

 

また、80%-90%引きであることもよくあり、現地の不動産のプロが買うのとほぼ同じ価格で、買うことができます。

 

ですが、購入前に建物に立ち入れない場合も多いので、経験のある投資家向けの投資となります。

 

現金で2000万円~3000万円以上投資可能な方にご紹介することが可能な取引ですが、ミライズの社員の皆様にはこれらを分割して小口化した投資しやすい形にした情報を共有することも可能です。

 

▶︎ ミライズの社員について 

 

 

 

 

© 2020 ミライズ(未来図) Powered by AFFINGER5